ここから本文です

書庫全体表示

9月25日、秋の長雨の中休み、東丹沢は矢倉岳に登りました。
昨日までの長雨で湿気満山の取付きでしたが、頂上は芒がゆれて、さわやかな風が吹いていました。
思いのほか厳しい登りでしたが、頂上の景色には癒されました。

イメージ 1
いい記念写真が撮れました。カメラマンは吉野さん。
公平さんの頭が白いのは髪の毛ではなく大涌谷の水蒸気。
左手前に大きく映っているのは、足攣り大王、エンちゃん。
今回は足攣り女王はお休みでした。かわりに、しっかり大王様がお役目を果たしました。


イメージ 2
向日葵畑の3少女。このあたりは里の風景もすばらしい。

イメージ 3

右端にはときおり富士山。空は夏と秋の入れ替わる時期の美しい空。
これを、行合の空、というらしい。詩情あふれる空だ。
一句
外輪山行合の空山頭火  堰堤

そしてもう一句
相模湾鷹を眼下の芒かな  堰堤



イメージ 4

山頂はグリーングラスのクッションでおおわれていた。寝転ぶとほのかな秋草の香りがした。
山は一期一山?だ。このメンバーで、この場所で、この眺めを楽しみながらのランチタイムはもうない。
秋の山はそんなことを思わせる。



この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事