ここから本文です
アンダンテ また旅日記♪
ご訪問ありがとうございます?

書庫全体表示

予告を観て絶対に観たいと思っていた作品
フランス・ポーランド合作
「夜明けの祈り」
イメージ 1

まずは【解説】
「ココ・アヴァン・シャネル」「ボヴァリー夫人とパン屋」の
アンヌ・フォンテーヌ監督が、第二次世界大戦直後の
ポーランドで、悲劇に見舞われた修道女たちの
救世主となった若きフランス人女医の衝撃の実話を基に
描いたヒューマン・ドラマ。
ソ連兵の蛮行によって妊娠してしまった修道女たちが、
自らの篤い信仰ゆえにさらなる苦境に陥るさまと、
そんな彼女たちに懸命に寄り添う主人公の姿を
静謐な映像美で描き出す。
主演は「世界にひとつの金メダル」の
ルー・ドゥ・ラージュ、共演にアガタ・ブゼク、
アガタ・クレシャ、ヴァンサン・マケーニュ。
 1945年12月のポーランド。赤十字の活動に従事する
フランス人医師マチルドは、一人の修道女から助けを請われ、
遠く離れた修道院を訪ねる。そこで彼女が目にしたのは、
戦争末期にソ連兵に暴行されて身ごもり、
臨月を迎えた7人の修道女の姿だった。
命の危険を伴う深刻な事態にもかかわらず、
修道院の閉鎖を恐れる修道院長は、
事実が外部に漏れるようなことは頑なに拒絶する。
そこでマチルドは、彼女たちを自分一人で
守る決意をする。そのため、本来の医療活動をこなしながら
その合間を縫って秘かに修道院に通う過酷な日々を
送るようになるマチルドだったが…。
〜all  cinemaより

一つは
ナチス・ドイツから祖国を解放してくれるはずの
ソ連兵に乱暴される…ソ連兵は酷い と
そういう問題ではなく 人間は洋の東西を問わず
時代を問わず 多くの場合 宗教も問わず
悪になりうる ということか
もう一つ
そして またここでも 弱き者の前に
「神の沈黙」が存在する
神に仕え日々 信心に明け暮れる修道女
様々な事情から修道院にやって来た女性たち
そんな彼女たちに起こったことは恐ろしく残酷だ
でも そのことよりそれが もっと辛いのは
それが 神に背いたことにならないか
そして 自分はどうしたらよいのだろう?
それに 神は応えてくれない…

登場する女医マチルドは 多くは語らず
気休めも言わない 言えないというべきか…
全体に台詞が少なく しんと張り詰めた空気が漂い
グレゴリオ聖歌やバッハ 
マチルドが息抜きするシーンでは少し
ホッとできるハンガリー舞曲(だったかな?)
ポーランドらしく 修道女が弾くピアノはショパン

派手に訴えるシーンはないけれど 静かだからこそ
心に入り込み いつまでも忘れられない作品と
なりそうだ
上映館少ないのが残念!

