スペインの美味しい食卓から

HOLA, AMIGOS!QUE TAL? GRACIAS POR VUESTRAS VISITAS!

日本へのメッセージ(体の健康)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

24時間の断食、幹細胞の再生能力を劇的に改善
Link de Diet  2018.5.25 EurekAlert 


腸の幹細胞の再生能力は、加齢に伴い徐々に低下する。しかし、
絶食によって、若さに関係なくその能力が劇的に向上することがわかった。

絶食が腸において分子レベルでどう影響するかを調べた、
米国マサチューセッツ工科大学の動物・細胞実験。

腸の幹細胞は腸の全ての新しい細胞の元となるため、
再生能力の低下は胃腸感染症などによる、
腸にとって良くない状態からの回復を困難にするおそれがある。

ところが今回の研究によると、幹細胞の加齢性機能低下は
24時間の断食によって覆らせることができるのだという。
そしてそれは老齢・若年いずれのマウスでも可能だったとのことだ。

絶食時のマウスにおいては、細胞はグルコースの代わりに
脂肪酸を分解しはじめ、幹細胞の再生能力が活性化するという変化が起きる。さらに、同じ代謝的スイッチをONにする分子によって
再生が促進可能であることもわかった。

絶食は腸において多くの効果があり、それは再生を促進するとともに腸に影響を与えるあらゆるタイプの病気に対して応用ができるかもしれないという。

何十年も前から、カロリー摂取を抑えるとヒトも動物も長生きすることが
わかっている。研究チームは、絶食が特に腸において分子レベルでどのような影響があるのかについて関心をもっていた。

腸の幹細胞は、腸の内壁を維持する役割がある。
腸の内壁は約5日ごとに一新されるが、損傷や感染が起こったときに
回復の鍵となるのが幹細胞だ。
加齢に伴い、腸の幹細胞の再生能力は低下するため、
回復にはより時間がかかるようになる。

今回の実験では、24時間絶食後のマウスの腸幹細胞を採取して培養し、
オルガノイド(原形質類器官)を生成できるかを観察した。
すると、絶食マウスから採取した幹細胞は、再生能力が2倍になること、
そしてそれはマウスの若さには関係なく起こることがわかったという。

また、絶食時に糖質の代わりに脂肪酸を代謝させるスイッチは、
PPARsと呼ばれる転写制御因子の活性化を通して生じる。

PPARsは、脂肪酸の代謝に関係する多くの遺伝子をオンにするものだが、
今回、この経路を経ないと絶食による幹細胞再生促進はできないことが
わかったため、この代謝スイッチと再生促進について掘り下げる予定だ
という。

さらには、絶食をしなくても、ある物質の投与によって
再生能力を高めることも可能であるとわかった。

このことは、院内感染や胃腸障害のある高齢者や
化学療法中のがん患者にとっても朗報になりえるかもしれないとのことだ。

出典は『細胞幹細胞』。
 (論文要旨)      

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 ナッツ食で体重増加が抑制できる可能性
Link de Diet. 2017.10.3 EurekAlert 


食事にナッツを含む食品を摂取している人々は、体重増加が抑制され、過体重もしくは肥満リスクが低下できる可能性があるようだ、という米国ロマリンダ大学の研究者らによる研究。欧州10ヶ国の25〜70歳の成人373,000人を対象に行った生活習慣と食生活調査のデータを元に検討した。

歴史的に、エネルギー密度が高く脂質も多いナッツの消費はあまり体重を減らしたいと思っている人にとっては好ましからざる食品であると考えられて来た。しかしながら、本研究によれば、事実は違うようだ。

5年間の追跡研究で、研究者らは、被験者全体で平均で2.1kgの体重増加が見られた事がわかっている。しかしながら、これら被験者の中でもっともナッツ食が多かった層を取り出してみると、体重増加があまり見られなかっただけでなく、5%、ナッツを食べなかった人に比べて過体重及び肥満のリスクが低いことが明らかになったのだ。

