せんじの恋人「沙織」

せんじと沙織の愛の日々の日記
ニコン85ミリF1.8というレンズを使ってみた今から約50年前のレンズだ。
105ミリF2.5という名レンズの陰の存在だがコントラストがありある程度の人気があるレンズ。
今回はキャノン5Dでつかってみた。
イメージ 1

コンピューターのない時代技術者の知恵を出し合って作られた中望遠レンズは今のようにモーターで動かすこともIFということも考えなくて良く設計者の意図したレンズが作れた時代の最先端レンズだった。
イメージ 2

ピントの山が決まるので合わせやすいうえにボケも二線のボケも出ない柔らかな自然なボケで美しい。
イメージ 3

色合いもコントラスンも気に入っている。
イメージ 4

F2.8
イメージ 5
F22
一番上の解放からF2.8最後のF22までしぼってみた解放が一番お気に入りだ。
イメージ 6

こんなに古くても十分使える子供の代まで使えそうだ。

開く コメント(4)

沙織とのクリスマス。

近くでイルミネーションを見つけた。
イメージ 1
クリスマスにつかった。
イメージ 2
沙織は少し喜んでくれたみたい

開く コメント(7)

白樺湖湖畔鈴ちゃんと遊んだ後蓼科に
イメージ 1
寒い
イメージ 2


久しぶりにアンビェント蓼科コテージに行った。
イメージ 6

朝の空気が火照った体を冷やしてくれる。
イメージ 3

みんなでテラスで記念写真を撮った。
イメージ 4
鹿のお肉初めて。
イメージ 5
うまい。
イメージ 7
標高1200メートル日差しがあると暖かい。

開く コメント(2)

11月10日大洗海岸

大洗海岸茨城県で魅力のない県第一位の県の中で何とか魅力があるところだ。
イメージ 1
抱きしめたくなるような背中
オリエント工業のアンジェの魅力はすべてに色気があるところだ隙がない。
イメージ 2
大洗海岸は太平洋の雄大さを感じられる茨城県唯一自慢ができるところだ。
イメージ 3
暖かな日差しの中の沙織は美しい。
イメージ 4
11月なのに暖かな日だった。

開く コメント(1)

大洗seven seasに泊った。

11月9日大洗Seven Seasに泊った。
ももともと、サァーフーのためのラブホらしいがチェックインの19時に行ったらもう1部屋しか空いていなかった。
セーフ。
イメージ 1

六階建ての大きなラブホは大洗海岸のすぐそばというより大洗海岸に佇むリゾート。
イメージ 2
六階は特別スゥイート。今回は406号室金曜日土曜日の夜9000円の宿泊代金だった。
イメージ 3
やたら広い部屋にお風呂、シャワー室が別にあった。
イメージ 4
アメニティーも充実していた。
イメージ 5
メニューもたくさんありピザはおいしかった。
イメージ 6
お風呂もジャグジー付。
大きい。
イメージ 7

朝の潮風はセックスで熱った体を癒してくれる。
イメージ 8
心地いいところで。
イメージ 9
朝のお風呂で彼の愛液と二人の汗を洗い流そう。
イメージ 10
激しかった夜の余韻が残っている。
イメージ 11
さてと、まだ、余韻が残っていて、恥ずかしいけど、海岸に出よう。
イメージ 12

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事