スペインの美味しい食卓から

HOLA, AMIGOS!QUE TAL? GRACIAS POR VUESTRAS VISITAS!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1



3月よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開!
人間は、1日にスプーン40杯分の砂糖を摂取している。
どうして?どこから?
60日間砂糖生活やってみた!
すると、砂糖のあまくない真実が明らかに…
世界は砂糖中毒になっている!



http://amakunai-sugar.com/manage/wp-content/themes/sugar/img/h2_introduction.png

(ドキュメンタリー部門)
オーストラリア映画史上最高の動員記録を樹立し、社会現象に!

かつて『マッドマックス』(79)や第69回アカデミー賞®で主演男優賞を受賞した『シャイン』(96)などの名作を生み様々な映画人を輩出するオーストラリアで、自国製のドキュメンタリーとして史上最高の動員を記録し大きなニュースになったのが本作だ。15年2月の公開当初はたった8館でひっそりと公開されたものの評判は口コミでどんどん広がり、4週目には48館にまで増えるという驚異的な大ヒットを記録した。肥満が社会問題化しつつあるオーストラリアで高い関心を持って受け入れられた画期的映画だ。

60日間砂糖を食べ続けたらどうなる?砂糖版『スーパーサイズ・ミー』!

俳優のデイモン・ガモーは、人間は平均で1日にティースプーン40杯もの砂糖を取っていることを知る。角砂糖やコーヒーシュガーだけが砂糖ではない。今や砂糖は形を変えて様々な食品に入り込み、加工食品の80%には砂糖が含まれているのだ。そこでガモーは自らの体を使い、一日にティースプーン40杯分の砂糖を60日間にわたって摂取するという実験に乗り出した。『スーパーサイズ・ミー』(04)では明らかに体に悪そうなマクドナルド商品だけを30日間食べるという生活だったが、本作では“ヘルシー”と宣伝されながら実際には大量の砂糖が隠されている食品に焦点を当てる。『スーパーサイズ・ミー』よりもはるかに身近な現実の恐怖、あまい砂糖に隠されたあまくない真実に迫る!

衝撃の結果が次々と!

ガモーは、低脂肪ヨーグルト、穀物バー、ジュース、シリアルといった、ヘルシーと信じられているが実際には大量の砂糖が潜んでいる食品を60日間食べ続けるという無謀な実験をスタートさせた。医師や栄養士などの管理の元、摂取カロリーは変えず、実験前から続けている運動もそのまま継続。変わったのは食生活だけなのに、実験開始12日目ですでに3.2キロも体重が増えてしまった!実験が半ばを過ぎた頃、国民の3人に1人が肥満になっているという世界一の“砂糖大国”アメリカへ飛ぶ。早速注文したスムージーには、“ヘルシー”と表示されているにもかかわらずスプーン34杯分もの砂糖が入っていた。ケンタッキー州では幼い頃から毎日マウンテンデューを飲み続けているという虫歯だらけの少年に出会い、“食”をめぐる教育に疑問を抱く。ニューヨークでは、『フード・インク』(08)でも描かれていたような政治と癒着する巨大食品企業の陰謀が次々と明らかに。さらに、砂糖を摂り続けているガモーの体にも異変が起こり始める…。前代未聞の実験の驚きの結果とは?

日本でも糖質オフは重要なキーワード!

こんなにも身近で、毎日食べている砂糖。だが、その砂糖について私たちは何も知らなかった。世界中で異常な肥満の増加が社会問題になっている今、日本でもその危険性は高まっていくと言われている。昨今話題になることが多い糖質制限の必然性をガモーの体験や医師、科学者の研究をもとに実証。
食事をカロリーだけで判断するのは間違っていた!?「ヘルシー」や「低脂肪」にだまされてはいけない!目に見える砂糖はもちろん、目に見えない甘味料がどのように食品の中に含まれているのかも分かりやすく解説。
砂糖が消化されていく体内の仕組みも、エンタメ要素満載でわかりやすくポップに描く。観れば必ず誰かに教えたくなる。あなたの食事はきっと変わる。これは、私たちと子供たちの未来のために必要な映画だ!!


