映画

[ リスト | 詳細 ]

劇場で観た映画
記事検索
検索
最近 読書の時間がめっきり減ってしまったとはいえ
本屋は大好き 
背表紙を眺めたり気になる本をパラパラと繰ったり
何時間でも時を過ごせる…
そして ビル・ナイが出ているのもポイント高し
「マイ・ブックショップ」
イメージ 1

【ストーリー】
1959年、イギリスの海辺の小さな町。 
戦争未亡人のフローレンスは、夫との夢を
実現するために動き出す。それは、
これまで町に一軒もなかった本屋を
オープンさせるというもの。 
精力的に準備を進めるフローレンスだったが、
保守的な町ではそれを快く思わない人も
少なくなかった。そして地元の有力者
ガマート夫人の執拗な嫌がらせを受けるフローレンス。
それでもどうにか開店にはこぎ着けたものの、
なおも続くガマート夫人の妨害工作で、
次第に経営が立ち行かなくなっていく。
そんな中、町外れの邸宅に40年も
引きこもっている読書好きの老紳士ブランディッシュ氏が
フローレンスの本屋経営を支援し始めるのだったが…
〜all cinemaより

予備知識なく観て「え〜っ!?そうなってしまうの?」な
やり切れなさと理不尽さなのですが 
それだけではない 観て良かった‘と思える作品

DVDで「ラースとその彼女」を先日 観たばかり
主役のエミリー・モーティマと
パトリシア・クラークソンが出演していて
何だか懐かしく観始めたのに 本作では
珍しくパトリシアは嫌な女を演じていたのは
それだけ幅の広い女優ということでしょう

1950年代後半の英国の静かな街
素敵な装丁の本の数々 
ノスタルジックなファッション
静かな会話…

引きこもりブランディッシュ役のビル・ナイ
イメージ 2

過去の「ラブ・アクチュアリー」
「パイレーツ・オブ・カリビアン」
「マリーゴールド・ホテル」
そしてTVドラマ「MI5」シリーズの主役
特にこのドラマ・シリーズがとっても好み
細身で頬のこけた所はクリント風?
でも ビルは1949年生まれだそうで
まだ70歳だったのね!ちょっとビックリ
まだまだ若い これからも活躍に期待

誰でも面白いと思えるかは「?」だけれど
アンダンテは大満足


開く トラックバック(2)

旬の女優二人が共演するサスペンス
「シンプル・フェイバー」
イメージ 1

詳しくは言えませんが二転三転するストーリー
結末やいかに?

【ストーリー】
ニューヨーク郊外に住むシングルマザーのブロガー、
ステファニーは、ひょんなことから
自分とは対照的にエレガントでミステリアスな
ママ友、エミリーと親しくなる。
ある日、ステファニーはエミリーに頼まれ、
彼女の息子を学校に迎えに行く。
ところがその後、いつまでたってもエミリーは
現われず、そのまま行方不明になってしまう。
ステファニーはブログでも情報を募るが、
エミリーの行方は杳として知れず。
そんな中、彼女をミシガン州で
目撃したという情報が入るのだったが…。
〜all cinemaより

見どころは二人の女優の丁々発止の
やり取りでしょうか
そしてエミリーの夫はつい最近シンガポールの
半端ない若き富豪御曹司を演じたあの人 
早速 二大女優との共演に抜擢されたのですね!
あと ちょっとですが顔を見せてくれた
リンダ・カーデリーニ 「グリーンブック」とは
また違う顔を見せています
もうすぐ公開の「ハンターキラー」にも
出演しているようで嬉しい限り…

ブレイク&アナ 割と好きだし 
中々 面白く観てきました


良かった 面白かったし後味も悪くない…
「運び屋」
イメージ 1


前作  当事者の素人を起用して話題になった
「15時17分〜」は 正直 好みではなくて 
これが最後の作品になったら悲しいなぁ
と思っていた 「ハドソン川〜」なら良かったのに…と

でも 本作ではイーストウッド演じる主人公の
人となりや家族との関係など前半でテンポよく見せ  
どうして彼がその道に足を踏み入れたかも
自然と理解出来るような展開になっている
そして 自分が何をしているか理解してからも
続けてしまうその訳も… 
やっぱりイーストウッド 上手いなぁ

「アメリカン・スナイパー」でタッグを組んだ
ブラッドリー・クーパーが登場してからは
どこで繋がって行くのか?など 興味を別の方向に
向けさせつつ 彼の性分から運び屋を辞められなくなる
エピソードも上手く挿入され
結果 どうなって行くか?と引き込まれる

イーストウッドの作品なら出演したい人は
目白押しだろうけれど 娘を含めてブラッドリーも
なるほどなぁな出演陣 
彼との会話も心情が籠っていて泣かせる

「記憶探偵と鍵のかかった少女」で
美しいけれど怖い少女役だったタイッサ・ファーミガも
本作では家族を気遣う普通の娘を演じている
イーストウッド本人も年齢相応の役で
(冒頭では少し若い役でメイクも若作りの方が
大変そう)
クリストファー・プラマーもだけれど
年齢を重ねると演技を超えて
その人物に見えてしまうのはアンダンテだけ?

