ここから本文です

書庫全体表示

ウラヤマ会76回目の遠足は、おなじみの甲斐大和泊で南大菩薩稜線散策。
初日は穏やかな秋の天気、翌日は秋の雨。
それでもたくさんの人の参加で楽しい遠足となりました。
夜は砥草庵で、新蕎麦を頂きながらのおなじみ句会。
秋の長い夜は楽しさのうちに更けていったのでありました

イメージ 1






















ソロストーブを囲んでさまざまなこと思い出す談話会。
このあと、田の湯の強アルカリ温泉を堪能し、そのあとはいつもの砥草庵で新蕎麦句会。
秋の夜長の大人の遊び。(子供も参加しましたが、、、)

イメージ 2






















秋の様相が濃いハマイバ丸頂上付近。紅葉がここだけ真っ盛りだった。
あと1週間もすれば全山が赤、黄にそまり、そしてまた1週間もすれば葉は落ち、山は冬の様相となる。
1年は早い。人生も早い。山に行かねば。



イメージ 3

いつもなら富士山の絶景ポイント。この日は秋の雨に視界はさえぎられていた。
長い南大菩薩の稜線のなかにはウラヤマ会のほかにはだれも歩いている人はいなかった。
たまには、こんな秋の雨の中を歩くのもよい。アウトドアーは雨も降るのだから。





この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事