つまり、ナッツ類は肥満惹起食ではなさそうなのである。
これは、驚くべきことであると言って良い。

これまでの、いくつかの研究でナッツが様々な健康効果と結びついていることが報告されていて、その中には加齢や高齢に伴う記憶力の改善などの作用が見られるとするものもあった。

本研究はしかしながら初めてナッツと体重を大規模レベルで結びつけた研究である。ピーナツはいわゆる路地ナッツと呼ばれ木の実ではないのだが、本研究にはアーモンド、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ、クルミとともにナッツ類に含められて検討されている。

「欧州がんと栄養に関する前向き調査研究」に登録された373,293人の食生活
データと生活習慣データがBMIとともに分析された。ロマリンダ大学の研究者らは代表研究者としてナッツと体重の関連性を分析したが、欧州12ヶ国かと
マレーシアからの35人の研究者も協力してレヴューにあたっている。

研究者らによれば、ナッツ類がエネルギーや良質な脂肪、たんぱく質や
ビタミン、ミネラル、ファイトケミカルなどを豊富に含有することから、
ナッツ食の機会を増やすことが推奨されるという。

これらナッツ類を食事の中心に据えて、動物性食品と置き換えていっても、
十分に食事として満足のいくものになると指摘している。

出典は『欧州栄養学雑誌』。
 (論文要旨)      

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 こんにちは、ゆかりです。 

 最近イライラすることが多く、ちょっとしたことで頭にカッときてしまい、気分が冴えない…と不安定なその気分は、セロトニン(神経伝達物質)が関係しています。イライラ解消、肩こり予防にも効果のあるセロトニン・ストレッチをご紹介します。太陽の光にあたってすると効果的です。

執筆者:檜垣 暁子

セロトニンは姿勢にも影響?

http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero2.jpg
セロトニンは背骨を支える筋肉にも関与するといわれています

私達の脳の中には、約1兆個の神経細胞があり、あらゆる情報が神経細胞から神経細胞へ伝わっていきます。その時に重要な働きをするのが、神経伝達物質です。

感情のコントロールに関わる神経伝達物質「セロトニン」は、生活のリズムが乱れることで不足してしまい、人とのコミュニケーションがうまくとれなくなるといった心配も生じてきます。(※セロトニン以外の神経伝達物質とのバランスも大切です)
 
そして、セロトニンは背スジを伸ばし姿勢を支えるための筋肉にも作用するという実験結果もあります。しっかりと朝の起床時にセロトニン神経系が働くようにしたいものです。

パニックとセロトニン

 ヒトが強いストレスにさらされた場合に、血圧や心拍数を上昇させるといった交感神経系の働きが高まりますが、これにはノルアドレナリンが関係します。

セロトニンは、ノルアドレナリンを抑制する働きがあるため、セロトニンが不足すると、強い恐怖感や不安感に見舞われパニックを起こす可能性があると言われています。

長期間に渡るストレスの強い生活では、セロトニン不足を招き、感情のコントロールが不安定になりますので、生活のリズムを整える他にも生活環境は大切です。
 

セロトニン不足で痛みに敏感に?

http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero1.jpg
セロトニン不足でイライラしがちに
セロトニン不足では、気分的な問題も生じますが、痛みに対しても敏感になるとも言われています。これは、セロトニンのもつ鎮痛効果が不十分になるためです。その他の症状についても挙げてみましょう。

■セロトニン不足の症状
  • イライラして攻撃的になりやすい。
  • 朝、起床後の気分がすぐれず、体を動かす気になれない。
  • 気持ちが晴れず不安定。
  • きれいな姿勢をシャキっと保ちにくい。
  • 周囲とのコミュニケーションがとりにくくなる。
  • 少しのつらい出来事、状況に耐え難くなる。

     

イライラ解消! セロトニンストレッチ

 セロトニン分泌には、朝の太陽の光を浴びることも大切なため、朝のラジオ体操はとても適していると思います。しかし、出勤前の慌しさで朝は時間の無い人が多いです。


そこで、セロトニン分泌を高めるための重要ポイント「一定のリズム」をとりながら動かす、ということを意識してストレッチを行ってみましょう。オフィスでのイライラと肩こりを解消しましょう!
 

