スペインの美味しい食卓から

HOLA, AMIGOS!QUE TAL? GRACIAS POR VUESTRAS VISITAS!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全125ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


自分の場合、もうFC2ブログへ転載記事もコメントもGIF画像も全部移したので、出来損ないのヤフーブログの抹消移行サービスは使わずに、
12月15日まで閲覧可能状態で残存させておきます。
実質、ヤフーブログ編集可能期限である8月31日以後は、
FC2ブログへ完全移行してブログを継続します。
移行先の記事を修正するのに、もと記事を閲覧できるほうが良いし、
時間的に確認する余裕を残しておくほうが良いので。
つながりのあるユーザーさん方は、できればそうなさってください。
新規ブログへ移した途端にヤフーブログが消滅するのを避けましょう。
休眠ブロガーさんが気が付くのをギリギリの期限まで待つことも含め。

恋夜姫のFC2ブログ(参考までに体裁等ご覧ください。)
https://renyahime.blog.fc2.com/


※まだ過去記事の見直し修繕も殆どしていない状態です。
 Wiki文法の記事は、画像が縦にバラけています。
 移行したあとの不具合表記を心配しましたが、
 「表示されない」ようなこともなく、後に修正すれば済みます。
 移行直後は、無地の標準テンプレートに収まっているので、
 あとから好みのテンプレートを選択すれば体裁は整います。


できれば、ヤフーユーザーの方々には、FC2ブログの移行サービスで
これまでのヤフーブログの全記録を保存することをオススメします。

▼「FC2移行サービス」は、こちらをご覧ください。

▼移行途中でエラーが出てお困りの方は、
 こちらのブログが参考になります。


▼6月3日から提供されたヤフーの移行システムですが、
 まず、これを見て驚きました。

イメージ

移行手続きをすると、
Yahoo!ブログの編集・投稿は
出来なくなりますので、ご注意ください。

イメージ

移行予約が完了後、キャンセルができません。
事前に移行先の情報をご確認いただき、
ご自身のYahoo!ブログを整理した上で
移行手続きいただけますよう
よろしくお願いいたします。


よくわからないうちに、
ヤフーの「移行手続き」を
予約しないように。

一度「予約」すると
キャンセルできないそうです。

「移行手続き」をしたら、記事の編集も投稿もできません。

「移行完了」した時点で、
自分のヤフーブログを
閲覧できません。
事実上のヤフーブログ抹消と使用不能・移行後に確認不能)。



★FC2の移行サービスの場合、
非公開記事を除いて
転載記事も
コメント(全文公開設定にしておくと20個までOK)も
画像も、ほぼ制限なく全部移行されます。
(画像が超大きすぎるGIFアニメだけは静止画像表示。)

移行期間中も記事の投稿ができます。
(自分の場合、途中で移行エラーになったようですが、
 再移行の申請メールを送って無事完了。書庫設定は
 移行中に変更しないほうが良いそうです。)

移行後に閲覧ができなくなるようなこともありません。

wiki文法記事の移行結果は、
横へ並べたもと画像が縦一列の配列になるため、
多少、レイアウトも崩れたりしますが、あとで修正可。
(画像はでもFC2に保存されるので、編集可能。)

「公開記事」であれば、完全に移行保存されます。

移行手続きは、5回までOKです。
(同じ記事を2度目に移行する場合、前回移行した記事が上書きされないので、重複を避けるため、移行先の記事を削除してから行ってください。)

移行手続きの際に必要となる「ユーザーID」は、
まずヤフーブログのトップページを開いて
(PCの最上段枠に表示される)URLアドレスを右クリックで選択し、
メモ帳などに一旦、貼り付けます。URLの黄色の部分がIDです。

ヤフー → https://blogs.yahoo.co.jp/renji2ren8 (移行元ID)



 ※ヤフーブログへログインする際のIDではありません。↑↑↑↑
  最初うっかり間違え、エラーで受付されなかったので念のため!

