■ヨシ爺の浮世街道■

◆自分の道をまっしぐらに駆け抜けてきた!人との出逢い。別れ。全てが俺の人生だ

うつくしま会津紀行

[ リスト | 詳細 ]

紺碧の猪苗代湖を舞台に、そこに暮らす人々と動植物が織りなす感動と発見を求めて旅をします。
記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

晩秋の彩

もすぐお正月?
一年なんてあっという間の出来事ですね!

猪苗代地方も、日増しに晩秋の彩になってきました。



この記事に

開く コメント(0)

会津の春

厳しかった冬も日増しに遠ざかる今日この頃です。
仕事柄会津地方にはよく行きますが、四季の風景が際立って美しく感じられます。

この記事に

開く コメント(0)

会津磐梯山紅葉

「磐梯山周辺の見どころ」
10月の下旬となり、これからが紅葉の季節になります。
でも、今年の天気が不安定で、曇りや小雨が降る天気には困りました!
紅葉を目当てに、県内外からお客様が来る季節なのにね!
先日は、小名浜からのお客様を送迎いたしました。猪苗代湖畔ホテルからの帰路乗務でしたが、午前中はレークライン経由。磐梯熱海ICから常磐道湯本まで乗車。

イメージ 2
「惚れる送迎乗務」

裏磐梯ゴールドライン。レークライン。スカイラインが、見どころいっぱいですが、車窓からの眺めで、お勧めないい場所があります。郡山から会津に至る中山峠。R49線沿いにある沼上発電所です。
磐越西線も近くを通り、昔の風景そのままを感じます。

イメージ 1
「沼上発電所」

晩秋ならではの綺麗処は、猪苗代湖の落日です。
イメージ 3
「湖畔の落日」

この記事に

開く コメント(0)

夏本番がもうすぐですね!
会津磐梯山麓には観光名所がいっぱいですが、今回はあまり知られていない湖畔ドライブコースを案内いたします。釣りに湖水浴に最適です。
イメージ 1
「鬼沼」

イメージ 2
「湖南沖の釣り人」

イメージ 3
「志田浜」

この記事に

開く コメント(0)

「初めての、蕎麦粉いなわしろ「天の香」蕎麦を打つ」

会津磐梯山の麓は、広大なソバ畑が広がる生産地でもある。
いつもは人気そば店「三四郎」さんから、同店で使用している更科粉を分けて戴いているのだが、新しくできた「猪苗代道の駅」で、ふと目にした蕎麦粉を購入(k1600円)してみました。
蕎麦と一言で言っても、その種類は銘柄だけではなく、蕎麦実の挽き方で味も風味も異なります。やっぱり一番のそば粉は、低速で挽く石臼のそば粉です。35㌔の蕎麦実を3時間以上かけて挽く事によって、石臼の温度が低温で香りが失わず、きめ細かな蕎麦粉が仕上がります。
しかし、量産する市販のそば粉はそこまではできません。

イメージ 1
「新しい味を求めて!さぁ。どうだったでしょうか?」

2月に購入。消費期限が5月半ばだったので、一キロ詰めの袋を一気に手打ちしてみました。
ただ、本格的な打ち台が無く家庭の狭い飯台使用ですから、捏ねは一緒でも二回に分けて仕上げました。

イメージ 3
「粉はやっぱりロール挽きだった。」

期待はしていなかったが、やっぱりロール挽き(機械仕上げ)だった。
初めての粉を使う時、必ずするのがしっかりと「粉を握る」動作です。もし、低速石臼挽きなら、握り手の指紋が鮮明に残ります。今回の粉は、強く握ってもバラバラになりました。詰まり、粉の粒子がまん丸(ロール)だからです。石臼微粒子は、こんぺいとう模様のように、トゲトゲが沢山あります。この狭間に水分が入り込み捏ねやすくなります。

イメージ 2
「今回は外一(小麦粉一割)で仕上げました。」

私が好む蕎麦は、純手打ち(10割)も時折致しますが、基本は「外一」です。
蕎麦は、10割打ちが全ていいとは思っていません!と言うよりも、「色艶。のど越し。角出し。」を作り出すのが、蕎麦打ちの度量だと思っているからです。私は写真を撮る事が好きで、スポニチ全国版のコラムを25年間携わりましたから、味を見る前に食欲を誘う「色艶」をテーマにします。プチプチの表面に、しっとりとした滴るような淡い艶。盛られた蕎麦は、角出し(切り面)があり立ち上がっている。だからこそ汁が纏わりつきます。(※オナゴのお話ではありませんよ!)

能書きが長くなってしまいましたが、打ち立てを賞味しました。
その味の評価は?70点ぐらいかな!特徴と言われても、普通の御蕎麦。
もちろん、猪苗代周辺には人気のお蕎麦屋さんがたくさんありますので、ぜひ会津観光に訪れた際には、猪苗代地方にもお立ち寄り下さいませ!     


この記事に

開く コメント(0)

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事