反対に糖質制限実験をした人もいます。
健康を維持するために控えるべき代表的なものと言えば、アルコールと砂糖。では、その両方を1ヶ月間断つと、人間の身体にはどんな変化が現れるのか? 体当たりでこの実験に挑んだのは、オランダ人青年のSachaさん。“糖分ゼロ生活”が彼をどう変えていったのか。その一部始終を紹介した動画です。

まずはメディカルチェックと
食品の選別から…

Sachaさんは1ヶ月の間、加糖はもちろん、人口甘味料も、加工食品もさらにはアルコールも一切口にしないと公言し、極限まで自然に近いヘルシーな食生活を実践することにしました。
まずはスタート前に、スポーツセンターで専門家によるメディカルチェックを。運動能力、血圧、心肺機能、心電図、そして血液の健康状態を検査。中肉中背の健康的な20代という診断結果が出ました。
次は食事です。スーパーマーケットで売られているものから、Sachaさんが口にできるもの、できないものを選別していきました。例えば、市販のアイスティー(加糖)には、およそ角砂糖10個分が。トマトスープにも、サテーソースにも。そう、ほとんどの食品には、なんらかの形で糖分が加えられているのです。
こうして、食品を選別したSachaさんは、野菜、果物、卵、ヨーグルトを中心にした献立を選択。いざ、ヘルシー生活をはじめました。
ところが、数日もしないうちに、ある数値だけが異常に高くなってきたことに気付きます。コレスレロール値だけ、他の値に比べて上がってきたのです。なぜ? まだ4日目だというのに、「何だか先が思いやられる」とグチをこぼす始末。早々にチャレンジは断念か?

イライラの原因は
糖分不足だった!

ファストフードに炭酸飲料、誘惑は街のいたるところに。必死に我慢を続けるSachaさんですが、カメラの前では本音もちらり。
「こんなにも過酷なチャレンジだと考えてもいなかったよ。あんまり気分が良くないんだ。どんどん怒りっぽくなっていて、周りの人に迷惑がかかっている気がするんだよね」
デート中ももちろん水だけ。一方Sachaさんの彼女はビールにポップコーン。これは、キツイ!
チャレンジ中盤、Sachaさんは砂糖やアルコールを抜いた食習慣がどう、人間の身体に影響を及ぼすのかを栄養学の観点から探るため、栄養士のMarlou Bosma氏の元を訪れます。彼女は砂糖不足の影響をこう伝えました。
「糖分を取らなくなると、身体が無意識のうちに欲してたまらなくなるでしょう。血糖値は上昇し、それを下げようとインスリンがどんどん働きます。すると、身体はもっともっと甘いものを欲する。この悪循環が生まれるのです」
さらには、砂糖もアルコールもビタミンを求め、それにより身体はどんどん脱水状態になり疲れやすくなると、 Bosma氏。ただし、これもつかの間で、次第に糖分やアルコール、加工食品を受け付けない身体へとフィットしていくんだそう。
人間は結局、何を食べて生きることが大切なのか? Sachaさんの質問に専門家は、野菜、果物、食物繊維の多いパン、不飽和脂肪の食物を例にあげました。なかでも、不飽和脂肪は「健康的な身体づくりには欠かせない」とBosma氏。代表的な食材にオリーブオイル、イワシやさんま、サバなどに代表される青魚、ナッツ類など。さらには、ほどほどのお酒もOKだとか。つまり、スナックもワインも食べることは問題なく、要するにバランスが取れているか否か、その重要性をSachaさんに説きました。