http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero4.jpg
1. 立ち姿勢でも座っていても結構です。顔を正面に向けます。

http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero5.jpg
2.そのまま顔を下にむけます
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero6.jpg
3.両肩をすくめ、脱力を繰り返します
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero7.jpg
4.頭を右に傾けます
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero8.jpg
5. 頭を右に傾けたまま「右肩をギュ〜っとすくめて脱力」を3回繰り返します。

http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero9.jpg
6. 次に同様に頭を左へ傾けます。
7.左肩をすくめて、脱力を繰り返します
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero11.jpg
8. 解りやすいように正面からの写真です。次に10秒間かけて弧を描くストレッチです。右に頭を倒し左頚部を伸ばします。
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero12.jpg

9. 右斜め下に頭を傾け、左後頚部を伸ばします。
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero13.jpg

10. 頭を正面へ動かしていき、後頚部を伸ばします。
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero14.jpg

11. 左斜め下に頭を傾け、右後頚部を伸ばします。
http://img.allabout.co.jp/gm/article/302030/ssero15.jpg

12. 左に頭を倒し右頚部を伸ばします。

セロトニンストレッチの後半での弧を描くストレッチでは、8〜12の動きを流れるように10秒間かけて行うことで、後頚部全体を伸ばすことができます。ゆっくり動かし、痛みが出るようでしたら中止してください。

更新日:2013年08月18日

転載元転載元: 医学部ゆかりの医療ブログ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

《水で》歯周病や虫歯、口臭を予防

「毒出しうがい」

水道水30CCで食後「やり方画像」

病気まで遠ざけるすごい健康法!

認知症、動脈硬化、心臓疾患、

花粉症、肺炎など予防!

歯科医が考案「照山裕子」

ダイエットにも有効!?

歯磨き粉、練り歯磨き不要!

うがいだけで歯の汚れや

食べ物かすをキレイにする方法!



楽天ブックス: 歯科医が考案毒出しうがい - 照山裕子 - 9784776209454 : 本


歯周病や口臭を予防 「毒出しうがい」のやり方とは?【名医のTHE太鼓判】 - NAVER まとめ








口臭を消す方法は水だけうがい!歯周病も防ぐ驚異のうがい法とは | 元気ナースの雑学ブログ(記事は下記に)


【水だけのうがい法】

30mlの水(水道水)を口に含む。
女性は20mlぐらいの方がやりやすいです。
個人の口の大きさに合わせて調節しましょう。
口を閉じて、口の中の水をまず上の歯に向けて「クチュクチュ」
と大きな音を立てながら、強く、速く、10回ぶつけて吐き出します。
同じことを下の歯、右の歯、左の歯に向けて繰り返します。

●心がけること

大きな音がするように強く
口が疲れるくらいに速く
各方向に10回「クチュクチュ」したら
その度に水を吐き出すこと
これだけのことですが、かなりスッキリして、
歯のぬめりがなくなりいい気分です。

ふつうのうがいとは全然違います。

30秒ぐらいでできるので、歯をみがく時間がなくてもこのうがいをするだけで効果的だと思います。

全文は下記に…


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

楽天ブックス: 歯科医が考案毒出しうがい - 照山裕子 - 9784776209454 : 本

【内容情報】(出版社より)
1日3回、
食後に「毒出しうがい」を
するだけで
きれいな歯と健康が手に入る

あなたのうがいは間違いだらけ!

間違ったうがいをしている口内はばい菌だらけ。ばい菌だらけの口内だとこんな危険が!
◎歯周病や虫歯になる
◎口臭がひどくなる
◎動脈硬化の一因になる
◎腎臓の機能を弱らせる
◎認知症を進行させる

その予防・改善に1日3回の
毒出しうがい。

歯周病と口臭を防ぎ、病気まで遠ざけるすごい健康法です!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1日3回、食後の「毒出しうがい」をするだけで、きれいな歯と健康が手に入る!歯周病と口臭を防ぎ、病気まで遠ざけるすごい健康法。糖尿病、動脈硬化、認知症、肺炎、花粉症を予防・改善。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 口の中がすっきりきれいになる毒出しうがいのやり方(毒出しうがいの基本手順/姿勢がいいと水圧がよくかかる! ほか)