FC2 → https://renyahime.blog.fc2.com/   (移行先ID)

FC2に新規作成したIDも同様にメモ帳へ貼りつけておきます。
それらをコピペで移行手続き枠内へ貼ると誤記のエラーが防げます。
※手入力で誤記があるとエラーで前に進めない場合があるそうです。

FC2の移行申し込みページと、
自分のヤフーブログのプロフィールの「ゲストブック紹介文」を
開いておきましょう。FC2側から提示される認証コードをコピペで「ゲストブック紹介文」の枠内へ貼りつけます。

移行手続き申し込み完了メールと同時に、サブツールが反応し、
「レイアウトがカスタム設定になっている」だの
「パターン1になってない」だのというエラーメールが送信されることが多いようです。エラーメールは受信メール宛てではなく、迷惑メールボックスへ送信されていることもあるので(自分の場合はソレ)、
手続き申し込みの際は、2通りのメールがあるかどうかを確認します。

「パターン1になってない」のエラーで進めない場合、
ヤフーブログのカスタム背景設定などを非表示にしたりせず、
「レイアウト設定の変更」から「パターン1」であることを再確認、
(大抵パターン1になっていても、このエラーがくるそうですが)。
下にあるhtmlの☑は、ついていてもいなくても移行に影響なし。

迷わずエラー送信メール文の後段あたりにある「再移行の申し込み」のアドレスをクリックし、回答欄へ記入して、メール送信ボタンをクリックすると、エラーで移行中断していた状態が続行されます。

最終的にメールで移行された記事数と、成功状況が表示されます。
成功メールと同時に、まだ「カスタム設定でない可能性がある」という変なメールも届きましたが、再移行の際のカスタマーの対応を評価する返信メールも兼ていたようなので、適当に評価ポチして移行完了。

エラーメールで混乱し、移行を断念するのは勿体ないですから、
設定に間違いがないことを確認し再移行の申し込みを必ずしましょう。

記事や画像を移行時に破壊して引き継がせないような
「ヤフーの出来損ない抹消移行サービス」より優秀です。



もし、ヤフーの移行システムを使用した場合、
アメブロの場合は特に、
政治関連の(安倍に不都合な)記事や画像を
表示できなくされてしまうようです。

イメージ


長文のタイトルは、49文字以上になると消されます。

社会的な時事問題などを扱う長文タイトルの長文記事は
「文字制限40000字(ソースの英数字含む)」で
下書状態から公開「保存」不能。

「禁止タグ」や、運営上の規制の条件(不明)で
画像や記事が表示されないこともあるようです。
何が表示不能になるか予測不能で、後から確認も不能。

画像容量は「1TB」と、表示こそ大きいですが、
ひとつの画像の大きさが3MBを超えると、
サムネイル化されて強制縮小(セコッ!)。

イメージ


ヤフーブログへ自分でアップせずに、
コピペで付けたような画像の場合、
リンクのアドレスの文字だけが表示されて、
画像そのものが表示されないそうです。


GIF画像の場合は、静止画像にされてしまうようです。

他ブログからの「転載記事」の移行ができないだけでなく、コピペで転載した画像の移行すら完全にできない。

画像のリンク先がヤフーブログだった場合、既にブログの移行が完了していれば表示不能。移行先のブログトップに遷移するだけで、記事へのダイレクトのリンクができず、他者ブログの場合、いちいち探すのも面倒なので、記事ごと画像も消すか・・となってしまいがち(そういうことを狙っての抹消移行サービスの提供でしかない)。

どのような画像だったか、あとでリンクして、すぐに確認もできない。自分のブログを移行したあと、画像が消えていた場合、完全に確認できない。禁止タグで記事もボロボロの穴あき状態、長いタイトルは途中で消え、配置もガタガタ・・。


予想していたものの、もう、こうなると
完全に出来損ないどころか
「無能なクサレ抹消移行不能いやがらせシステム」だワ!

