アミックバルセロナーガイドの井戸端会議

今バルセロナで起こっている事をおしゃべりします。

全体表示

[ リスト ]

夏男:しかし、日曜日の、「ナスティック対セビージャ」の試合はすごかった。俺、お客さん連れて、タラゴナまで行ってきたぞ。びっくりしたけど、あんなとこまで行く日本人いるのだな。俺のグループ以外にも、日本人の若いのと何人か出会った。

春子:土曜日の「エル クラシコ」見るついでに行っただけじゃない?「バルサ対レアルマドリッド」の試合は、さすがに毎年多くの日本人も見たがっているみたいね。私も、そっちはお客さんご案内した。いくらとは聞かなかったけど、びっくりするぐらいの値段払っているはずよ。試合見るためだけに。

夏男:当たり前だ!地元のバルサファンですら、中に入れない人がわんさかいるのに。

秋子:わたしゃ、気が知れん!赤の他人がやっている試合を見て何が楽しい。おまけに、バルサだと喜んでいても、出ているのはほとんどが、外国人。お金もちのクラブが強い選手を買って、上に上っていく。アホクサ。

冬子:それはそうだけど、楽しいのは、あのスタジアムの中で大声で応援することよ。言葉では言っても説明できないモノがあるから、文句言う前に一度行ってみな。

夏男:しかし、ナスティックは、とてもいい試合をした。これで、下から2番だなんてとてもおしい。今日の新聞には、次の日、ナスティックファンが、タラゴナのランブラス通りを埋め尽くすほどの、ナスティックのマフラーを敷き詰めたようだ。ぜんちょう58キロメートル。ファンも相当支えているので、何とか2軍落ちは、免れたらいいけど、まだ7ポイントもある。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事