/2 歯周病と口臭を予防する毒出しうがい(毒出しうがいで、ばい菌の増殖を防ぐ!/食後8時間でばい菌が悪さをはじめる ほか)

/3 毒出しうがいでここまで健康になる(口内ばい菌が動脈硬化を引き起こす/歯周病になると心臓発作のリスクが約3倍高くなる ほか)

/4 これで完璧!毒出しうがい(1日1回、緑茶で毒出しうがい カテキン効果でばい菌を一掃する/水なら何回うがいしても歯に色はつかない ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

照山裕子(テルヤマユウコ)
歯学博士。厚生労働省歯科医師臨床研修指導医。日本大学歯学部卒業、同大学院歯学研究科にて博士号取得。世界でも専門家が少ない『顎顔面補綴』を専攻し、日本大学歯学部付属歯科病院、東京医科歯科大学歯学部附属病院で積んだ臨床経験から予防医学の重要性を提唱する。現在は都内歯科クリニックにて診療を続ける傍ら、テレビ・ラジオなどメディアにも多数出演している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

口臭を消す方法は水だけうがい!歯周病も防ぐ驚異のうがい法とは | 元気ナースの雑学ブログ

口臭を消す方法は水だけうがい!歯周病も防ぐ驚異のうがい法とは

2017年6月11日 [目・耳・鼻・口]

teeth_ceramic歯最近、年齢とともに、口臭が気になり、また
歯周病が様々な病気の原因になることが言われ
てきて心配になっていました。

そこへ、歯周病が認知症の原因になることが
テレビ各局で放映されて驚きました。

簡単に歯周病を予防する方法はないものかと
思っていたところ、zakzak夕刊フジで、

「歯科医が考案 毒出しうがい
歯周病と口臭を防ぎ病気まで遠ざける
すごい健康法 」(照山裕子著、アスコム刊)
という書籍が紹介され、

うがいの仕方が掲載されていました。

これだ!!と思いましたので、私(元気ナース)
が調べたことと共にメモしておきます。
スポンサーリンク

この記事の目次 [hide]

1 ◆口臭と歯周病の原因は口の中の細菌
1.1 ❖プラーク(歯垢・しこう)とは
2 ◆プラークになる前に悪い細菌を洗い流すうがい法
2.1 ❖水だけのうがい法
2.1.1 ●心がけること
2.1.2 ●やってはいけないこと
3 ◆毒だしうがいの予防効果
4 ◆まとめ

◆口臭と歯周病の原因は口の中の細菌

ヒトの口の中には千億から六千億もの細菌がすみついているのだ
そうです。

あまりの多さに想像もつきませんね。

口臭はそんな細菌が生み出す臭いで、その細菌の中に歯周病菌や
虫歯菌がいるのです。

こんなに多くの細菌を水だけのうがいで洗い流すことなんてできる
のでしょうか。

と思いましたが、すべてが悪い細菌ではないことを思い出しました。

ヒトの消化管や皮膚にいる細菌の大部分は常在菌という細菌で、
病原性を示さず逆に健康を保つための細菌なのでした。
❖プラーク(歯垢・しこう)とは

プラークとは歯周病や虫歯の原因となる細菌が、歯の表面に付着
して黄白色のネバネバになった状態のものです。

食べ物の残りかすや糖分をエサにして増殖し、歯に定着すると
歯石になって、歯槽膿漏(しそうのうろう)や歯肉炎など歯周病
の原因になります。
プラークはまた口臭の原因にもなりますので、プラークになる前
に悪い細菌を除去することが大切なのです。


◆プラークになる前に悪い細菌を洗い流すうがい法

悪い細菌は普通、唾液で大部分は洗い流されるのですが、唾液
が少ない人は残りやすく、唾液の流れが悪い所に付着します。

歯磨きや唾液で除去されない悪い細菌を洗い流すのが
水による「毒出しうがい」なのです。
❖水だけのうがい法

30mlの水(水道水)を口に含む。
女性は20mlぐらいの方がやりやすいです。
個人の口の大きさに合わせて調節しましょう。
口を閉じて、口の中の水をまず上の歯に向けて「クチュクチュ」
と大きな音を立てながら、強く、速く、10回ぶつけて吐き出します。
同じことを下の歯、右の歯、左の歯に向けて繰り返します。

