ここから本文です

書庫全体表示

8月20日、丹沢の岳の台に行ってきました。
蓑毛からヤビツ峠経由、岳の台のコース。
連日の雨で登山道は湿ってヒルが異常に活性化していました。
とくにヤビツ峠から岳の台までは想像以上のヒルの総攻撃に遭遇。
幸い、血を吸われたひとは少なかったのですが、
そのあと下山後もバスの中、温泉までもヒルを引き連れてきた人もいました。
丹沢の自然を満喫した遠足となりました。

イメージ 1
ほとんど人の通った形跡のない登山道。けものみちにひとしい。


イメージ 2
ヒルチェック。全員にヒルはついています。
多い人は5匹!!

イメージ 3
雨なのか霧なのかわからない湿度200%の山道をあるく。
ヒルには格好の環境。

イメージ 4
頂上の展望台テラスに避難してのランチ。このブルーシートの上もヒルが大手を振って歩いていました。えらいことです。
中央のテーブルは春日亀さんが用意してくれたアボガド。うまかった。ご馳走様。
遠藤さんのおにぎりにはヒルが付いていました。

イメージ 5
笑ってますが皆さんにヒルはついてます。
佐竹さんは風呂場までヒルを連れてきました。
マスビーはバスの中までヒルを連れてきました。
バスの中で運転手のほうにヒルが這って行きました。

霧雨になんどか見舞われましたが雨具を取り出すほどではありませんでした。
ヒルはさすが丹沢の本場だけあって、いっぱいいましたが最後は慣れてしまいました。
このところ人の歩いた形跡のない登山道もヒルも最終的にはよいウラヤマ体験となりました。
ウラヤマには、ヒルも蛇も、ブヨも蚊もいます。景色?霧で一切見えませんでした。


この記事に

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事