Lupinの四方山話

徒然なるままに書く四方山ばなしです…




子供の頃は、市のメインストリート(子供の頃はその界隈を”まち”と呼んでいた)に出掛けると、大売出しなんかの宣伝でちょくちょくお目に掛った『ちんどん屋』さん。


でも、とんとその姿を見掛けなくなって久しい気がする。

最早絶滅危惧種に指定されてもおかしくないくらいに、その職に就く方々は激減しているのであろう。

この前見掛けたのは何年前だったろうか?

それすら思い出せないくらいにお目に掛っていない。


それがなんと・・・





遅い昼食を馴染みの蕎麦屋さんで摂っていた時だった。


親父さんと雑談していると、懐かしいフレーズのサックスや鐘の音色がどこからともなく聞こえてくるではないか!


なんだか妙に嬉しくなって、そそくさと勘定を済ませ、音のする方へ足を速めた。



居た居た♪♪♪


一目でそれとわかる風貌の一団が、賑やかに駅前の通りを練り歩いていた。




イメージ 1




声を掛けると、気持ちよくポーズをとってくれる気のいい集団。


これもれっきとした楽団である♪


子供の頃はハーメルンの街の子供達よろしく、この楽団について行きたくなったものである。


今の子供にとっては珍しい集団?

いやいや、一度も見たことない子供の方が多いのではないのかな?


でも、おぢさんにとっては、古き良き昭和を思い起こさせてくれる懐かしい楽団であった。


これからも末永く、次の時代にもずっとずっと、貴重な文化として伝え続けて欲しいと願うのであった。。。






  



この記事に

開く コメント(8)

 
  


Lupinの職場がある葛飾区の某所。

出勤前のひと時を美味しいコーヒーを飲みながらゆっくり過ごすのが日課だ。

しかし、お気に入りの喫茶店が開くのは7時なので、開店までの時間調整で1時間ほど某ファーストフード店で新聞を読むのであるが・・・


今朝は開店時刻の6時になってもシャッターが開くどころか店内に灯すら灯っていない。




イメージ 1








さては店員の寝坊だな・・・


さぁてどうしたものかと店頭で思案していたら、顔馴染みの学生アルバイトのお兄さんが駆け寄って来て、「今朝は鍵を持っているマネージャーがまだ来ていないので、いつ開店できるかわかりません。申し訳ありません。」と神妙に頭を下げた。


単なる学生バイトの身でありながら、社員並みの丁寧な対応。

これにはLupinも「わかった。ありがとう。」と笑顔で返さざるを得なかった。



それにしてもとても好感の持てる誠実な対応である。

日頃から彼の接客には好印象を抱いていたLupinであるが、彼への好感度は更に上がったことは言うまでもない。


そうこうしているうちに、15分程遅れてシャッターが開いたので扉をくぐる。


予想通り、提供できるメニューは限定されたものだけ。

仕方ないのでそのメニューを選んだが、それすら時間がかかるとのこと。

まぁ、開店したてでなんの準備もできてないから致し方ない。



イメージ 2







席で更に待つこと15分程経った頃、件のバイトのお兄さんが申し訳なさそうにオーダーしたマフィンを届けに来たが、セットで頼んだ爽健美茶は更に5分程かかると言う。

ここまでくるともう笑って待つほかはない。


彼方此方で何度も頭を下げて回っているお兄さんが気の毒で仕方ない。



でも、前の職場の近所(同じファーストフード店)でも朝同様の事態が起こったが、共通しているのはアルバイトの店員が申し訳なさそうに丁寧に応対しているのにもかかわらず、不思議と遅刻してきた当の従業員は微塵もそんな素振りを見せないことだ。


本来は逆なんじゃないかい?