●心がけること

大きな音がするように強く
口が疲れるくらいに速く
各方向に10回「クチュクチュ」したら
その度に水を吐き出すこと
これだけのことですが、かなりスッキリして、
歯のぬめりがなくなりいい気分です。

ふつうのうがいとは全然違います。

30秒ぐらいでできるので、歯をみがく時間がなくてもこのうがいを
するだけで効果的だと思います。
●やってはいけないこと

食後のコーヒーでうがいをするとコーヒーの油脂が歯に付着
して細菌のエサになるからだめ。
同様にジュースやビールなどでうがいしても、糖分が歯に
付着してエサになるからだめ。

歯科医が考案毒出しうがい [ 照山裕子 ]

◆毒だしうがいの予防効果

歯周病、虫歯の再発、口臭、インフルエンザ
動脈硬化、糖尿病、腎不全、早産・低体重出産、関節リウマチ、
アルツハイマー(認知症)など
2.の予防効果は、なぜ?と思いましたが、歯周病によって生じる
病気なのです。歯周病が予防されるので、これらの病気も予防
できるというわけです。
口の周囲の筋肉が確実に強化されるので
口角が上がって若く見えるようになる。
口輪筋が鍛えられて食物の飲み込みが良くなる。
唇がしっかり閉じられるようになる。
ほほの筋肉が引きしまる。
オトガイ筋であごのたるみを防ぐ。
あごの筋肉が鍛えられて、あご下のラインがきれいになる。

など、意外な効果があることがわかりました。

ぜひやろうと思います。あなたもいかがですか。

◆まとめ

水道水だけでできる強力なうがい法。

安くて簡単なわりに、その効果の多さに驚きました。

口臭と歯周病だけでなく、口の周りの筋肉が鍛えられることによる
効果は、美容や健康に多く役に立つことがわかり、うれしくなり
ました。

はじめは、高圧洗浄機みたいなものがあればいいのにと思いました
が、それでは口の周囲の筋肉が鍛えられません。

やはり自分の力でやらなくちゃだめですね。

1日3回で1分30秒でできるのですから、やらない手はないです。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

乳がん、キャスター小林麻央さん34歳で死去!ご冥福を祈ります。2年8カ月…危険ながん治療が命を縮めたもかもしれません!癌より怖いがん治療【がんは自分で治せる】 ガン細胞「無限増殖説」はウソ!免疫力を高めれば癌細胞は消える!体に備わっている自然治癒力を高めて、がんを自然退縮させる!いまだ世界の医学教科書は「ガン細胞無限増殖説」を盲信!医者自身が癌になったら、抗がん剤、三大療法は受けず!食事療法・食養に走る! - みんなが知るべき情報/今日の物語





医者に殺されない47の心得!がんの9割は癌治療するほど命を縮める!恐れるべきは癌ではなく【ガン治療】国、名医たちも「抗がん剤治療に延命効果なし」癌ほど誤診の多い病気はない!乳がん検診の結果は全て忘れなさい!抗がん剤を拒否する決心がついた!抗がん剤を使えば命が延びるという医者を信じるな!癌検診はやればやるほど死者を増やす!ピンピン100歳への体づくりは「毎日タマゴ」から、タマゴは1日…5、6個食べてもOK!医師・近藤誠著氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語



抗がん剤が癌を治せないのは常識!名医たち、厚生省技官!米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている!/癌は砂糖、糖質が好き…がん治療にも糖質制限食が有効!そして食養生と栄養をしっかりとる…!合わせて適度な運動などで体温を上げ、免疫力を高める事が有効のようです!


医者自身が癌になったら、抗がん剤、三大療法は受けず!命を賭けたギャンブル!食事療法・食養に走る! 抗がん剤治療は確率の悪い、命を賭けたギャンブル!効果有効例は、160人中たったの6人!月刊宝島/ 2500人以上のがん死に接してきた、元消化器がん外科専門医・現ホスピス科医の切実な警告!


