チロルとイブちゃん ずっと一緒♪

チロルちゃんイブちゃん11歳になりました。

チロル&イブ日本帰国への手続き

すべて表示

チロルとイブちゃんの日本帰国4 〜涙ちょちょ切れるバス移動編〜

検疫もすべて順調にクリアしたかにみえた、チロイブ一家・・・
 
あとは空港から移動するだけなのに・・・
 
 
 
前記事で予告しましたが・・・
 
 
 
日本帰国にあたって、最後にして、最大のピンチが訪れました
 
 
 

 
 
 
検疫所に許可を得て、ここで14時間以上飲まず食わずだった、チロルとイブちゃんに休息タイムを取ることにしました。
 
お水とご飯とおトイレをさせようとおもったんですけど、何せ長い時間怖い思いをし、慣れない場所だったため、チロルもイブちゃんもおびえてしまってそれなら先を急ごうってことで、新しい家が決まるまで、私の実家へ移動することにしました。
 
 
あとは、成田から移動すればとりあえず安全です。
 
さすがに、この大荷物で電車に乗るのは不可能と判断し、成田から出ているリムジンバスに乗ることにしました。
 
 
なにげに、成田からの移動手段にまよったのですが、調べたらなんとこのリムジンバス、ペットも乗車OKとのことでホントに助かりました・・・。
 
しかも、ペットの運賃はかかりません
つまり、タダ!!
太っ腹〜!
 
運転手さんにペットをお連れの方は、一番後ろの座席に座ってくださいといわれました。
 
 
 
 
コロコロなどの荷物は全部預け、席に着くと真横にトイレがある座席でした。
トイレか〜ちょっと微妙・・・
 
でも、検疫も無事に通過したし、まああとはチロルとイブちゃんと一緒にあとは座ってるだけでつくって気が一気に緩みました。
 
 
 
 
 
・・・これが、地獄のはじまりでした。
 
 
 
チロルとイブちゃんのためにも、少しでも早く到着しないかな〜とおもっていたのですが、この日は金曜日で、道も渋滞しておりなかなかすすまなくて、かなりやきもきしてました。
 
 
考えてみたら、もう何時間くらいチロルとイブちゃんは、お水、ご飯、おトイレを我慢してるのかと思うと、本当にかわいそうでした。
 
と、ここで!
 
イブちゃんが、またミャ〜ウ〜って鳴き始めました。
どうやら車が嫌いらしいです。
 
私たちだけならともかく、他のお客さんがいるのに、どうしようとおもい最初は相方がイブちゃんのキャリーバックをもっていたのですが、チェンジしました。
 
小さい声で、イブちゃんイブちゃんと呼びかけていたのですが・・・
 
さらに事態は悪化!
 
 
イブちゃんが、不意にキャリーバックの中で、
ホリホリし始めたではありませんか!!!
 
 
えええええええ〜????
 
ま、まさか???
 
イブちゃん、今ここで????
 
キャリーバック越しに伝わる
何かがポトポトと落ちる感触
 
 
そうして、しばらくしてひろがる
かぐわしいニオイ・・・
 
 
イブちゃ〜ん(泣)
 
乗ったときは、ちょっと躊躇した真横がトイレの席だったのに、みごと助けられました!
 
トイレの神様がいたら、心からお礼を言いたい。
 
急いで、そのおトイレへイブちゃんのキャリーごと入り、処理にかかりました。
 
ウンチョスだけなら、固形物を処理すればなんとか、とおもったのですが、
しかしイブちゃんは、ウンチョスだけじゃなくシッコもしてました。ξ
 
わかる、わかるよ、イブちゃん・・・ずっと我慢して辛かったんだよね・・・
でも・・・でも、
 
あと少しだけ待ってほしかった(泣)
 
バスに乗るときは安心してしまったせいか、予備のトイレシートが預けた荷物の中にあってバスのなかではシートを替えることができず、やむなくウンチョスだけ処分して、あとは、そのままに。
 
イブちゃん、キャリーの中が臭いのが嫌だったようで、ミャ〜ウ〜って泣きつづけます。
しかもだんだん声がおおきくなり、叫び声に近くなっていました。
 
ううっ、ここからあと、2時間はかかるのに・・・
 
 
しかも、シッコのニオイが時間がたつにつれだんだんと車内に広がっていき、
他のお客さんがざわつき始めました・・・
 
 
 
 
 
ミャ〜ウ〜
 
ざわざわ
 
 
ミャ〜ウ〜
 
ざわざわ
 
 
ミャ〜ウ〜
 
ざわざわ
 
 
 
 
 
ミャ〜ウ〜
 
ざわざわ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミ゛ャ゛〜〜ウ゛〜〜
 
ざわざわざわ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
周りにも、申し訳ないし、イブちゃんも泣き叫んでいるし、もーどーしていいものやら。
 
 
 
 
イメージ 1
 
〜いたずらアホアホクサクサ
にゃんこ、イブちゃんいりませんか???〜
<取扱い上の注意>
・カーペットをほりほりします。
・細いコードを切断します。(ファミコン、携帯の充電器、マウスを再起不能にします)
・風呂場で足を滑らせて、バスタブや人間にひっかき傷をつけます。
 <追記>
・バスの中で突如用を足して、逆切れし、周囲の乗客をざわつかせます。
 
 
 
 
私もバスのゆれとそのイブちゃんのカホリで(←三半規管弱いから)だんだん、気持ち悪くなってしまい。ゲロリンチョ寸前でした。
 
ここでゲロったら、今すぐ追い出されるかも
 
そして、今後リムジンバスのペットの乗車拒否ばかりかこの路線自体が廃線になってしまう〜
 
 
一刻も早くついてくれ〜と願うばかり。
 
ちなみに、チロルは地蔵のようにまったくうごかず、鳴きもせず、おトイレも我慢していました。不幸中の幸いでした。
 
私にとってはこの、リムジンバスの中が、今回の旅程で一番辛かった。
 
 
 
予定より1時間くらいはオーバーして、やっとこさ目的の駅までつきました。
 
あの後、リムジンバスが、ペット乗車拒否になっていないことを心から願うばかりです
 
 
 
実家についたら、シッコまみれでくっさいイブちゃんを折りたたみケージの中に入れ、そんなイブちゃんと一緒に入れられたチロルまでおしっこくさくなり(とばっちり…)…散々でした。
 さすがに、長旅で疲れているニャンズをしかも自分家じゃないところでお風呂には入れられず、そこから3日間くらい、おしっこくっさいチロルとイブちゃんでしたξ
 
 
これで、チロルとイブちゃんの日本帰国への大冒険はおしまいです。
 
チロルもイブちゃんも、よく頑張ったね
 
 
イメージ 2
おかげさまで今では、何事もなかったかのように、くつろいでる
チロルとイブちゃんです。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事