この記事に

  • 予告気になってました。
    札幌は今週末からなんです。
    なんだか私、泣いちゃいそうな気がします。

    まう

    2017/8/8(火) 午前 8:30

    返信する
  • 顔アイコン

    じゃむまるさん♪
    静かですが心に残る作品でした。記事、楽しみにしています。ナイス!もありがとうございます

    アンダンテ

    2017/8/8(火) 午後 9:28

    返信する
  • 顔アイコン

    kitty loveさん♪
    いつもナイス!をありがとうございます

    アンダンテ

    2017/8/8(火) 午後 9:29

    返信する
  • 顔アイコン

    ジーナさん♪
    ふむ、それは残念ですね。とても良い作品なのでDVDでも是非にと思います。
    ナイス!もありがとうございます

    アンダンテ

    2017/8/8(火) 午後 9:31

    返信する
  • 顔アイコン

    チャコティ副長さん♪
    心に染みる作品だと思います。上映館少ないですが、是非!記事お待ちしています。ナイス!もありがとうございます

    アンダンテ

    2017/8/8(火) 午後 9:33

    返信する
  • 顔アイコン

    irukaさん♪
    ナイス!ありがとうございます

    アンダンテ

    2017/8/8(火) 午後 9:33

    返信する
  • 顔アイコン

    kt9*jpさん♪
    当面は無理かもしれませんが、しばらくしたらDVDは出ると思います。是非ご覧になって下さいませ。ナイス!もありがとうございます

    アンダンテ

    2017/8/8(火) 午後 9:35

    返信する
  • 顔アイコン

    hitomiさん♪
    きっと興味のある作品だと思います。お時間がありましたら是非!書きたいことが沢山おありだと思います。
    六本木歌舞伎、名古屋公演ですね。楽しまれたことと思います。記事拝見にお邪魔いたします。
    ナイス!もありがとうございます

    アンダンテ

    2017/8/8(火) 午後 9:38

    返信する
  • 顔アイコン

    レオンさん♪
    ナイス!ありがとうございます

    アンダンテ

    2017/8/8(火) 午後 9:39

    返信する
  • 顔アイコン

    あゆみさん♪
    こちらにもナイス!ありがとうございます

    アンダンテ

    2017/8/8(火) 午後 9:39

    返信する
  • 顔アイコン

    まうさん♪
    わたくし、涙腺がゆるいものでズッとウルウルしてしまいました。泣くシーンではなかったと思うのですが 記事お待ちしてます。

    アンダンテ

    2017/8/8(火) 午後 9:42

    返信する
  • アバター

    音楽良かったです、TB&引用させてくださいね。

    hitomi

    2017/8/9(水) 午後 7:31

    返信する
  • 顔アイコン

    hitomiさん♪
    本作は観るべき作品と思えますね。TBありがとうございます

    アンダンテ

    2017/8/9(水) 午後 10:05

    返信する
  • 顔アイコン

    mimiさん♪
    お立ち寄り&ナイス!をありがとうございます

    アンダンテ

    2017/8/11(金) 午前 6:43

    返信する
  • 本当に観るべき作品だと思います。
    美しいんですね〜、人も、音楽も、映像も。
    美しいってとても重要なことだと思います。
    でも意味を分かっていない人が「美しい日本を取り戻す」とか言われても、それがこういう悲劇につながるんだよ、と言いたくなってきます。
    TBお願いいたします。

    じゃむとまるこ

    2017/8/16(水) 午前 1:30

    返信する
  • 顔アイコン

    じゃむまるさん♪
    施政者の人たちにこういう作品を沢山観ていただきたいですね。「10万年後の安全」を観た時も東電や政治家全員はコレを観るべきだと思ったのですが。
    TBありがとうございます

    アンダンテ

    2017/8/16(水) 午前 7:11

    返信する
  • 染みましたね.サッド・エンドじゃないのも良かった….
    戦禍とは?宗教とは?命題は種々あれど、弱わき者、そしてまた強き者、汝の名は“女”でしたね.
    トラバさせて下さいね.

    チャコティ副長

    2017/8/22(火) 午後 7:49

    返信する
  • 顔アイコン

    チャコティ副長さん♪
    邦題のように微かな光が見えるラスト、少しでも希望が見えて良かったと、たとえひと時としてもホッとできました。
    TBありがとうございます

    アンダンテ

    2017/8/22(火) 午後 8:46

    返信する
  • 顔アイコン

    院長のしたことは、やはり許されないと感じますが、町のあとのソ連の非道な振る舞いに、やはり憤りを感じますね。
    人命第一の医師としてのマチルダの姿が、尊かったです。
    TBお願いします。

    atts1964

    2017/8/22(火) 午後 9:31

    返信する
  • 顔アイコン

    attsさん♪
    どのような理屈をつけようと殺人ですから院長は決して許されないですね。
    TBありがとうございます

    アンダンテ

    2017/8/23(水) 午前 6:07

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事