全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
 「高祖・劉邦」が漢王朝を樹立してからの第七代皇帝として「劉徹・武帝」が立つ。楚漢戦争からの疲弊を越え、漢帝国は隆盛を極める。
 
 
 今まで懐柔政策を取らざる得なかった匈奴と全面対立、対匈奴侵攻作戦を展開。「衛青」の大将軍の就任と,戦略で歴史は大きく動く。
 
「劉徹・武帝」
156年 - 紀元前87年、在位紀元前141年 - 紀元前87年)は、前漢の第7代皇帝は徹。廟号は世宗。正式な諡号は孝武皇帝。初代皇帝高祖劉邦の曾孫に当たり、父は景帝で、生母は王氏。また、皇太子に立てられる前の王号は膠東王(こうとうおう)。平陽公主ら3人の同母姉がいる。

目次

[非表示]

生涯 [編集]

即位 [編集]

景帝の第十子(第九子とも)として生まれ、魔除けのためあえて悪字を用いた「彘」(てい:ブタの意)の幼名を与えられる。間もなく膠東王に封ぜられる。先に皇太子に立てられていた栗夫人が生んだ長兄の劉栄(栗太子・臨江閔王)を押しのけて即位した。即位に当たって太皇太后の竇氏の意向が強く働いていたために、即位当初は竇氏が実権を握っていた。皇后は伯母の館陶公主劉嫖(景帝の同母姉)が産んだ陳皇后(元勲・陳嬰の孫の堂邑侯陳午の娘)である(このいとこ同士の夫婦の仲は険悪で、祖母の竇太皇太后が亡くなると、近侍の張湯の助言で離縁した)。
呉楚七国の乱により有力な封王が倒れた事で、武帝は中央集権への移行を目指した。
諸侯王が自分の領地を子弟に分け与えて列侯に封建するのを許した。これは推恩の令と呼ばれる。これにより諸侯王の領土は細分化された。
また、郷挙里選の法と呼ばれる官吏任用法を採用した。これは各地方郷里の有力者とその地方の太守が話し合って当地の才能のある人物を推挙するもので、武帝は特に儒教の教養を身につけた人物を登用した。
また董仲舒の献策により五経博士を設置し、儒教を官学とした。[1]
 
イメージ 2

外征 [編集]

これらの体制と文景の治による多大な蓄積を背景に、宿敵匈奴への外征を開始する。高祖劉邦が冒頓単于に敗れて以来、漢はその孫の軍臣単于が君臨する匈奴に対して低姿勢で臨んでいたが、武帝は反攻作戦を画策する。
かつて匈奴に敗れて西へ落ちていった大月氏張騫を派遣する。大月氏との同盟で匈奴の挟撃を狙ったが、同盟は失敗に終わった。しかし張騫の旅行によりそれまで漠然としていた北西部の情勢がはっきりとわかるようになった事が後の対匈奴戦に大きく影響した。
武帝は衛青とその甥の霍去病の両将軍を登用して、匈奴に当たらせ、幾度と無く匈奴を打ち破り、西域を漢の影響下に入れた。更に李広利に命じて、大宛(現/中央アジアのフェルガナ地方)を征服し、汗血馬を獲得した。また南越国に遠征し、郡県に組み入れ、衛氏朝鮮を滅ぼして楽浪郡を初めとする四郡を朝鮮に置いた。
これらの成果により前漢の版図は最大にまで広がり、武帝の治世は前漢の全盛期と賞される。高祖劉邦にすら成し遂げられなかった匈奴打倒を達成した武帝は泰山封禅の儀式を行って、自らの功績を上天に報告した。

治世後半 [編集]

