ここから本文です

書庫全体表示

5月16日、17日は恒例の南大菩薩遠足でした。この遠足が92回目の遠足となりました。
100回目は今年の12月です。記念の会報も予定しています。
さて、南大菩薩山麓は落し文が随所で見られます。オトシブミといいう虫が葉に卵を産んでその葉をくるくると葉巻状に巻いて地面に落とすのだそうですが、なんとも、文学的な昆虫ですね。
そんな光景を楽しみながら春の南大菩薩を歩いてきました。

イメージ 1
遠足前日は甲斐の国自然学校でくつろぐ。

イメージ 2
ハマイバマルでランチ。のどかなウラヤマ気分満喫

イメージ 3
大蔵高丸に続く、通い慣れた山道。いついっても素晴らしい

イメージ 4
いつもの写真ポイント。やはり美しく、のどか。

イメージ 5
さてと、目指すは米背負峠。ここから人生いばら坂を通って、1時間ほど。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事