乳ガンの原因の一つも、砂糖、白米、パン、麺類、スイーツ等、血糖値を急激に上げる食習慣!晩婚、少子化… そして放射能…!⇒食べる順食事で血糖値の急激な上昇を和らげられます。南雲吉則・乳腺専門、ナグモクリニック総院長


菓子パンは超危険!人体が危機的被害…血糖値が乱高下!栄養ゼロで高カロリー!糖尿病、がん、生活習慣病…/食事が菓子パン、ケーキなど、大甘好き、炭水化物好きの人は要注意!子供たちのスポーツチームに怪我が多いのも栄養・食事に問題があるのかもしれない!

アルツハイマー病・認知症は【脳の糖尿病?】砂糖、炭水化ー血糖値急上昇〜食べる順番で予防〜モーニングB


認知症予防にカレー『ターメリック』抗がん、糖尿病、生活習慣病《万能の薬効スパイス》グルミルンが痴呆症の原因…アミロイドβの沈着を防ぐ!カレールーにはカレー粉かターメリックを足しましょう!

健康とダイエットの秘策「食べる順番」ガン、糖尿病、痴呆症など生活習慣病「血糖値太り」秘策…


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…/がん対策の情報も多数掲載

癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!原爆・放射能にも勝った味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌など。ガン予防、再発防止にも「みそスープ」ダイエット、便秘、美肌にも!そして緑茶…
http://blog-imgs-84.fc2.com/k/i/m/kimito39gmailcom/20151128200407439.jpg
http://blog-imgs-102.fc2.com/k/i/m/kimito39gmailcom/20170330142649136.jpg
http://blog-imgs-96.fc2.com/k/i/m/kimito39gmailcom/20160629210536598.jpg

肉・タマゴを食べる人は長生きする【体を作るアルブミンタンパク質】筋肉、血管、免疫細胞、体温上昇


フォローお願い致します→復活マジックアワーTwitter




地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します

転載元転載元: 日々物語

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

こんにちはゆかりです。 

  なぜ心の病気の人は、肥満タイプに多いのか? これはセロトニンが少ないと炭水化物(特に甘いもの)がほしくなるからです。  特にファーストフードなどのメニューでは、これらが考慮されていて甘いものと、ポテトのようにちょっとしおからいものを組み合わせて販売して食欲を高めます。

 うつなどセロトニンが少ない時、これらを食べると更にまた食べたくなります。これが売上げが上がる秘密だそうです。心の病気の人がジャンクフードが好きなのは、このような理由からです。

 女性は男性に比べて元々セロトニンの脳内合成が少ないので、ストレスを感じるような状況におかれると、セロトニンが枯渇状態になって、情緒不安定になったり甘いものを中心とした過食へと走る行動が強く出る傾向があります。下記はタニタのからだカルテからです。とても参考になります。


http://www.karadakarute.jp/mng1/link/images_r08/999/top0.gif
http://www.karadakarute.jp/tanita/images/mobileshokudo/mobile_banner_top.png

 ダイエットも戦略的に!?肥満に関わるホルモンの話

 この「食欲」ってどこから来るのでしょうか?あんまり食べなくても平気な時と、どーしても食べたくてコントロールができない時って何が違うのでしょうか。

食欲を調節するしくみっていったいどうなっているのか少しでもわかって意識できればダイエットもちょっぴり戦略的に変えられるかも・・・?

