ここから本文です

書庫ウラヤマ会遠足記録

ウラヤマ会の月一回の遠足の記録です


ウラヤマ会は月に一回近郊の山にハイキング(遠足)に出かけます。ここにはその記録を収録しています。ウラヤマ会の遠足の記録は以下のフェースブックでもご覧いただけます



記事検索
検索

全38ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

梅日和甲州街道野田尻宿

まだ春浅い3月11日、ウラヤマ会は旧甲州街道を、鳥沢から上野原まで歩きました。距離にして17キロのロングトレールでした。
子ども2人を含んで総勢14名元気に歴史散歩を楽しみました。

イメージ 1
旧甲州街道は野田尻宿でくつろぐ旅の人。

イメージ 2
江戸時代の旅人の疲れを癒す茶屋跡。
もうじきこの辺りは春の花が満開となる。


イメージ 3

子どもたちは、歴史の勉強よりも遊びの勉強。厳しい斜面をどんどん登って行った。


イメージ 4
歩道も、ガードレールもない街道の風景。
電柱と車が無ければ江戸時代。

イメージ 5
ところどころにある、街道の休憩ポイント。よく整備されている。

この記事に

開くトラックバック(0)

2月18日、ウラヤマ会は第128回目の遠足に行ってきました。

藤野駅から歩いていける日連れアルプスです。
晴天無風、春の気配漂う小さなアルプスです。
眼下に相模湖を見下ろしながら初春の稜線歩きを楽しんできました。

イメージ 1
日連山頂上付近のひだまりランチ。
春の日射しと時折感じる冷たい風のバランスが絶妙でした

イメージ 2
アルプスの登り口。
霊験あらたかな後光をうけて、さて登山開始です。総勢24名。


イメージ 3
金剛山直下の登り。コース中最大の難所。
とはいえ、ほんの短い距離。

イメージ 4
初めて撮った集合写真。宝山頂上にて。

イメージ 5
一山全員、ウラヤマ会。
ひと気のないちいさな「アルプス」

この記事に

開くトラックバック(0)

18年初遠足は、丹沢大山の安全祈願登山。
30名弱の参加をいただき、盛大にウラヤマ会安全祈願登山しました。
天気にもみまわれて、関東平野から相模湾、遠くは房総半島、伊豆半島まで見渡せました。
頂上ではまた今年も吉野さんご夫妻による、お汁粉がふるまわれそれはそれは楽しい遠足でした。いい年になりますように。

イメージ 1
頂上直下の見晴らし台から富士山を眺める

イメージ 2
富士山の絶景

イメージ 3


イメージ 4
頂上直下のゴロタ石の登山道、膝が痛くなります。

イメージ 5
遠くまで見渡せました。里ではちょうどどんど焼きの日で、色いろなところから煙が立ち上っています。

イメージ 6
うららかな日を浴びて快適なトレッキング


この記事に

開くトラックバック(0)

唐木田トラッドウオークも今年で2回目。
冬の穏やかな日にめぐまれた、好日となりました。
(写真は芹沢さんのフェースブック写真より拝借いたしました)

イメージ 1
いつもの2バーナーマン、がいつもの2バーナーを背負ってきてくれた。
ありがとう。

イメージ 2
おいしい料理が一杯。

イメージ 3
おしゃれなランチ。これではワインもすすみます。

イメージ 4
鍋奉行殿、今回もよろしくお願いいたします。

イメージ 5
会うたびに成長著しい、ウラヤマキッズたち。頼もしい。


この記事に

開くトラックバック(0)

今年も手白沢温泉に行ってきました。(11月24,25,26日の2泊3日)
今年は、A&F社の赤津さんにも参加いただいて、温泉に浸かりながら面白いお話を一杯伺うことができました。
アウトドアースポーツなどという言葉すらなかった時代から、山に川に遊びを求めて出て行ったは心意気がいまも全く色褪せず赤津さんには残っていました。
なんで山に行くのか、なんで川に出るのか、赤津さんはその解を持っている数少ない人だな、と思った山旅でした。

イメージ 1
ブナ平で一日を過ごす

イメージ 2
鬼怒川上流はちょうどいい具合に雪が降っていた。

イメージ 3
雪の河原で小さな焚火を囲んだ。
暖かさも、煙も、懐かしさもすべてが身に染みる。

イメージ 4

2日目から合流した仲間と大人数の手白沢を楽しんだ。


この記事に

開くトラックバック(0)

全38ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事