「甘いものを欲しくなくなった」
そして1ヶ月後…
数字が示す身体の変化

チャレンジ終盤の25日目、すでに甘いものを身体が欲しなくなったと語るSachaさん。早起きも苦ではなくなり、朝から力がみなぎるようになった。それが、最も自分の身体に起きた大きな変化だと感じているようです。
こうして1ヶ月後、再びスポーツセンターを訪れた彼の身体は、どのような変化を見せていたのでしょう?結果がこちら。ひと月前(VOOR)に比べ、81キロあった体重は77.4キロに減少。血圧は135から125へ。コレステロール値も8%減少し、血糖値もかなり低くなったことがわかります。
最後にSachaさんは、この1ヶ月間を振り返り、最初こそキツかったものの、次第に「甘いものが食べたい!」という欲求も消え去り、体調はすこぶる良かったと語ります。「じゃあ、このまま続ける?」の質問に、「いまは、チョコバーとビールで自分を祝いたい」と正直な気持ちを語りました。
糖分不足による精神的なイライラを超えてしまうと逆に、身体が甘いものを受け付けなくなる。栄養士が言うようにバランスが大切なのは、言わずもがなでしょうが、普段の食生活を省みると、私たちは糖分過多なのかもしれませんね。
英語の動画ですけれど・・・。








その他、参考になる記事です。

私は、とくにクエン酸の摂取はしていませんが、
フルーツを食べるようにしています。
たとえば、朝ご飯には、フルーツミックススムージー
または絞りたてオレンジジュースのように・・・。

糖質制限も大切ですけれど、摂取した糖質を
いかに、効率よくエネルギーに変えるか、
こちらも大切ですよね!

昔、もう20年近く前、知り合いがうつ状態に
なったとき、何度かカウンセリングに行ったのですが、
アルコール、タバコ、砂糖を絶つようにしてください、
と言われました。
その時、砂糖には、依存性、中毒性があるから、
まずは、その部分を改善したら、症状も改善すると
いうことなんだろうと、理解しました。

その後いろいろ調べているうちに、依存性、
中毒性だけでなく・・・砂糖(特に精製白砂糖)は、
「毒」でしかない、ということが解りまいた。
それをなんの規制も無く、放置されているということ、
とくに市販の製品に多く含まれ、多くの人が疑うことも
無く食べていることを考えると、この社会は本当に
恐ろしいです。

第二次世界大戦後、一人一人が自分の頭で
考えない
ように、教育されてきた賜物という気がします。

今の消費社会では、気づかないうちに、少しずつ毒を
盛られて、病気になるような仕組みになっているようです。。。

そして、病気になったら、薬をたくさん処方されて・・・。

知ってますか?
大手の食品会社と製薬会社って、資本関係があったり、
経営者または出資者(資本家)が一緒だったりするんです。


なんせ、これですから・・・。
「メーソン、イルミナティたちは肉や市販のものは食べない」

「彼らはハム工場とかいろんなものを持っていて、親戚も
食肉会社や冷凍食品会社を持っている。
でも彼らはそうしたものは一切食べないし、肉もまったく食べない。
ほとんどのメーソンでユダヤ人のトップクラスの人たちは、
動くものは一切食べない。
お米や小麦粉もスーパーのものは危険だといって、
親戚からしか買わない。
スパイスもそうで、スパイスは実は農薬、防腐剤、乾燥剤がすごい…」


そして、児童労働などの観点からも、砂糖産業はあまくないんです・・・。
砂糖だけでなく、チョコレートやコーヒーも同じ構造・・・。




信じる、信じない、
そして、
食べる、食べないは、
もちろん、
あなた次第です。


閉じる コメント(12)

顔アイコン

美味しいスィーツをたまに食べていた時代から、大量消費の時代となって、大量のお砂糖や合成甘味料が使われるようになって、気づかないうちに糖分摂りすぎになってしまった私たち…。
CMやスーパーに並んでいる商品を見て、欲求だけで、必要のないものを食べたり飲んだりしてしまっている私たち…。
私たち、消費者が、それぞれきちんと考えてから買うようにしたら、私たちに害を与えるような商品は、少なくなっていくでしょうし、わざわざ糖質制限なんて、必要ないと思うのです・・・。
https://www.facebook.com/jeffrielau/posts/10201431781833902