食欲の波を作ったり身体に脂肪を蓄積させたり消費したりする身体のシステムはとっても複雑で、様々な身体的・精神的機能と関わっているので、まだ解明されていない部分が多いのですが、今回はこれまでに発表されている研究成果の中から肥満に関係すると言われているホルモンについて簡単にご紹介したいと思います。


食欲をコントロールするホルモン

〜脂肪細胞から出る“満腹“サイン「レプチン」〜

 あなたの身体に蓄積している体脂肪、その脂肪細胞から食欲を調整するホルモンが出ていることを知っていますか?このホルモンは「レプチン」と名付けられていて(「痩せる」という意味のギリシャ語が語源)脳の視床下部に作用し「満腹」サインを送って、食べ過ぎを防いでいます。交感神経にも働きかけ、脂肪の蓄積を抑制してエネルギー消費を亢進する作用もあるそうで、未来の「痩せ薬」としても期待されているホルモンです。

脂肪細胞から出ているなら、太った人の方がよく効きそうな気がしますが・・・実はこのレプチン、受け取り方に問題があって、体脂肪の多い肥満の人はレプチンを受け取る「受容体」が反応しにくくなってしまう(レプチン抵抗性といいます)ことがわかっています。常に剛速球のボールが投げ続けられすぎて、受け取るキャッチャーミットが壊れてしまったような状態です。つまり肥満の人はレプチンから「満腹」サインがたくさん出ているにもかかわらず受け取ることができずに、食べ続けてしまう→更に太る→更にレプチン受容体の感受性が鈍くなる→更に食欲抑えられず太る・・・という悪循環に陥りやすいのです。
うう。怖いですね(><。)。そしてある程度痩せればレプチン抵抗性は改善されるのですが、これがすぐに治るかというとそうではなくて、少しタイムラグがあるようなのです。

つまりダイエットで体重が減っても食欲を抑える作用がすぐには戻らないので、食欲は亢進したまま、という状態が一時的にできてしまうのです。この食欲亢進状態に屈してしまうと「リバウンド」を招くのですが、この窮地(?)を強い意志で乗り越えることができれば、そのうちレプチン抵抗性は改善し、食欲を抑えるように働きます。そこまで来ればもう無理しなくても自然に食べ過ぎたりしなくなってかなりラクになってくるそうです。
そう考えるとレプチン抵抗性の改善を待つ間の食欲亢進状態をどう乗り切るかがダイエット成功のカギを握ると言えそうですね。その山さえ越えればあとは楽になるんだから、と自分に言い聞かせ励ましてがんばりましょう(^^)。


〜“安らぎ”と“満腹感”の深い関係「セロトニン」〜

 セロトニンは、脳内の様々な神経伝達物質に作用して「精神を安定させる」役割を持っていて、鬱病や神経症などの治療に使われることで知られていますが、実は「満腹感」を感じさせ、食欲を抑制する作用も持っているのです。

 強いストレスを感じたりイライラする時に甘いものや肉類などを食べたくなった経験はありませんか?セロトニンは、精神安定作用と食欲コントロール作用を合わせ持っているので、不足すると「精神的不安定」と「食べたい!」という欲求がよく連動して現れます。特に甘いものや肉類を食べると一時的にセロトニン分泌が増え、一時的でも気持ちが落ち着くのでこうしたものへの欲求が強くなると言われています。

実は女性は男性に比べて元々セロトニンの脳内合成が少ないので、ストレスを感じるような状況におかれると、セロトニンが枯渇状態になって、情緒不安定になったり甘いものを中心とした過食へと走る行動が男性よりも強く出る傾向があるそうです(だから女性はケーキが大好きなんですよね!)。その上「月経前の体調不良期(PMS期)」には、セロトニンの受け取りを阻害する物質が出るため、更にその傾向が顕著になるとも言われています。


 こうした情緒不安定&食欲亢進状態を落ち着かせて、食べ過ぎを防ぐためにはセロトニン分泌を増やして食欲を抑制することが効果的なのですが、甘いものや高カロリーの肉類を食べることで一時的にしのいでいたのでは結局は過食となり肥満を招いてしまいます。そうしたものを食べることではなく、日常的な行動でセロトニン分泌増加に効果的、と言われていることを図2にまとめました。

食べることで気を紛らわせるのではなく、十分に休息し、ストレス解消&気分転換を上手に行って気持ちを安定・リラックスさせることがセロトニン分泌増加につながり、過食を防ぐことになるのです。食欲を上手にコントロールするためには気持ちが安定し、充実していることも大切なんですね。