ド( ̄▽ ̄)Yアッホ〜!イラネ〜!使わね〜!
みんな〜使うなあ〜!〜使っちゃ損だヨ〜損害だヨ〜!

6月4日からの提供で「ムシケラ」のようにシネってか?
使ってたまるか〜デキソコナ〜イ。
「サービス」なんてよくぞ言えたもんだワ〜。

はっきり言ってさ、精神的苦痛が絶大なわけヨ。
突然のヤフー廃止のせいで。
移行で損害の拡大まで強いられたくないね。


ヤフーの移行候補先であるアメーバの傾向としては、
政治的に不都合な記事は特に削除されるだけでなく、
ブログ全体が何の警告もなく一括削除され、
ユーザーアカウントごと抹消される
(24時間、監視体制)。

利用規約(違反:どのような違反か警告もしない)を
盾に、堂々と憲法違反の「検閲」をし、
「表現の自由」を棄損するのがアメブロの特徴。


今まで散々、システム改悪してきたヤフーブログは、
どこかの抹消指示に従う連中にでも、
完全に乗っ取られた感じ。
とにかく、「移行」とは名ばかりで、
主に政治関連の長文記事と画像を消すことが
ブログ廃止移行サービスの主体であるのが
よくわかります。



これまでも、有益な情報記事の提供者のアメブロが、
そっくり全部、一夜にして消されています。
安倍や応援団に不都合な記事は
ブログごと根こそぎ抹消するのが得意のようです。
「政治ジャンル」はアメブロにはありません。
なにしろ「AbemaTV」という
「アベ大麻V」同然の名称で、
独自放送を企画して久しい、
政府御用達のサイバーエージェント。
菅官房長官とIT事業者の会合にも出席してましたから、
何を指示されたかも佐川さんのようによくわかります。

どうでもいいような芸能人の記事がマイページを占領していますが、ピグも12月で完全廃止されるので、ページ上からピグの表示が外されて、仕様変更されるはずです。
多分、スマホ用簡易表示へとシフトするのでは?

もし、アメブロで、政治関連のブログを続ける場合は、
御注意を。



ライブドアのブログは長文保存も可能のようですが、
「転載記事」は移行されないので、
移行不完全極まりないことになります。
他も以下同文。斜体文字や引用の移行が不可です。


記事を大切に保存して移行したいユーザーさんは、
ヤフーの移行サービスは使わず、
FC2ブログの移行サービスを使ったほうが
賢明だと思います。

(↓詳細はコチラをご覧ください。)

FC2ブログは、ヤフーに比べてちょっと使い勝手が良くない面もありますが、設定やテンプレートやプラグインなどの土台を整えてしまえば、スッキリ使用できます。
なにより、保存に制限が殆どないのが良いです。

ヤフーより圧倒的に優れたFC2の移行サービスがあるのに、使わない手はないですよ。

消え去るだけの、無責任で下等なサービスを、
わざわざ選んで使う意味も価値も義理も必要もないです。

ユーザーを馬鹿にするのも、いい加減にして貰いたい。





転載元転載元: ★恋夜姫のブログ★

開く コメント(1)

お引越し

2005年3月14日(月)に
突然思い立って始めてから
14年の月日が経ちました。

最近は、あまり更新して
いませんが、わたしにとって
ブログの原点は、
この「スペインの美味しい食卓から」です。

ここで、スペイン料理を通して
たくさんの方々と交流させて
いただき、本当に感謝しています。

Yahooブログが今年いっぱいで
終了するということなので、
早めに新しいブログへ
お引越しすることにしました。

長年
ありがとうございました。

新しいお引越し先でも
またよろしくお願いいたします。

https://amigoplaza.blog.fc2.com/


FC2のお引越しツールを使いました。
理由は、こちらの転載記事をご覧ください。

イメージ 1











スペイン料理じゃないですが、私がスペインの
アルベルカで育てたイチゴを最後に。。。

開く コメント(0)

