過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

観たいような怖いような・・・予告を見た時から心身共に「痛そう」な映画だろうなと思っていた
N・ポートマンがアカデミー主演女優賞をとり前評判も上々

イメージ 1


N・ポートマンは ダイエットをしバレリーナに成りきり バレエのダンス・シーンの殆どを
吹き替えなしで踊ったという その役作りへの執念 アカデミー主演女優賞受賞は当然 と映画を見て納得

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場と隣接するシティ・バレエが舞台の様だ
華やかな世界を舞台に繰り広げられる プリマの座を巡る激しい戦い 
支配的な母との閉鎖的な生活 叶えられなかった自身の夢を当然の事のように娘に押し付ける母
全てをバレエに捧げ ストイックに生活するポートマン扮するニナ 

予告編


誰もが知るチャイコフスキーの「白鳥の湖」の音楽「白鳥と黒鳥」「善と悪」「良心と悪しき心」「美と醜」
繊細なニナの中で 何かが少しずつ変わっていく・・・あるいは 解き放たれる
抑圧されていたものが大きい分 その落差も大きい


解説&ストーリー
「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督が、
野心と嫉妬渦巻くバレエの世界を舞台に描く異色の心理スリラー。
バレエに全てを捧げるヒロインが、新プリマの座を巡って自分とは対照的な勝気な新人ダンサーと
熾烈な競争を繰り広げる中で、次第に精神的に追いつめられていく姿をスリリングに
描き出していく。
主演は、その迫真の演技が絶賛され、みごと自身初となるアカデミー賞主演女優賞にも輝いた
ナタリー・ポートマン。共演にヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、ウィノナ・ライダー。
 ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナは、元ダンサーの母親の期待を一身に背負い、
バレエに全てを捧げて厳しいレッスンに励む日々。そんな彼女に、
バレエ人生最大のチャンスが訪れる。長年バレエ団の象徴的存在だったプリマ・バレリーナ、
ベスの引退を受け、新作の『白鳥の湖』のプリマにニナが抜擢されたのだ。
しかし、白鳥の湖では純真な白鳥役と同時に、奔放で邪悪な黒鳥役も演じなければならない。
優等生タイプのニナにとって、魔性の黒鳥を踊れるかが大きな試練としてたちはだかる。
対照的に、官能的にして大胆不敵な踊りで、芸術監督のルロイに理想的な黒鳥と言わしめた
新人ダンサーのリリー。彼女の台頭によって、不安と焦りが極限まで高まってしまう
                                      ニナだったが…。 
                                〜all cinemaより


役者にとって「壊れた人間」あるいは「壊れて行く人間」「繊細すぎる人間」を演じるのは 
大変だけれど面白く 遣り甲斐のあることに違いない
そんな役を演じて 主演賞を獲得した役者は アカデミー賞だけでも多数いる
ジャック・ニコルソン ピーター・フィンチ ダスティン・ホフマン F・マーリー・エイブラハム
トム・ハンクス ジェフリー・ラッシュ・・・助演も入れると 数えきれない? 

女優陣も ベティ・デイヴィス ヴィヴィアン・リー ジョーン・フォンテイン マーリー・マトリン
キャシー・ベイツ ホリー・ハンター シャーリーズ・セロン・・・と多数

今年の主演男優賞のコリン・ファースも 吃音というハンディを持った役だったし・・・
「ブラック・スワン」で元プリマを演じた ウィノナの壊れ方も真に迫って怖かった!

また役作りのため ポートマンのようにダイエットをするのは当たり前 反対に太るのも大変そうだ
R・デ・二―ロは何十キロも太ったり痩せたり髪も抜いた  B・ピットは歯も抜いた
ジュリア・ロバーツもシャーリーズ・セロンも太った 痩せるより後が大変そうだ!!

今回のポートマンは ただ痩せただけでなくバレエの特訓もこなした所が お見事!!
子供から少女期にバレエのレッスンをしていたというが ここまでするのは大変だっただろう

芸術の世界は 持って生まれた才能と努力 努力を続ける意志 何より強い精神力が必要だ 
長年に渡り プリマ・ドンナ(エトワール)を務めるのは 至難の業だけれど 世界には多くの
プリマやプリンシパル エトワールがいて長い年月その座を守りつつ後進の指導もしている
ニナは たった一回 初日を務めただけで渾身の力を使い果たしてしまった・・・気の毒

ところで 最後のニナの黒鳥「X−メン」入ってました!?
そして カメラがクルクルし過ぎて目が回わったし 予想通り「痛い!!」映画だった
一度観れば十分 何回も観たい映画では無かったな ポートマンは凄いけれど

【追記】
翌日 考えたことをちょっと
前・プリマ(ウィノナ)のベス そしてニナ 2人ものプリマを崖っぷちに追い込んだ
あるいはそんな脆い人材を登用してしまったトーマス(V・カッセル)は 即「首」でしょうね
彼の人材登用 人を観る目の無さが招いた事・・・と言えなくもない?! 
東京で生まれ育ったアンダンテ 亡母は東京「府」出身だが 何代か前は福島県二本松の出身で 
名字が「二本松」という親戚が居る  まんまだ!
亡父は長野県の出身 日本でも有数の豪雪地帯「栄村」だ  アンダンテ 東日本度 高し・・・
栄村 この冬も高齢化した村での豪雪がニュースに取り上げられていた  そして 3月12日未明  
東日本大震災の翌日に マグニチュード6,7という地震が この地域を襲った
 
道路はひび割れ陥没 路肩は大きく崩れている
イメージ 2 
JR飯山線が大きく傾いた写真はご覧になった方もいるだろう
イメージ 1
 
 
冬は雪に閉ざされ 屋根の雪下ろしに四苦八苦し やっと春の兆しが見えた頃地震が襲い
先日は大雨によって 土石流の恐れから再び避難勧告がでたという (現在は解除)
 
甚大な被害を受けた東北各地と共に 長野の雪深いこの村も大きな被害を受けてしまったこと
少しでも心に留めていただけたら・・・この地震は 本当に「栄村」だけだったそうだ
自分自身 父の出身地でなかったら ここまで気に留めなかったかもしれないけれど 
 
 
一時的に義援金を送るのではなく 息の長い支援が出来たらと考えている
 
 
 
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事