さくらんぼの木の下で

M・ダックス、シーズー、マルシーズー、きじとら猫、三毛猫に会いに来て

全体表示

[ リスト ]

こんにちは

紅葉真っ盛りの我が地方

一昨日毎年行ってる小國神社へ行ってきました

持って行くオヤツを用意してると

イメージ 1


元気に群がってきた、いつもの光景

まさか翌日大変なことになるとは知る由もなく

小國神社到着

イメージ 2


「アタチが案内するからね〜」

イメージ 3



イメージ 4



一番の見ごろで感激したのも束の間、この後本格的な雨?

皆でずぶ濡れになったのでした

よってリナ、しんちゃんの写真なし



そしてよく朝

リナの大量のお水を飲む音で目が醒める

変だな?と思いながら2階から抱っこして降りて下に下ろすも全く動かず

ゴハンも水も飲まず

昨日雨に打たれたから風邪でも引いたのかな?と思い安静にさせて様子を見ることに

午後になっても動かず、しかもトイレも全く行かず

痛がってる様子は全くなく表情も元気に見えたけど、このまま夜に悪くなっても困るので休診日だったけど、かかりつけの病院へ連絡して見てもらうことに

病院で血液検査、レントゲンを撮ってもらってる間もそれほど心配はしてなかったけど、時間がかかり過ぎてるのが気になった

そして先生に呼ばれて診察室に入ると先生が開口一番

「大変なことが起こってます?」と

一瞬で血の気が引く

リナのお腹にエコーを当て説明を聞くと

「大きな腫瘍ができてて破裂したようで緊急に手術して摘出しないと命にかかわります」

先生を信じてお願いして帰宅

無事終わったと連絡来るまで生きた心地しなかった

翌日病院で見せてもらったのは摘出した

5センチ大の腫瘍と脾臓で両方とも血まみれだった

当の本犬は

イメージ 5


意外と元気で一安心

1週間の入院だそうです

そして今日も面会に行ったら

イメージ 6


昨日よりももっと元気で下ろしたら走り出しそうな感じ

傷跡みたら10センチぐらいで痛々しいけど、いつも見慣れてたポンポコリンのお腹がペチャンコになってた

今思うとお腹に重りを付けて散歩したりしてたんだよね
ゴハンも食べるの遅かったけど
歳だから遅くなったと思い込んでた

重りがなくなったから、まおちゃん並みに身軽に走れるようになるかも

まだ良性か悪性かがわからないので、今後のこと考えると不安だけど
手術に耐えた14歳の生命力を信じて楽しく過ごさせてあげたいな〜



イメージ 7



しんちゃんもちゃんと定期検診受けさせなくっちゃ

イメージ 8





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事