昨日、見つけた記事を転載します。

何度も同じような話題を取り上げているような気もしますが・・・
しつこく、今回もまた。。。

一般週刊誌で、取り上げられている、っていうところが
ちょっと進歩かもしれません。。。
今後、さらに一般的に地中海料理が体にいいってことが浸透して、
たくさんの人が興味を持つようになるといいのですが。。。




 メタボとうつ。どちらも最近注目を集めている疾患だが、
この二つには関連性があるという。
国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)
疾病研究第三部部長の精神科医、功刀(くぬぎ)浩氏は、
精神疾患と栄養の関係を探る「精神栄養学」の研究をしている。
また、うつ病患者と健康な成人を対象に、食生活に関する
アンケート調査や血液検査も進めている。

 うつ病はメタボリック症候群とも関係が深い。
メタボの基準には、腹囲や血糖値、高血圧のほか、
中性脂肪150㎎/dl以上やHDLコレステロール40㎎/dl未満の
脂質異常が含まれる。
功刀氏らの研究では、この脂質異常が、うつ病患者に多くみられる。
中性脂肪150㎎/dl以上の割合は、健康な人では19%に対して、
うつ病患者では42%にも上った。
善玉コレステロールとも呼ばれるHDLコレステロール40㎎/dl未満の
割合は、健康な人ではわずか2%だが、うつ病患者では12%とやはり高い。

 また、うつ病患者は健康な人に比べて、軽度以上の
肥満(BMI25以上)の割合が多いことも特徴的だ。

「状態が悪い時には食事をとれなくなる人も多いため、
食べられるようになると安心して、逆に食べ過ぎになって
しまう人もいます」(功刀氏)

 欧米の研究では、「地中海式食事」がうつのリスクを下げるとして
注目されている。
野菜や果物、シーフード、豆類を中心に、オリーブオイルを使って
調理した食事。それに、一杯の赤ワインだ。

 これに対して、ハム・ソーセージ、ピザ、ハンバーガーといった
加工食品は、うつ病発症のリスクが高いという。

 功刀氏によると、うつ病患者は、ビタミンBの一種である葉酸、
必須アミノ酸のメチオニンとトリプトファン、非必須アミノ酸のチロシンが
不足している傾向も見られる。

「これらは、欧米の研究でもうつ病との関連が指摘されている
栄養素です。葉酸以外のビタミンB類、鉄分、亜鉛、DHAやEPAなども、
不足しがちであると言われています。健康な人にも、うつ病になる
リスクを下げることが期待できるので、積極的に摂取してほしい」(功刀氏)

 ただし、DHAとEPAについては、日本人は一般に欧米人よりも
多く魚介類を食べているので、欧米のデータがそのまま日本人に
あてはまるとは限らない。
「日本人では肉類をもっと食べた方がよいというデータが出てくる
可能性もあります」という。

AERA 2013年6月17日号

うつは、脳血管障害、心筋梗塞、肥満、糖尿病など、メタボ関連の
疾患と互いに関係し、リスクを高め合うと指摘されている。
うつの人は健康な人の7倍も認知症になりやすいというデータもある



地中海料理が健康によい長寿食であることは、欧米では有名で、
いろいろな研究がされています。
日本でも糖尿病の方などが地中海料理を中心に食事療法を
しているという話を聞いたことがあります。

何が一番のポイントかというと、バランスのよい食事です。

地中海料理は、野菜や果物、穀物、お豆、お肉、お魚、
乳製品、木の実類と、海のもの山のものをふんだんに
取り入れたお料理が中心です。

非必須アミノ酸のチロシンはイベリコ生ハムの表面に
出ているアミノ酸の結晶のことです。
ってことは、イベリコ生ハムは、うつ病対策、うつ予防に
いいってことなんですね!

