スペインの美味しい食卓から

HOLA, AMIGOS!QUE TAL? GRACIAS POR VUESTRAS VISITAS!

全体表示

[ リスト ]

イメージ














「愛の法則」からみた病気(P286〜)

肉体的な病は、特定の感情やそれを抑圧することと関係がある、と何度も言われましたが、それを掘り下げてみたいのですが。

そう、感情を黙殺してしまったがために魂が病気になった人は多く、魂が病気になると、肉体も魂と密に結びついているので、病気になってしまうのだ。

肉体的な病気なのに、感情面に起因しているのですか?

その通りだ。君たちの世界では、感情を抑圧することが、精神的にも肉体的にも病気の最大の原因となっている。

精神病に関してならそれに同意できるのですが、癌はどうでしょうか?癌は遺伝子の異常で起こる、と科学的に証明されていませんか?

遺伝子の異常は癌のすべてのケースに認められるが、多くの場合、それが最初の要因ではない。

では、最初の要因は何ですか?

話した通り、原因は精神的なもので、霊的な内面を抑圧したことと関係がある。
人は感情に従って生きて行動しなければ、内部に深い不快感が生じて苦しむ。それが、恐れ、憤り、憎しみ、悲しみといった精神的に有害な「エゴ的感情」を生み出し、それらが病気の原因となってしまう。
人生で直面できないような困難な状況に出くわして、気持ちが滅入ることがある。そのような場合を感情的トラウマと呼ぶとしよう。


感情的な不快感はどのように肉体に影響し、最後に病気となってしまうのですか?

精神的に調子が悪い時には、霊体とメンタル体との間でショートが起きていて、それがエネルギー体(アストラル体)に伝達されると構造を乱して、波動を下げてしまう。
この「エネルギー低下」は、送電系の一部が停電したように、アストラル体の特定の箇所に支障をきたし、そこと繋がっている身体の部分にきちんと活力を与えられなくなってしまう。こうして生命エネルギーが不足して活力をなくした領域は身体の残りの部分と連動しなくなり、その結果、活力を失った組織は他と調和して機能できなくなってしまう。
エネルギーの供給が途絶えると、通常の細胞の機能は影響を被り、遺伝子異常が起こり始め、細胞が破壊されて進行性の病となったり、細胞が制御不能なほど増殖し始めて癌を発生させたりする。

この話は、アストルアル体について話していた時に推薦してくださった、物理学者バーバラ・アン・ブレナンの著書、『光の手』と『癒しの光』(ともに河出書房新社)の中で、病気について書いてあったことを思い出させます。
彼女によると、精神的もしくは感情的な問題は、暗いまたはくすんだ色合いの部位としてアストラル体に現われ出て、その原因は、当事者が抱いていた否定的な考えに根付いているとのことです。これば消えずにアストラル体に留まってしまうと、当人の肉体にも遅かれ早かれそれが現れて、病気を引き起こすのだそうです。それでは、これは正しいのですか?

まさにその通りだ。

新ドイツ医学を宣言したドイツの医師、ライク・ゲールト・ハマーの推論も思い出されます。
ハマー医師によれば、癌やそれと同等な病気はすべて、独りで経験しなければならなかった極度の感情的トラウマから発症するそうです。そして、トラウマの種類によって癌が発生する器官が異なるそうです。それに、感情の葛藤があるとまず脳に影響して、そこで、一種のショートを起こし、それから、その脳の部位に対応していた肉体領域が病気になるということです。また、原因となった感情的トラウマを海容すれば、病気が治る、と主張いているのですが、この医師の言っていることは正しいのでしょうか?

100%ではないが、彼が言っていることはかなり正しい。すべての病気が感情的葛藤から生まれるわけではないか、大半はそうなのだ。

では、感情の葛藤を解消すれば、病気を治せる、ということについてはどうですか?

それは正論だが、問題を解決できるためには、本人にかなりの深い変化が起こらねばならない。「エゴ的感情」にしがみついたままで、感情を抑圧し続ければ、一つの病気が治ってもまた別の病気になる。それは、特定の葛藤を解消できたとしても、同じような「エゴ的感情」を引き起こす別の葛藤が再び現れてしまうからだ。こうして病気の根本的な原因に行き当たる訳だ。
本当に病気を発病させる原因とは、エゴとその顕現状態なのだ。そして、治癒効果があり健康にするのは、愛とそれを表現することなのだ。これは、確かに断言できることだ。

しかし、僕たちには、大なり小なり、そういうことが起こるのではないでしょうか?つまり、ほとんどの人に、憤りや悲しみや攻撃欲を目覚めさせて不機嫌にさせるような物事が、人生ではいろいろと起こるのではないでしょうか?
僕は、感情の抑圧についての説明がかなり自分に当てはまると思いましたが、癌になっていないのはなぜでしょう?

確かに、君たちは時々病気になるが、癌のように本当に重い病になるには、感情的な不快感に「囚われて」いなければならない。囚われるというのは、不快感が恒常的な固定観念に変わり、「エゴ的感情」に支配されるがままとなり、相当長い期間そのままの状態でいるという意味だ。長いこと、眠りの妨げとなる場合もある。
また、そういう感情を発散させたり表現する、すべての手立てを抑制した場合である。


『魂の法則』ナチュラルスピリット刊
ヴィセント・ギリェム著・小坂真理訳




転載元転載元: 人生、波瀾万丈

閉じる コメント(1)

顔アイコン

続きは、転載元でお読みください!
「魂の法則」から抜き出して、徐々に、書き写しをしていく予定です。

できれば、「魂の法則」を購入されて、手元において読むのが効果的です♪

2015/7/4(土) 午後 9:31 アミーゴプラザ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事