でもまぁ、今日は朝から青年の誠実な応対に、清々しい気分で職場に向かえるから良しとしよう・・・


今日はいい日になりそうだ。








   

この記事に

開く コメント(14)

    





日本には四季があり、日本人は季節の移り変わりを楽しむ。


日本人には四季折々の季節感を楽しむという豊かな感性がある。


しかし、商売の世界では季節の移ろいを先取りすることによって、折々のイベント需要を取り込み、売り上げに結び付けようとする。


それはそれで結構なことであり、我々も先取りした季節感を楽しんでいたりする。


しかし、近年はその動きが早まってきており、一つのイベントが終わると直ぐさま次のイベントに向けて動き出すのである。


つい先日の10月31日にはHalloweenのイベントで盛り上がっていたのに、その翌日にショッピングセンターに行けば売り場は早くもクリスマス一色である。



イメージ 1






今ではさすがに慣れてはきているが、その変わり身の早さには商売の厳しさの一端を伺うこともできる。



しかしねぇ、いくら早いと言っても、いくら先取りとは言ってもねぇ・・・


世間はまだHalloweenが終わったばかりで、スーパーなどでは売れ残りのHalloween関連商品の値引き販売をしているすぐそばでは、更なる先取りが行われていたのにはさすがに驚いた。





クリスマスはまだ先だ…なんて思っていたのに・・・






クリスマス商品のすぐ隣に並んでいたのは、なんと鏡餅!!!



イメージ 2




イメージ 3




いやぁ、いくら先取りって言ってもねぇ、さすがに驚きましたよ。





その先には正月のしめ飾りまで並んでるし・・・

イメージ 4






ひょっとしたら数年前からこうだったのかな?



でもいくら先取りって言ってもねぇ・・・


ちょっと違和感を覚えた週末であった・・・






   

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

     




今年も賑やかだったHalloween。


彼方此方で思い思いの仮装をして楽しむ姿が見受けられた。


今やすっかり仮装大会と誤解しているのでは?と思われる我が日本国民であるが、渋谷で馬鹿騒ぎする若者たちのどれ程がHalloweenの本来の趣旨を理解しているのやら…




Halloweenは元々秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いの行事らしい。


しかし、なんでも取り入れて自分流にアレンジしてしまう日本国民にとっては、仮装を楽しむ単なるお祭り騒ぎとなってしまった。


まぁ、日本らしいと言えば日本らしいのか…


と言って、若者に交じって馬鹿騒ぎする気なぞ更々ないLupinであるが、それなりに楽しんでしまったりするのである。





31日は打ち合わせのために出掛けた神田駅周辺で、路地を歩行者天国にして行われていた「ハロウィーン  バル」なるイベントも興味深かった。


ガード下の飲食店を中心とした周辺の店舗の共同企画のようで、路上にテーブルを出しての即席青空バルの出来上がり!


共通の飲食チケットを購入すると、協賛店どこからでも飲み物や料理を購入できるようで、いろいろな店の料理をお好みで楽しめるという趣向。


袖引かれる思いであったが、その後の予定があったので大人しく帰途に就いたのだが、実に楽しそうな青空バルであった♪





さて、LupinもささやかにHalloweenを楽しんでみた。


ジャックオーランタン風のケーキを買っていったところ、いろいろなグッズが何処からともなく出てきて、テーブルの上はすっかりHalloween気分♪♪




イメージ 1






イメージ 2





1ヶ月程前に買ってきたミニサイズのパンプキンにもずいぶんと楽しませてもらった。




イメージ 3







さて、最後に本日のサービスショットを1枚!!!


行きつけの整骨院で見掛けたドナルドダック風の仮装をした?変なおぢさんの写真を1枚パチリ!




イメージ 4






えっ、こんな写真要らないって?


とんだお目汚しでしたね。


こいつは失礼致しました!(笑)








   

この記事に

開く コメント(6)

初めての遭遇!!!






今回も行って来ました衆議院選挙。


台風の雨が激しくなる中、いつもの投票所へ行って来ました。


ところで、選挙といえば報道特番でよく耳にするのが「出口調査の結果によりますと・・・」といういつものフレーズ。


出口調査ってよく聞くけど、何処でやってるんだろう???

いつも不思議に思ってたんですよね???


きっとLupinの地元は田舎だからやらないんだろうね。

同じ選挙区でももう少し都市部でやるんだろう、って思ってました。



ところが、、、


居ましたよ♪






イメージ 1





30年以上選挙に通って初めて遭遇しました。

いやぁ、やっぱり居るもんなんですねぇ。

ひょっとしたら、もう2度とお目に掛れないかもしれない・・・

そう思ったLupinは、興味本位で自分から近付いて行って協力してきましたよ!!!(笑)




この女性はどうやら某日の丸放送局のアルバイトの方のようでした。



いやぁ、貴重な経験でしたよ♪(笑)





 


この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事