トリプトファンは、セロトニンを作るために必要なアミノ酸。
もちろん、生ハムにも含まれています。
吸収には、ビタミンB6も一緒に摂ったほうがいい、というのは、
先日の、ひまわりの種の記事で書きました。
イベリコ生ハムも、トリプトファン、ビタミンB6どちらも含まれて
います。
おぉ〜って感じです♪

って、いつの間にか、イベリコ豚の生ハムの説明みたいな
感じ、になってしまいました。。。(笑)

良質な食材には、ビタミン・ミネラル、アミノ酸など、健康を保つ
ために必要な栄養成分がいろいろと含まれています。
サプリメントなどのように成分を抽出して生成したものではなく、
食事という形で自然に摂る方が、体にとっても自然でよいので、
バランスの良い食事がお勧めなのです。

あとは、太陽を浴びて、明るく楽しく・・・というライフスタイルも
関係していると思います。

日本の場合は、和食という、すばらしい伝統食がありますが、
西洋料理の中では、地中海料理がある意味、伝統食という
位置づけになると思っています。



現在進行中で、「地中海料理のお話」では、料理の紹介というよりも
オリーブオイル、イベリコ豚や生アーモンドも含めて、地中海食全体の
健康についての情報をピックアップしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が取り扱っている、スペインの食材の紹介はこちらから。。。

◆動物たんぱく質では、イベリコ豚の生ハムがお勧め♪ →こちらをクリック。

◆お肉なら、オレイン酸濃度が高くビタミン・ミネラル豊富なイベリコ豚がお勧め♪ →こちらをクリック。

サフラン、もちろん取り扱っています♪ →こちらをクリック。

◆ナッツの中では、生アーモンドがお勧めです♪ →こちらをクリック。

◆その他、スペイン食材がいろいろ♪ →こちらをクリック。

転載元転載元: スペインの美味しい食卓から

開く コメント(0)

10月12日について

今日の朝、facebookに投稿した文章とメモ的に書いた
コメントをシェアします。

イメージ













雨が降っています。恵みの雨です。
今日は、スペインは祝日です。
1492年にコロンブスが新大陸を発見したということになっています。
スペインでは、お祝いをしますが、中南米諸国の先住民にとっては
侵略が始まった日なので、お祝い気分じゃないのかも・・・。
3年前こんな記事を書きました。

私の妄想の中では、500年前から始まった近現代の大規模な
侵略の歴史を終わらせるための動きの真っ最中の「今」です。
この動きは、私たち一人一人が作っていくものです。
一人一人の力は小さいかもしれません。
でも、一人一人の力がたくさん集まると大きな力になります。
みんなで、本物の愛と自由と平和の世界を実現しましょう♪

写真は、先日撮った、野生の葡萄の木の紅葉とまだ緑の葉っぱ。
まだ、紅葉が始まったばかりで、紅い葉っぱが少ないですが、
もうすぐしたら、全て紅く変わっていきます。
今、その時なのです♪



今日、10月12日は、新大陸発見の日でもありますが、
キリスト教的には、「ピラールの聖母」の祝日なのです。

偶然の一致なのか・・・それとも新大陸を、聖母マリアに
捧げらるためにそのように日付を合わせたのか。。。

上のほうでもシェアしている、3年前に書いた記事
今は、500年前とも、20年前とも違い、
玉石混合といえどもあらゆる情報が公開されています。
通信手段も整っていますから、同志が集い、世界を
変えていくことは可能だと思います。
やるかやらないかは、私たち一人一人の意識と行動だけ
なんだと思います。。。

*************

イメージ













10月12日を考えることは、中世から近現代にかけての
人類の闇に真正面から向き合うことなんですけれど、
あまりにも現代の私たちの生活のベースになってしまって
いて、当たり前すぎて、忘れてしまっていることなのでは
ないかと思います。

2013年から2014年にかけて、スペインと日本の交流400周年
(支倉常長一行がスペイン訪問した)ということで、スペインと
日本の両国でいろいろな行事がありましたが、これも良い部分
だけにスポットを当てただけで、当時の闇は見ないふりをした
ままでした。