しかし、全盛は退廃への第一歩でもある。華々しい外征の成果と強大な権力は、彼に過大な自信と、絶対的な権威が脅かされる不安の両方をもたらしたと思われる。次第に武帝に直言して諌めるものは遠ざけられ、華美な言葉で帝を礼賛する臣が武帝をとりまくようになる。外征中に『史記』の著者である司馬遷が、知人であった李陵を弁護したことで死刑を命じられ、減刑の結果宮刑を受けた事件や、李陵の妻子を皆殺しにした事件は、後日李陵の無実も判明していることから、武帝の短気で独断的な性格を物語るエピソードとして有名である(司馬遷の項参照)。
財政面でも、外征や自身の不老長寿願望等から来る奢侈により財政の悪化を齎(もたら)し、その解決のため専売や、増税、貨幣改鋳も行なった。これらの負担により流民化する民衆が増え、各地に反乱を誘発させた。
そして同じく後半期には各地で反徒や盗賊の横行が凄まじく、これに頭を抱えた武帝は酷吏という法律至上の官僚を要職に就ける。父の代からの寧成義縦張湯王温舒杜周といった者たちが重用され、各地で取り締まりに当たった。この政策は悪い方面に作用した部分も多い。酷吏の重用による厳罰主義は、とにかく多くの罪人を捕らえて処刑することが官吏の職務であるという風潮を生み、社会不安の根本原因である民衆の困窮への対策が軽視されたため、反乱や犯罪、農民の流民化は一向に収まらなかった。取り締まりの効果が上がらないことに業を煮やした武帝は、反乱や盗賊が発生した地方の長官を厳しく罰することとしたが、これはかえって、罰をおそれた地方長官たちが、盗賊の横行や反乱を朝廷に報告しないまま放置するという事態を招く。
さらに、王温舒などは自分の職権を乱用し、賄賂を請求したり、無実の人を処刑したり、罪人を要職に就けたりしていた。また、異母兄のの敬粛王の劉彭祖(生母は賈氏で、中山靖王劉勝の同母兄)も酷吏のような仕事を好んでやっていたと『史記』五宗世家に記されている。
極めつきが太子の反乱による混乱である。老いにより感情的に不安定になり、迷信深くなった武帝は、神仙思想に傾倒するとともに誰かに呪われているという強迫観念をつのらせ、江充を信任してその探索を命じる。江充は当時皇太子であった戻太子に恨みを買っていたため、武帝死後に戻太子に誅殺される事を恐れ、武帝を呪い殺そうとしているという疑惑を戻太子に被せて殺そうとした。進退窮まった太子は江充を殺し囚人を武装させて挙兵するが、武帝は丞相劉屈氂に鎮圧させた。太子は逃亡したが、後に自殺したとも、殺害されたとも言われる(巫蠱の獄)。
武帝の治世下では誰かを呪い殺そうとしたという罪により処刑された者が多かった。当時の呪いは、巫蠱(ふこ)の術と呼ばれ、人形に呪いたい相手の名前を書き込み、土に埋めるというものだった。この「人形を使う」というところが要所で、証拠の捏造が容易であったため、政敵を陥れたい者や取り締まりの実績を上げたい官吏がこれを悪用することが多く、巫蠱の罪で処刑された者の多くは冤罪だったのではないかと言われる。前出の戻太子の事件のほか、丞相の澎侯・劉屈氂(武帝の甥で、中山王・劉勝の子)はその嗣子の妻が弐師将軍・李広利の娘だったために、李広利の妹が産んだ昌邑王・劉髆を太子にすべく巫蠱を行った。それが仇となり、劉屈氂と李広利の一族は誅殺され、外征中だった李広利は匈奴に投降したものの政敵に殺害されたという。
その後、長い間に皇太子の座は空白だったが、晩年に至り末子の弗陵(後の昭帝)を皇太子とし、霍光金日・上官桀の三人に後を託し、直後に死去した。
 
 

歴史的評価 [編集]

武帝の治世の前期は漢の最盛期であり、中国史上において栄光の時代の一つでもあった。しかし、文景の治による蓄積によっての繁栄であるという見方もあり、後半の悪政も含めて考えれば武帝の評価は分かれる所である。彼自身、外交や遠征などの派手な事業については特筆すべき事柄が多いが、内政に関して見るべきものがない。むしろ、こうした地道な政治を後手に回していたきらいがあり、さかんな造作もあいまって治世末には農民反乱が頻発した。このため、後世は秦の始皇帝と並び「(英邁な資質ではあるが)大事業で民衆を疲弊させた君主」の代表例として、しばしば引き合いに出されることとなる。
また、二十四節気中気を用いて閏月を定める置閏法を採用して太初暦をつくり、これが今でも中国や日本の太陽太陰暦では月名を定める基準となっていることも評価できる。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事