イーストウッドとの付き合いは長くて
初見は小学校時代のTVドラマ「ローハイド」
イメージ 2
牛を移動させるカウボーイ・ロディ役で
山田康夫が吹き替えだったのを今でも覚えてる
その後マカロニ・ウェスタンダーティー・ハリー
と人気街道真っしぐらだった
「ダーティー・ハリー」一作目は新宿ピカデリーで
観たかな?
そういえばダーティー・ハリーの前に
次を彷彿とさせる「マンハッタン無宿」なんてのも
あったなぁ…

その人が今でも現役で役者も監督もしている
まず それが凄い!!
そして それが面白いというのは本当に凄いです  

映画ファンなら劇場へGO

【追記】
思い出した感想をいくつか…
*映画の中で 妻以外にはマメさを発揮して
女性にモテるアール=クリント 
実生活でも結婚・離婚を繰り返し かつ愛人もいて
婚外子も含めると7人の子供がいるという本人も
こんな感じだった?
彼なら何人子供がいても不自由させることはなかった
かもしれないけれど やはり父は不在だったのね?
*ジャズの造形が深いというクリント 
カーラジオから流れる曲はカントリー&ウェスタンあり
懐かしのポップスありで 本人がそれに合わせて
かなりマジで歌っていて それも聴けるのはオマケかな
*デイリリーを作る園芸家というアール
いつも さりげなく女性に花を贈る…
↑のマメさとダブルりますが女性は嬉しいですね
妻が末期に「最愛の人だった」と語るのも 
若い頃の二人を彷彿とさせるもの
*そして彼女の言葉
「愛する人のそばに居るのにお金は要らないのよ」
お金を使って外面を良くしていた彼にとっては
効いたでしょう

大筋でも細部でもイーストウッドの技が
光っている作品と改めて感じました


88分という尺の中にギュッと緊迫感が
詰まっている?と期待して観に行った作品
聞き慣れない言葉…デンマーク作品だった
イメージ 1

正直「驚異の満足度100%」は
誇大広告でしょ! 

【ストーリー】
捜査中のトラブルにより現場を外された
警察官のアスガー。今は緊急通報指令室の
オペレーター勤務で、元の職場への復帰を
目前にしていた。
そんな彼がある夜受けた通報は、
今まさに誘拐されているという女性からのものだった。
彼女の名はイーベン。走行中の車の中から、
携帯電話で掛けていた。その電話から聞こえる声と音だけを
手掛かりに、犯人の特定とイーベンの救出に全力を
尽くすアスガーだったが…
〜all cinemaより

アイデアとしては 面白い
(以前にも電話の声だけを頼りにってあったけれど)
でも このアスガーに問題ありすぎ
思い込み激しいし 独善的  言葉足らず
素人が考えてもその対処はおかしいでしょ…な感じ
デンマークだって警察としての機能は日本や先進諸国と
変わらないだろうに…
弟のそばに行っていてとしつこくいうところで
何となくヤバいのは予想がつくし
と 突っ込みどころ満載で 鑑賞後感もよろしくない
やはり ある程度 主人公には共感あるいは
感情移入できないとね

登場人物をほぼ一人に絞り道具立は電話のみ
これをもっと面白くしてくれたら 
喜んで観にいきます
アメリカでリメイクが決まったそうだけれど
同じような作品だったら怒る!

【追記】
コメントにも書きましたが 設定は違うものの
似たプロットのJ.ディーバーの作品があって
それもマイナスにつながったかも
アンダンテはビミョーな立ち位置
千葉県民ですが 何か?!
でも 生まれが重要?とすると東京23区生まれですが
何区か ハッキリ言わないのが怪しい?
白鵬堂学院では D組くらいか…
千葉県民になって28年 
東京で暮らしたのは38年…だから?
う〜む まだこだわってるのか自分

というわけで「翔んで埼玉」
イメージ 1

これ 笑えました 千葉県民だからかな?
落花生と地引網? 
はいはい 今や貴重な国産落花生を笑うな!貴重品だぞ!
流石に地引網は引いたことないなぁ

決戦シーンの芸能人・アーティスト対決もウケた
そそ 市原悦子は千葉県出身なのよね
YOSHIKIもだけれど相葉君も山ピーもね
って 今や完全に千葉県愛に満ちているか?
でも 生まれは東京ね

日本中 誰が観ても面白いとは思うけれど
やはり 小ネタが分かる関東地方の人に受けるかな?
浦和・さいたま・大宮・春日部・所沢って結構 分かるw

出演者もそれぞれ演じた県出身?と思ったら  
二階堂ふみちゃんは沖縄だし 伊勢谷友介は東京
何と ブラザー・トムはハワイ?!
麻生久美子は千葉県だそう
で 竹中直人は神奈川県…

横浜生まれは神奈川出身とは言わず横浜
神戸出身者も兵庫県出身とは言わず神戸と
自己紹介するそうです
それぞれ プライドとこだわりがあるのね〜

という訳で お時間あってふみちゃんファンには
おススメ
あと 埼玉県民と千葉県民も観ましょうね

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事