たとえば、銃火器を入手したいがために、戦国大名が日本人の
奴隷貿易をしていたことなど、あまり公になっていません。
キリスト教宣教師が、日本について、どのようなことを本国へ
報告していたのか、ということなども。。。

このとき日本を侵略できなかったことが、明治維新を裏から
支援し、「文明開化」という名の独立を保ちながらの精神的
侵略が始まり、第二次世界大戦で総仕上げとなったのだろう
というのが、私の妄想歴史観の核です。
(もっと根は深いんですけれど、これは別の機会で・・・)

まぁ、ネガティブなことを意識なんてしなくてもよくて、
ただ、ポジティブな面だけに集中していたらよいのかも
しれません。
人類は、そのようにして、進化してきたかもしれないけれど、
このままの意識をこれ以上続けていては、未来に希望が感じ
られない、次の世代、次の次の世代につながらないのでは
ないか、という危惧が私にはあるんです。
だから、あえて、書いています。
書くためには、私自身も、真剣に真摯に対峙しています。

為政者に都合よく改ざんされた歴史(いわゆる正史)ではなく、
抹殺された被征服者の歴史に光を当てることで、隠れた真実が
浮き彫りにされてきます。

日本の政治が今、ぐだぐだなのも、実は、1492年の新大陸発見に
端を発する大航海時代、植民地時代に起因しているような氣がして
ならないんです。。。
(その理由の一部は先ほど、書きました。。。)

そのあたりの一部は、以前本宅ブログの「コスモポリタン」
(先ほど書きましたが、根はもっともっと深いんです)

またまた、「521年前の今日・・・(2013-10-12)」から引用。
地球規模、いえ、宇宙規模の大きな2つの枠組みというか
種族の争いが今なお続いているってことなんですよ。。。きっと。。。
そう考えるといろいろとつじつまが合ってくる気がしませんか・・・?」

そして、翌日に書いた記事からも、一部引用します。
「名も無き一般国民のほうが天皇陛下のお言葉を真摯に
受け止めて行動しているのではないでしょうか。。。
そうでないのが、情けないことに、国のリーダーである
はずの多数の政治家の皆さんと、経済界の方々、その他、
エリートと呼ばれている官僚や大手企業の人達なのでは
ないか、って気がします。。。

昭和20年8月15日の昭和天皇のお言葉を拝聴して、
先人達は、戦後の日本を高度成長に導き、世界有数の
経済大国まで引き上げてくれました。
その先人達のバトンをしっかり受け取り、次の世代に
引き継がなくてはいけないのですが、先人達、そして
天皇陛下に恥ずかしくないくらいに、立派に役割を果た
しているのでしょうか?

世界情勢が不安定だし、今まで当たり前だと思っていた
ことが崩れつつある世の中、さらには、地震や災害、
前代未聞の原発事故が起こっているので、現在の状況は、
昭和20年8月15日よりも過酷な状態かもしれません。

でも、私達は、絶望したくなるような現在の危機を乗り
越えて、未来に希望を見出し生き続けなくてはいけないのです。
天皇陛下が普通なら定年して第一線から退いているであろう
高齢にも関わらず、私達の幸せを願い、日夜祈り続けてくれて
いるのですから・・・。」

*************

イメージ













歴史は繰り返す、といいますが、過ちの歴史を繰り返し
続けるのは、もうやめたいなぁ〜って思います。
争い続けること、対立し続けること、もうやめたいです。

そういうことを意識して、2010年の春から「アメーバ」
などをキーワードに、情報発信を強化してきているのですが、
このところ、やっと、その成果が感じられるようになってきました
「パワー♪」の領域に属する人が増えてきたような気がします。

