xanthusとおやつ

バイクとおやつ作りが趣味?

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

バイクの税金が

4000円から6000円に。(T_T)
高くない?
ワゴンRよりかは安いけど。

親が親なら・・・

 三菱の不正問題で・・・
こんな記事があった

、“三菱グループの天皇”と呼ばれた人物から、火に油を注ぐような大胆な発言が飛び出しました。
その人は、三菱重工相談役の相川賢太郎氏。
てんやわんやの状態にある三菱自動車の社長・相川哲郎氏の父親です。
 我が子のピンチに黙っていられなくなったのか、
「週刊新潮」のインタビューで(おそらく三菱自動車を擁護するつもりで)こんなことを言ってしまいました。

 「あれはコマーシャルだから。効くのか効かないのか分からないけれど、
多少効けばいいというような気持ちが薬屋にあるのと同じ」

「買う方もね、あんなもの(公表燃費)を頼りに買ってるんじゃないわけ」

「実際に乗っとる人はそんなに騒いでないと思うんだけどね」

 本人の思いとは裏腹に、三菱自動車のイメージをますます悪くする効果しかありません。
たしかに、クルマを買って実際に走行したときに、カタログに記載されているとおりの燃費性能が出ないことは“常識”ではあります。
 だからと言って、最初からウソのデータでいいという話にはなりません。
何より三菱グループのお偉いさんであり三菱自動車社長の父親としては、
典型的な「それは言っちゃいけないこと」だと言えるでしょう。

 ホント・・・バカな親父だ事。
息子も息子だけどね・・・。
 
さらに

三菱自動車工業の燃費データ改竄問題で、不正が明らかになった軽自動車4車種以外にも、法令とは違う方法で燃費試験用データが測定されていたことが発覚した。

「過去10年間に販売された30車種のうち、不正は27車種、200万台強に上るとみられている。さらなる販売や生産の停止に追い込まれる可能性も高く、顧客への補償やエコカー減税の返還など、対策費は数千億円規模に膨らむ恐れがある」(大手自動車メーカー役員)

 経営への打撃は深刻だ。「対策費は5000億円規模。倒産の二文字が見え隠れしてくる」(自動車担当アナリスト)
といった厳しい指摘も出始めた。
たとえ倒産は回避できても、軽自動車からの撤退、あるいは身売りは十分に考えられる。
野村證券は軽の補償額を425〜1040億円と試算しているが、販売停止の長期化に加え
、三菱自の下請け企業への補償という新たな問題も発生しており、金額はさらに膨らむという見方も強い。

 三菱自の15年9月末の大株主順位は以下のとおり。

・1位:三菱重工業(12.6%)
・2位:三菱商事(10.0%)
・3位:三菱東京UFJ銀行(3.9%)

 三菱重工の連結対象会社ではなくなったが、持ち分法適用会社である。
三菱自の相川哲郎社長は、三菱重工の社長・会長を10年間務めた相川賢太郎氏の長男である。
賢太郎氏は「三菱重工の帝王」と評された。
三菱自では14年4月1日付で益子修前社長が会長兼CEO、相川哲郎常務が社長兼COOに就任した。

「益子氏が考えていた社長の本命候補が別にいたにもかかわらず、筆頭株主の三菱重工に配慮して相川氏を社長に据えた。社内には『相川社長では持たない。不安だ』との声が渦巻いていたため、結局益子氏が会長とCEOを兼務した」(三菱グループ関係者)

 社長に就任することになった相川氏は「もう一度、技術とデザインで三菱自ブランドを構築したい。
他社がやれないことをやれと育てられた。この気持を復活させたい」と技術屋の心意気を示した。

 だから不正やったんだ・・・ほかやらないもんね。

●三菱御三家と人事

 相川氏は根っからの“自動車野郎”として知られている。
東京大学工学部を卒業して1978年に三菱自に入社。
「大学3年生のとき、三菱から初代ギャラン・シグマ、ギャラン・ラムダが発売された。当時としては画期的なデザインで感銘を受けた。三菱は他社よりも格好よいクルマを出すメーカーだと思ったことがきっかけになった」
と入社の動機を語っている。
車両開発の責任者として第一線で活躍し、軽では初代eKワゴンの開発を手掛けたことで知られている。

 手がけたEKでリコール隠ししたにもかかわらず、重工会長の息子だから居残れた?
張本人って普通クビでしょ?

 なぜか・・・土曜日普通出勤?
で、日、月お休み・・・( 一一)

 なら今日出て土日休みでもいいんじゃねぇ〜(-_-;)

 まいいけど・・・明日から晴れて月曜雨っぽいので
先ほど嫁に日曜日走ってもよいと許可貰ったので・・・
なので明日は早寝・・・また4時起き?

 間違いない(^^ゞ

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事