〜“もっと食べたい!”あなたをそそのかす食欲亢進ホルモン「グレリン」〜

ここまで「食欲を抑える」作用のホルモンについて紹介してきましたが、今度は反対に食欲を増進させる方へ働く「グレリン」という物質のハナシです。グレリンは、主に胃から分泌され脳の視床下部に働きかけるペプチドホルモンで、食欲を増進させ成長ホルモンの分泌を促進する作用を持っています。

お腹がいっぱいでもう満足しているのに、デザートメニューが差し出されると「別腹」で、ついデザートも食べたくなってしまうことってありませんか?このように“満腹なのに更に美味しいものを”という“誘惑”に負けてしまうのも、グレリンの作用により「美味しいものを摂ることで得られる快楽」を欲求してしまうからではないかと言われています。また、胃の病気や不調で胃壁が破壊されると食欲が無くなるのは胃から分泌されているグレリンの低下による影響もあると考えられています。

このグレリンは、先に紹介したレプチンとは逆に働き、拮抗的な関係で作用して常にバランスをとっていると考えられています。


レプチンが出てくるとグレリンの作用は抑えられ食欲が抑えられますが、レプチンが減ってくると今度はグレリンの作用が働いて食欲が亢進し、「食べたい」衝動を抑えられなくなるのです。

こうしたレプチンとグレリンによる食欲の「抑制」と「亢進」のバランスを安定させるには、先に述べたようにレプチン受容体の働きを鈍らせないよう、過剰な体脂肪の蓄積を減らすことが効果的なのですが、「睡眠」や「規則正しい生活」も大きなカギとなることが最近の研究でわかってきました。

奇しくもセロトニンの分泌増加を図る場合と非常によく似ていて、結局はきちんと睡眠をとり規則正しい生活リズムを持つことがホルモンの助けを引き出して食欲コントロールを上手に行うことにつながってくるんですね・・・。

ところで、食欲を亢進させてしまうグレリンはダイエットにとっては悪者というイメージですが、最近の研究では不整脈を引き起こす心臓の交感神経を鎮静化させる働きがあることがわかり、心筋梗塞等の有効な治療薬になる可能性も期待されています。


肥満やメタボリック症候群によって危険性が高まる心筋梗塞に、食欲を亢進させるホルモンであるグレリンが治療効果を発揮するなんて、なんとも皮肉な、というか、非常に興味深い話ですよね。いやー、人間の身体って奥が深いですねぇ。。。。

〜その他食欲コントロールホルモンに関するトピックス〜

食欲を抑えるホルモンとしては、レプチン、セロトニンだけではなく、食後血糖値を下げるために分泌されるインシュリンも同様の食欲抑制作用を持っています。しかし、インシュリンは血中の糖分をエネルギーとして消費・代謝させる反面、余った分を体脂肪として蓄積させる作用も持っていますから出すぎると肥満を招く方に働き、過剰な状態が続くと今度はインシュリンを受ける作用がうまく働かなくなって(インシュリン抵抗性といいます)糖尿病につながる危険もあります。食欲調整と脂肪蓄積・エネルギー消費の作用はとても複雑に絡み合っているのです。

マウスの実験では、食欲調整作用として男性は糖代謝を司るインシュリンの影響を受けやすく、女性は脂肪組織から出るレプチンの作用を受けやすいという性差が見られるそうです。セロトニン合成能は男性の方が高いですし、こうした男女の違いを男女の身体特徴や嗜好の傾向の違いと合わせて考えてみると、様々な意味を持っていそうで面白いですよね。

 

今回はちょっと小難しい話になってしまいましたがいかがでしたか?
太ってしまう仕組みはただ単に我慢がきかず食べ過ぎてしまうという単純なものではなく体内物質に大きく影響を受けているのです。

忙しくストレスの多い生活を送っている皆さんが、ついつい美味しいものを食べて自分を癒してしまうのは多少仕方が無い部分もあるんですよね。

でも、それも理解しつつ、上手に生活のバランスをとって、ホルモンによる食欲コントロールのチカラをうまく引き出し利用していただきたいと思います。
前向きに、頑張りましょう〜(^^)/。

 

転載元転載元: 医学部ゆかりの医療ブログ

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事