スペインの美味しい食卓から

HOLA, AMIGOS!QUE TAL? GRACIAS POR VUESTRAS VISITAS!

全体表示

[ リスト ]

今日、とても興味深い記事を見つけたので
転載させていただきます。


緊張すると顔が赤くなったり、イヤなことを前にすると胃が痛くなったりするのは、よく考えれば不思議なもの。しかし、感情による体の変化の中で、私たちが認識できるのはごく一部だという。気付いていないだけで、私たちの体内では、感情ごとにさまざまな変化が起きているらしい。

そんな感情と体の相関関係を調査した研究が、話題になっている。そして、研究結果を端的に示した図が、非常に面白いのだ。

・体のパーツごとに記録
フィンランド人の研究チームが、フィンランド人と台湾人の合計773人の参加者を対象に、「怒り、恐怖、幸福などの感情は、体のどのパーツに影響を与えるのか?」について調査した。

参加者はまず、映画などを見せられる。感情に変化がおきたところで、コンピュータ処理により体の各パーツの状態を記録。それをシルエットで表示したのが上の図だ。

左上から順に「怒り」「恐怖」「嫌悪」「幸福」「悲しみ」「驚き」「自然な状態」。左下からは「不安」「愛情」「憂鬱」「軽蔑」「誇らしさ」「恥」「嫉妬」と並んでいる。体内で感覚が高ぶっているパーツはまず赤、さらに強まると黄色に。一方、感覚がくすんでいるところは青で示されている。

図を見ると、体内の感覚が最も高ぶっているのが幸福の状態。一方、憂鬱な時には、体中の感覚が低下しているといえそうだ。また、幸福と愛情の状態が似ている点や、恐怖と嫌悪に類似性が見られる点なども面白い。

・体は全部知っている
また、研究者によると、ほとんどの感情は、体に何らかの影響を与えるらしい。つまり、私たちが認識していない感情でも、体は常に感情を把握し、何らかの変化を起こしているというのだ。

・文化の違いは関係なし
また、先述の通り、この実験はフィンランド人と台湾人の間で行われている。当然ながら、それぞれの文化は全く異なる。しかし、実験の結果は、どちらも似たようなものに。感情が体に与える影響に、文化的な差異は見られなかった。

これらの調査結果は、どれも深い。表を見ているだけで、いろいろと考えさせられてしまう。

執筆:和才雄一郎

▼「Happiness」と「Love」がすごい

イメージ





















この記事を見つけたのは、「幸福感情」「緊急感情」を
検索したことから。

読んで、他の方の説明を見たかったから。

それにしても、愛と幸福、とくに幸福感を持つと
体全体の感覚が高ぶるって、すごくよくわかります。
そして、その幸福感で感覚が高まった振動が
周りにも影響を与えるのでしょう。

ポジティブな感情とネガティブな感情で、感覚が高ぶる
という状態は同じでも、どのように・・・という部分が
きっと違うので、分泌される物質も振動も違うだろうと
思いますが、今回の図ではそこまで分けていないので
続きの研究が楽しみです。

今日のその他の検索結果は、
『8月2日(日)のつぶやき』をご覧ください。
関連記事があり、すべてを読むと、感情と体の関係が
なんとなく見えてくると思います。

『魂の法則』にも、感情が病気の原因だと書いてあり、
感情と体の相関関係の図によって、視覚的に捉える
ことができるは、すばらしいことです。

イメージ













コメントもシェアします。

「幸福感情」と「緊急感情」・・・専門用語としては、知りませんでしたが、感覚としては理解してました。
「緊急感情」が心理的、精神的そして肉体的に悪い影響を与える、と言うのは、私自身が、乳がんと診断される直前の5年ほど、「緊急感情」に囚われていたことを体験しているので、すごく、よくわかります。
体の筋肉が緊張し、ぴりぴり感がいつもつきまとっていました。

今は、親元を離れて冒険の旅に出る前のように、瞬間瞬間を楽しむことをモットーに生きてますので、もう大丈夫です(笑)


乳がんと診断された翌日にアルベルカに
引っ越してきたのですが、その日を境に
私は今までの生き方を変えよう、と決心を
していました。

その後、大腸がんから肺がんを患っていた
夫が亡くなり、「緊急感情」が強まった時期も
ありましたが、去年の夏、素の私を取り戻してから
「幸福感情」に満たされた状態が続いています。