2016/2/20(土) 午前 6:11 アミーゴプラザ 返信する

顔アイコン

問題は、砂糖だけではありません・・・。

【環境】『誰もが肉食をやめたら起こる5つのこと』http://sciencetime.seesaa.net/article/433316592.html …
今日は世界肉食廃止週間の最後であるが、もし先進国の人々がみな、ビーフバーガーの代わりにビートバーガーを選ぶようになったらどうなるか考えてみるいいタイミング…
←菜食主義にならなくても、肉の消費を減らしましょう〜♪
私たちは、食べ過ぎているのです・・・。

2016/2/20(土) 午前 6:12 アミーゴプラザ 返信する

顔アイコン

とはいえ、こんな話もあるんですけど・・・

砂糖も大量摂取OK、塩も大量摂取OK、食用油も大量摂取OKを示しながら「健康と心の関係」を如実に描き出す「美しき緑の長野県」
http://oka-jp.seesaa.net/article/424208021.html

できるだけ自然(特に土)と触れ合い、お日さまの光を浴びて、体を動かすこと、これ、すごく大切です。
現代人の生活習慣(食べ物も含め)が、病気を誘発しています。
人間らしい生活をしていたら、病気になることさえないんです。

もちろん、心のあり方もとても大切です。

2016/2/20(土) 午後 8:58 アミーゴプラザ 返信する

顔アイコン

自分の身体を愛するようにと教えない教育は、自分自身に慈悲深くあることを教えず、身体の神秘へと入っていく方法を教えない。同時に自分の意識へと入っていく方法も教えられない…身体と意識という課題に触れない教育は、不完全であるばかりか有害…
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-8d38.html

←何を食べるか、何を着るか、何を買うか、何を使うか、ということを考え行動することは、自分を大切にすることの第一歩なのだと思います・・・。

2016/2/21(日) 午前 0:17 アミーゴプラザ 返信する

顔アイコン

砂糖入りのジャンクフードはコカインの8倍中毒になりやすいと言う研究結果

HEALTH & FITNESS
STUDY: SUGAR HIDDEN IN JUNK FOOD EIGHT TIMES MORE ADDICTIVE THAN COCAINE
http://abc13.com/health/study-sugar-is-as-addictive-as-cocaine/533979/

2016/3/15(火) 午後 11:00 アミーゴプラザ 返信する

顔アイコン

あまくない砂糖の話 : 佐々木俊尚 ドキュメンタリーの時代 #映画
http://eiga.com/l/Rvmp4

私たちは「オーガニック」「有機」「天然」といったことばにやたらと弱い。オーガニックという冠がついているだけで、なんとなく健康的でからだに優しいと思い込んでしまう。でも、ある物質が身体に影響を与えるという場合、それがオーガニックか人工的かは実はあまり関係ない。自然放射能だろうが人工的につくられた放射能だろうが、一定の線量を超えれば人体に影響をもたらすのと同じように、オーガニックだろうが人工的だろうが、過剰に砂糖を摂れば身体に悪いに決まっている。

半調理品に頼らずなるべく基礎調味料をつかい、加工されていない野菜や肉を素材として購入し、自分できちんと調理する。そういうことなんじゃないかと思う。

←まさに!!!

2016/5/9(月) 午後 10:23 アミーゴプラザ 返信する

顔アイコン

砂糖中毒かも?砂糖をデトックスする3ステップ
https://t.co/ANZJnlWjmO
砂糖を摂ると脳内に幸福のホルモンと呼ばれるドーパミンやセロトニンが分泌され、砂糖をもっと食べたいと思う依存症に似た欲求が生まれます。精製された白砂糖やグラニュー糖、果糖、メープルシロップはその傾向が強く、これらの糖類は体に吸収されやすいので血糖値の急激な上昇を招き糖尿病のリスクを高めてしまいます。
ちょっとした心がけで砂糖を減らしていく方法をご紹介します。

