過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

最後の映画記事になりました
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
監督はクエンティン・タランティーノ

観終わったばかりで 様々な事が頭の中をクルクル
再見しなくては整理出来ない情報量
観る人の年代によって感想は様々だろうけれど
舞台となった1969年 アンダンテは17歳の高校生
内容は勿論だけれど流れる音楽も懐かし過ぎて
それも頭を駆け巡る

雑感しか書けないけれど メモっておこう

チャールズ・マンソン率いるカルト集団に惨殺された
女優シャロン・テート事件は日本でも報じられた
ショッキングな出来事だった
本作は そのアナザー・ワールドとも言えるか…

映画好きになるキッカケの一つ
スティーブ・マクィーンも登場するし
(初めは違和感あったけれど 再登場シーンでは
そこそこ似てた?)

ヒッピーやフラワー・チルドレンが集団生活する
あの時代 
LAなど西海岸ではLSDやマリファナが流行っていた頃
流れる音楽は懐かさ一杯!
まずは やっぱり今も苦手だったバフィー・セント=メリーの
「サークル・ゲーム」
映画「いちこ白書」のテーマ曲だったかなぁ?
あの女性シンガーの細かいビブラートが苦手で
聴くたびにやめて〜と心で叫んでいたのを思い出した
プロなら ちゃんと腹筋使え〜
シャロンが車を飛ばしながら聴いてました
でも その後「夢のカリフォルニア」がかかったから
中和されて良かった
でも ママス&パパスのオリジナではなかったw

本作の一番の見せ場(というのも不謹慎だけれど)で
流れたのが
ヴァニラ・ファッジ「You Keep Me Hangin’ on」
高校時代に見ていたTV番組のプロローグで流れていた曲
懐かし〜〜

車ファンに楽しい作品かなぁ…とも思ふ

そして やっぱりブラピは好み!
歳はとったけれど それも魅力

少なくとも あと一度は観ようっと

これがyahoo!ブログでの最後の映画記事になります
様々 思い出すことのできる作品で良かった
再見したら まだまだ 発見がありそう


○は高いところが好きと言うけれど
アンダンテは飛行機が好きだ
「翼よ あれがパリの灯だ!」の名言もある
yahoo!ブログの最後に それを掲載して…
と思っていたけれど 容量を使い果たし
もはや 容量100%となり画像がアップできない

というわけで 画像付きはこちらで

明日まではこちらにもアップ予定
何だか義理堅いアンダンテ…だ

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事