スペインの美味しい食卓から

HOLA, AMIGOS!QUE TAL? GRACIAS POR VUESTRAS VISITAS!

全体表示

[ リスト ]

歩幅狭いと認知症リスク増…70歳以上調査

Goo:読売新聞 2013年6月17日(月)14:40


 歩幅が狭い高齢者ほど認知症になりやすいとの調査結果を、
東京都健康長寿医療センター研究所の谷口優研究員らがまとめた。

 歩幅を手がかりに、認知症の早期発見や予防が可能になると期待される。

 研究チームは、群馬県と新潟県に住む70歳以上の1149人を対象に暮らしぶりや身体機能を調べ、
介護が必要な人や認知症が疑われた人などを除く666人を、追跡調査(平均2・7年)した。

 その結果、年齢や一人暮らし、血液中の赤血球数の少なさ、低コレステロールなどが、
認知機能の低下と関係していた。中でも、特に関連が深かったのが、歩幅の狭さだった。

 年齢や身長などの条件を調整して、歩幅を「広い」「普通」「狭い」の3群に分けて分析。

普通の速さで歩く時に、歩幅が狭い群は、広い群に比べて、
認知機能が低下するリスクが3・4倍高かった。

特に女性ではその差が5・8倍になった。
男性では速く歩いた時の差が大きく、狭い群のリスクは広い群の4・4倍になった。

Goo:読売新聞 2013年6月17日(月)14:40
歩幅狭いと認知症リスク増…70歳以上調査
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20130617-567-OYT1T00662.html

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

閉じる コメント(1)

顔アイコン

またまた、Dr.ミカさんの記事の転載です。

歩幅が広いほうが、全体運動量がきっと増えるんでしょうね。。。
姿勢も良くなるでしょうし。。。
ちょっと気をつけるだけで、違いがあるのなら、心がけたほうがいいですよね!

確か、以前、姿勢が正しい人ほど、ストレスが少ないという内容の記事を転載したことがありますが、関連していると思います。
「[転載] 姿勢を良くするとストレスに強くなる!」
http://blogs.yahoo.co.jp/amigoplaza/62648454.html

2013/6/19(水) 午前 2:52 アミーゴプラザ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事