「緊急感情」が無くなったわけではないです。
でも、以前のように囚われなくなっています。
それよりも、今この瞬間を楽しく、精一杯生きよう
私がご機嫌でいれたら、満足していたら、それで
いいんだ、それがいいんだ、という私自身を愛し
大切にすることが腑に落ちたのもあって、意識
そして、考え方、生き方がすっかり変わりました。

刹那的とか流行のポジティブ・シンキングとも違い
「緊急感情」も「幸福感情」すべて受け入れ、生きる
ことに対し覚悟ができたのかもしれません。

イメージ













写真は、7月30日の満月前日の月の出と
7月31日の7月2度めの満月の月の出。


<8月3日追記>
ポジティブな感情とネガティブな感情で分泌されるものが違います。
幸福感や愛の感情はエンドルフィンやセロトニン、オキシトシンなど
効果で、より増幅し至福感へと昇華され、怒りや嫌悪、悲しみがでは
ノルアドレナリン、ドーパミン、アドレナリンが分泌され、増幅され
常態化すると、体調が悪化し、果ては病気になってしまうのだろうと
想像できます。
常態化するかどうかというのは、意識レベルとも関連しています。

転載元転載元: 人生、波瀾万丈

閉じる コメント(4)

顔アイコン

自分が起こした感情でさまざまな化学物質が作り出される。それがネガティブな感情ならその化学物質は毒素のように身体を蝕むということでしょうか。

現代では理性が大事にされ、感情を無視する傾向があります。
けれど感情ほど魂の指針となるものはない、と私は思っています。
バシャールが「ワクワクしましょう!」と語るのが、はじめ意味がよくわかりませんでした。
今ではいろいろな意味で「ワクワク」の重要性を感じています。^^

2015/12/11(金) 午前 10:10 都環 咲耶子(とわさくやこ) 返信する

顔アイコン

咲耶子さん、どうも、そうみたいです。
「魂の法則」の中にも、近いことが書いてあります。
現代社会は、魂の進みたい方向とは逆向きの流れ・・・なのかもしれません。
もちろんすべてではないですけれど・・・。

物質的・肉体的な快楽だけを求めるのではなく、魂(心)がわくわくすることで、エンドルフィンやドーパミンなど、幸せ物質を分泌させることが必要なのだと思います。

2015/12/30(水) 午後 7:27 アミーゴプラザ 返信する

顔アイコン

今日、すごい記事を見つけちゃいました。
「病は気からの瞬間を捉えた貴重映像」
http://ameblo.jp/friends-dc/entry-12117996215.html

この記事をもっと細かい部分で見たって感じ。
ストレス、ネガティブな言葉が赤血球を傷つける・・・なんて。。。
人間の70%が水分なんだから、水にネガティブな振動が伝わると
悪い影響が出ることは頭で理解していたけれど、目に見える形で
示されると、やっぱり・・・って思ってしまいます。
もっと、気をつけなくては・・・。

天国言葉が健康を保つんです♪

2016/1/20(水) 午前 4:15 アミーゴプラザ 返信する

顔アイコン

脳科学からみた「祈り」 中野 信子
http://www.amazon.co.jp/dp/426701891X/ref=cm_sw_r_tw_dp_8Nt.wb1AE99QR …
「人間は『配慮範囲(自分が責任を持つ範囲)』が広ければ広いほど、幸福な人生を送っていける」…宗教的な「利他」の祈りと行動が、単なる倫理規範に止まらず、脳科学の観点からとらえても「利己」と直結…

「愛」を動機とする「祈り」と「恐れ」や「エゴ」を動機とする「祈り」は、全く別物。
「祈り」によって分泌される物質が、違うから。。。


恐れなどストレスにより分泌される、コルチゾールが、ミトコンドリアを損傷させる、という研究結果について言及している記事を発見!

los niveles elevados de cortisol dañan las mitocondrias
https://www.facebook.com/ReikiPracticesndAscensionalWork/posts/927723967270291

2016/4/1(金) 午前 0:26 アミーゴプラザ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事