ここから本文です
アジアの涼風
「大倭穴友会」改め「アジアの涼風」:日本国内やアジアの国々の歴史・文化を尋ねる旅。

書庫全体表示

当然ですよね。

奈良県の若草山モノレール構想に批判相次ぐ 

2014.7.31 03:59
 「若草山の価値を軽視していた」「場当たり的だ」−。若草山(342メートル)に県が敷設を構想していたモノレールの代替案としてバス運行の検討が決まった30日の県の奈良公園地区整備検討委員会。委員からは、県のモノレール構想をめぐり厳しい批判も相次いだ。県側は「若草山を含む奈良公園の活性化問題は、何十年と放置されていた。手厳しい意見もあったが、バス運行案を前向きに検討したい」とし、今後バス案の具体化を進め、活性化構想を前進させたい考えだ。
                   ◇
 この日、県側はモノレールに代わる案として、トンネル整備▽エレベーターやエスカレーターの設置▽馬車、牛車の活用−などの意見が県民から寄せられたと説明。具体化が実現的な案として、バス運行案と熱気球のフライト案などを提案した。
 県のバス運行案は、新若草山ドライブウェイから管理者用通路を通って「一重目(いちじゅうめ)」まで到達するルートで、現在、奈良公園周辺などで運行されている「ぐるっとバス」の路線の延長を想定。委員からは「舗装や排ガスなどの問題があるが、1番現実味がある」などの意見があった。
 一方、熱気球によるフライト案は、話題性が高いとして提案されたが、気温や天候の影響を受けることから難色が示された。
 また、「若草山のにぎわいを、眺望というピンポイントだけで考えていいのか」と疑問視する意見や、「最初からなぜ、こういう議論ができなかったのかと思う」など、議論の進め方そのものに対する苦言も上がった。
 検討委の委員長を務める増井正哉・奈良女子大生活環境学部教授は、「若草山は多面的な価値を持っている。(モノレール設置が与える影響も)『見えないからいい』と紋切り型で考えると、後で大変なことになってしまう。県は甘くみているところはあったのではないか」と話した。
 県の担当者は「奈良公園を保全し、利活用しようと全体が見えるところまで来た。環境に負荷がない形で、バス案についても考えていきたい」としている。
 
大体こんな、馬鹿げたことを考え付くこと自体、異常だとおもうが。あんなところにモノレール設置したって、かえって不便じゃないかな。
おそらく麓のみやげ物屋が知事の有力な後援団体なんだろうな。まぁ、当然の帰結って感じですね。
 
奈良はもっと夜を楽しく過ごせるようにしないと、観光客も日帰りでしか来ないんじゃないかな。とにかく夜が寂しすぎる、近鉄奈良近辺だと、飲み屋も少ないし・・・泊まるんだったら、大阪や京都にいっちゃうよね。あれだけの観光資源がありながら、閑散とした夜の商店街・・そこを何とかすべきじゃないの?

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事