2016/5/9(月) 午後 10:24 アミーゴプラザ 返信する

顔アイコン

【ストレスと慢性疲労】〜その原因と解決法
https://t.co/SL7MRX18Wz
副腎疲労の有効な治療法は砂糖や甘いもの…カフェインを控える…
朝食には必ずタンパク質を摂り、バランスの良い食生活を心掛け、軽い運動を毎日続け…
ストレスを上手に発散できるように生活習慣を変え…

2016/5/9(月) 午後 10:26 アミーゴプラザ 返信する

顔アイコン

「砂糖と痛みと心の関係」
http://seitaitaiken.yasuraginomori.info/entry31.html
砂糖を多く摂り過ぎると様々な健康への影響があります。

機能性低血糖症:動悸、イライラ、不安、恐怖感、集中力欠如、頭痛 めまい 自律神経失調
陰陽バランスの乱れ:冷え性 うつ 不安 だるい 疲れやすい
ビタミン欠乏:神経過敏 筋痛症 関節痛 肌荒れ 免疫力低下
ミネラル欠乏:骨粗鬆症

などの症状を引きおこしやすくなります。

しかし、砂糖の摂取でこれらの症状が起きやすくなるということは、医師の間でも一般の人の間でもあまり知られていません。

2016/5/9(月) 午後 10:30 アミーゴプラザ 返信する

顔アイコン

砂糖でなぜ害が出るのでしょうか
http://www.geocities.jp/tbcby865/haisetsuno-kagaku/shiryou/satou-ni-tsuite.htm
東大で実証された「糖反射」の実験が有ります。被験者に砂糖水を飲ませますと、数十秒間、胃腸の働きはピタリと止ります。反対に塩水を飲ませますと、胃腸の働きは急に活発化します。この糖分を摂ると、細胞の働きが緩慢になる生体反応を東大では、糖反射と名付けました。なぜこの様な事が起こるかが確定されている訳ではありませんが、多すぎる糖分は、細胞を取囲むと、絶縁物質となり、神経信号の伝達を阻害していると考えられています。専売塩のイオン交換による化学塩が、純粋すぎるがゆえに生体にとって害が出現する様に、砂糖という純粋物質も生体は過剰な負担を受けるのです。

長崎の原爆爆心地から1800mの距離で被爆しながら、他の人々の救済に従事し、一切、放射線の害を受けなかったお医者さんと看護婦さんがいます。このお医者は「正食」を知っていたのです。甘い物や果物を多食し、梅干・味噌汁の嫌いな人から先に死んでいったそうです。

2016/5/9(月) 午後 10:32 アミーゴプラザ 返信する

顔アイコン

(続き)

サリドマイド禍(アザラシっ子)というのが有りましたが、この奇形出産事件も表に出せない事実があるのです。この薬を服用した人すべてに奇形児が生まれた訳ではありません。ただ、後の調査で一つ言える事は、この薬によって奇形児を出産した母親は、間違い無く、大の甘党であった、という事実です。

砂糖及び果物の摂取と水分過多に、塩分不足が加わって、現代人の疾病の基盤が出来ています。特に砂糖はタバコより有害性が強いのですが、その事実は隠されています。

2016/5/9(月) 午後 10:34 アミーゴプラザ 返信する

顔アイコン

☆砂糖の害について☆
https://blogs.yahoo.co.jp/amigoplaza/65754394.html


お砂糖は、生産段階にも、奴隷制度などの歴史が・・・。
食品業界が、砂糖地獄を作っています。。。
そして、病気を作りだし、薬を売る・・・。
食品会社と製薬会社ってつながっているし、金融機関も投資家は株を持っているから、みんな番っている、そして、そういう人たちは、自分たちは、お砂糖は避けているらしいです。
なんか、矛盾してますよね。。。

砂糖の歴史、奴隷の歴史、奄美のソテツ地獄
https://blogs.yahoo.co.jp/shishi5235/36334660.html

2017/6/18(日) 午後 9:54 アミーゴプラザ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事