心のかけ込み寺 庵 妃慧のブログ

私は今”世界遺産”で脚光を浴びている「熊野古道」をふる里にして生まれた、占い師です。

全体表示

[ リスト ]

昨日の雨は、
東日本を中心に雨雲が発達して、昼過ぎに気象庁は東京都に猛烈な雨が降ったとみられるとし、記録的短時間大雨情報を発表した。今夜10時ごろまでは激しい雷雨のおそれがあり…略

目黒でも夕方強い雨が降ったけど、しかし、この雨は今の私達の生活環境には《恵みの雨だった》。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
昨年の今頃から始まった我がマンションの【大規模修繕工事】。
途中から、北側に16階建てのマンションの部屋が、ニョキニョキと伸びて来て、瞬く間に玄関の廊下側が真っ暗になってしまった。
{あーぁ!哀れ也〜}

今現在は『南側』に14階建てが建つ為に、解体作業真っ盛り。
我がマンションの敷地が広く、42条2項道路になってしまっている。
ここは坪価格が600万円だと言うことで、かなりな金額になる。
その為に昔からの色んな問題が起きて、日々忙しい。

現状は、騒音、振動、何と言っても『埃』が凄い。
何も手に付かないので、パソコンから眼をそらし、紅茶を飲み乍ら煎餅をぽりぽり食べていたら〜。
窓越しに見える解体工事の機械が私の真似をする様な感じで『コンクリート』の壁をバリバリと壊している。
まるで、何の苦も無くコンクリートをである。

イメージ 1

{あーー、アレが何千万?}いとも簡単に崩れ落ちた。
私が煎餅を噛み切るよりも簡単に。

その埃が全部向って来るのです。
我がマンションのベランダに向って…。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
管理会社に連絡して文句を云って貰ってたけれど、私も出て行った。
「工事現場の監督さん居ますか?呼んで下さい」

『はい!私ですが、大変ご迷惑をおかけ致します』
「水を掛け乍ら、解体をして下さい。常識でしょ。それと休憩時間はキチンと守って下さいね。ノイローゼになりそうです。貴男のお名前は?
『今、名刺を持って来ます。お待ち下さい』
「私のポストに入れておいて下さい。◯◯3番です」

『ポストへ入れるのは失礼かと思いまして、持って来ました』
お入りなさい。そして上がってベランダから眺めてご覧なさい」
『あのー、汚れているので…。』

「そんな事、百も承知です。汚れても良いからベランダに出て工事を眺めて見なさい。埃を実際に見て、振動も感じなさい。其れでこそ人の痛みが理解出来るのです。貴男はお幾つですか?
『33歳です』

「私はね、我が子より若い人を苛めているのじゃないのよ。将来ある若者が伸びて行く為に、現場住民の現状を身体で体験して理解する事を諭しているのです。工事現場で働くだけじゃ、近隣住民に上から目線になるだけなの。皆が苦しみつつ協力の下で工事が進むのだと言う事を解って欲しいの。これからは、工事中の散水と夕方工事が終わった後の散水を忘れないでしておいてね。夕方〜皆洗濯物を外に出すのですからね、埃が飛ばない様に後始末して帰って下さいね。それでは事故の無い様に気をつけて頑張ってね。ご苦労様

立ったままの処に、カルピスサイダーを作って出した。

若い監督は、泣いていた。
私が意地悪云ったのじゃないのです。
「隣のマンションの◎長です」
と、挨拶しただけで直立不動になっていた。
その緊張が解れて安堵した涙だったのだろう〜。
男性社会の『規律』には、本当に素晴らしいものがある。

文句を云ったその後すぐ、大雨が降って『埃』がうんと静まった。

どれ、今日も工事の進み具合を写真に撮っておこう。

人夫が帰った後、彼が出て来て『土砂』の散水をしている。
ご苦労様!

施工主は、今問題の
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52480
なのです。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事