それで、先日から「闇と対峙し浄化する」のフォルダーを作って
総仕上げのように、闇に光を照らして、正面から向き合おうと
いくつか記事を書いてきています。
光が強くなれば、闇も深く強くなりますが、それも必要な過程
なのだと考えています。
闇を排除するのではなく、浄化して、昇華して、光と闇の融合
目指して。。。
二元性超越して、向こう側へ。。。
実現できると、信じています。。。


見たくないもの、聞きたくないもの、知りたくないものは
たくさんあって、目を塞ぎ、耳を塞ぎたくなってしまいます。
でも、それでいいのかな、って思うんです。
見ざる、聞かざる、言わざる、でいいのかな・・・って。

「見ざる、聞かざる、言わざる」で、4年前にこんな記事を
書いたのを思い出しました。


今日見つけた氣になる記事
誰か女性が、自分の好きな男性を(好きすぎて束縛が強い)
手のひらに置いて男性を飲みこもうとしていた。
男性が手のひらにおさまるほど、女性は巨大だった。

1492年以降、特に、産業革命以降、さらに第二次世界大戦以降
「精力的」に、私たち人類がやってきたこと。。。
これを続けることが、本当に正しいことなのでしょうか。
方向転換をするなら、今しかありません。
次の世代に少しでも負の遺産を負わさない為に。。。。

「人類が地球にしていることを的確にとらえた写真11枚」を
逆転させる方法の一つ、エネルギー革命のヒント。
この記事のコメントしたときのお返事。
>太陽光発電とは別に、太陽熱発電というのがあると思いますが、これは、地熱発電に近い数値が出るんじゃないかな、って気がします。
イエスでした。そのとおりでした。
お湯をわかした蒸気でタービンを回して発電する、こんな単純なことに、リスクの高い原子力を使うか、自然のめぐみ、太陽熱を使うか地熱を使うか、ということですよね。
太陽熱は、今現在、743です。
灼熱の砂漠地帯などは、これを使わない手はないですね。


今、オートファジーとオフグリッドがマイ・ブームなんです。
電気システムからオフグリッドして生きることと、
食事をオフグリッドして、オートファジーで生きることが、
なんだか、似てるような氣がして・・・


季節はずれだけれど(笑)
全ての人々に起こりますように
祈りを込めて・・・。



<10月13日追記>
昨日の雨から、急に寒くなりました。
一昨日まで半袖でも大丈夫だったのに、昨日から
防寒ジャケットを着ている人さえいます。

写真のトケイソウ、通常初夏に咲きますが、今年は
一昨日まで暖かかったので、秋咲きしています。

栗は、去年は9月の終わりには収穫が始まり早かった
けれど、今年は、やっと落ち始めたかなって感じです。


<10月18日追記>
「ヤギからのメッセージ」で、先住民に関して書いた
記事のリストを載せたことを思い出しました。

転載元転載元: 人生、波瀾万丈

開く コメント(0)


今週のニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに、心臓病高リスク群において、地中海食+エクストラバージンオリーブあるいはナッツ類による心血管イベント低下作用を示した臨床研究が、スペインのグループから報告されていました。
(N Engl J Med. 2018 Jun 13.)

地中海食やオリーブオイルの効能については、多くのエビデンスが報告されています。

これまでの研究により、

地中海食の遵守と、心血管疾患リスクとの間の負の相関が示唆されています。

今回の研究では、

スペインでの多施設共同研究として、地中海食+エクストラバージンオリーブ、地中海食+ナッツ、低脂肪食の比較が行われました。

(PREDIMED (Prevención con Dieta Mediterránea) 研究の一環です。)


具体的には、

心臓病リスクが高く、かつ、心血管イベントの既往歴がない、
55歳から80歳までの7447名(57%が女性)を対象に、

・地中海食+エクストラバージンオリーブ、

・地中海食+ナッツ、

・低脂肪食

の3群について比較が行われました。

主エンドポイントは、

主な心血管イベント(心筋梗塞、脳卒中、あるいは心血管死亡)です。

平均フォローアップ期間は4.8年間です。

2013年にNEJMに最初のデータが報告されています。

今回の解析では、ランダム化が適切ではないと判断された施設でのデータが除外され、検証が行われています。

解析の結果、

まず、主エンドポイントは288名で見出され、

内訳は、
・地中海食+エクストラバージンオリーブ:96名(3.8%)、
・地中海食+ナッツ:83名(3.4%)、
・低脂肪食:109名(4.4%)
でした。

ITT解析の結果、

対照群(低脂肪食摂取群)に比べて、

地中海食+エクストラバージンオリーブ群では31%リスク低下
(HR;0.69、95% CI, 0.53 to 0.91) 

地中海食+ナッツ群では28%リスク低下
(HR; 0.72, 95% CI, 0.54 to 0.95)

でした。

この結果は、当初のプロトコールから逸脱した1588名のデータを除外した後でも同様でした。

以上のデータから、

心臓病リスクが高い群において、

地中海食+エクストラバージンオリーブ/ナッツは、低脂肪食群よりも、

心筋梗塞や脳卒中などの心血管イベントを低下させる効果が示唆されます。

近年の研究では、
単なるオリーブオイルではなく、
オリーブ由来のポリフェノールが豊富なエクストラバージンオリーブオイルのほうが、優れた機能性を有することが分かってきました。

ただし、日本では、JAS基準のオリーブオイルが出回っており、エクストラバージンオリーブオイルの品質が国際基準と比べて、高くありません。

エクストラバージンオリーブオイルの基準は、
IOC(国際オリーブ協会)では酸度0.8%以下、
JASの基準では酸度が2%未満です。


イメージ 1
















レタスとトマト、オリーブの実、生アーモンドクラッシュのサラダ
SOLEAEのEXVオリーブオイルとさくらんぼビネガーと
ヒマラヤ岩塩で仕上げてます♪

素材そのものの味が楽しめるシンプルなサラダです。
オリーブオイルとビネガーを別の種類のもので組み合わせると
風味が変わって、無限の可能性が広がります。
イメージ 2
お勧めは、こちら、SoeleaeのEXVオリーブオイル。
グリーンスパイシーで風味豊か。
そしてポリフェノール値が高いんです。

イメージ 2











こちら、Sucus Sucusは、Soleaeよりも
マイルドなタイプのEXVオリーブオイル。

イメージ 3












スペイン産マルコナ種生アーモンドは、
体調を整え、健康を保つのにぴったりの
天然のサプリメント。

興味のある方は、ご連絡ください!
amigoplaza@yahoo.co.jp
@を半角に変えてください!
ブログのメッセージ、facebookのメッセージでも。

  ∞ ∞ ∞

オリーブオイルに関する過去記事


  ∞ ∞ ∞

「地中海料理のお話」では、料理の紹介というよりも
オリーブオイルも含めて、地中海食全体の健康についての
情報をピックアップしています。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が取り扱っている、スペインの食材の紹介はこちらから。。。

◆動物たんぱく質では、イベリコ豚の生ハムがお勧め♪ →こちらをクリック。

◆お肉なら、オレイン酸濃度が高くビタミン・ミネラル豊富なイベリコ豚がお勧め♪ →こちらをクリック。

◆ナッツの中では、生アーモンドがお勧めです♪ →こちらをクリック。

◆その他、スペイン食材がいろいろ♪ →こちらをクリック。






◆サラマンカ県南部とカセレス県北部にまたがる山岳地帯の

 生ハム工場、ワイナリー、オリーブオイル生産者、蜂蜜生産者

 栗や果物生産者、イベリコ豚やモルッチョ放牧牛の飼育者の

 見学・訪問の手配・通訳・ご案内できます。

 ご連絡ください。

amigoplaza@yahoo.co.jp

@を半角に変えてください!

ブログのメッセージ、facebookのメッセージでも。



旅行会社のオプショナルツアー(マドリッド発)もあります!

開く コメント(0)

全125ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事