ここから本文です

asterisk*cafe 〜おいしいアネ菓子アネごはん〜

書庫全体表示

記事検索
検索

全188ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1


安納芋、大、大、大好物です。
この数年は、お気に入りのお店の注文受け付けが始まる夏の終わりに予約して、11月半ばに届くのを楽しみにしています。


沢山届くので、いろんな食べ方をしますが、基本的には一度焼き芋にしています。

届いたらぜーんぶ焼き芋のして、ちょこっと焼き芋で食べたら、残りは薄切りにして干し芋にしたり、マッシュポテト状(といっても皮をむくだけ)にします。

一部はそのままラップに密封して冷凍。

ニョッキにしたり、お正月の栗きんとんにしたり。

栗きんとん、くちなしが必要ないぐらい、きれいな黄色に出来上がります(о´∀`о)♪


それ以外では、スイートポテト。
安納芋は甘みが強いので、砂糖不使用でも十分甘いデス(●´∀`●)

ちなみに、安納芋は、アルミホイルで包んで焼かない方がわたしは好き。

普通の焼き芋は包んだ方がよさそうですが、安納芋は水分が多いせいか、包むとべっちゃりしちゃって好みじゃないのです。


そんな風にして焼いて、ほっくりしたお芋で作るスイートポテト。

わたしは沢山作って、カチカチになるまで冷凍してから、真空パックしてまた冷凍。1年中食べられます。

食べられますし、美味しいですが。
なーんかやっぱりスイートポテトは秋から冬のおやつって感じですねえ。
寒い時期には冷凍庫から出して食べていたのですが、夏場は登場せず。

ラム酒とシナモンはお好みで♪
特にシナモンは苦手な方が結構いるので、わたしは加えずに作って、焼く時にシナモンOKの人の分だけふりかけて焼いたりしています。


実は写真のスイートポテトは去年のもの。
脱酸素剤入れて真空パックして冷凍しておいたので、10ヶ月たっても全然平気♪ 

今年のお芋がそろそろ届くし、在庫整理しようかと残ってたスイートポテトを焼きました♪


★レシピ
●安納芋のスイートポテト

4〜5人分
■ 材料

 安納芋(小さめ)……4〜5個
 バター(食塩不使用)……大さじ1/2〜1
  ※安納芋のサイズや好みで加減してください
 ラム酒……小さじ1
 塩……ひとつまみ
 シナモンパウダー……適量
  ※好みで加える

 卵黄(照りつけ用)……1個分

■ 作り方
1.安納芋はよくよく洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取り、オーブンペーパーを敷いたオーブントレイに並べる。

2.オーブンの焼き芋モードで焼く。
  ※焼き芋モードがない時は、160℃のオーブンで60〜90分焼く
  ※アルミホイルに包まなくてOK
   安納芋の場合は、包むと水っぽくなるのでオススメしません

3.皮に焦げ目ができて、蜜がしみ出してきたら、取りだして縦に半分に切り、皮を壊さないようにして、スプーンで中身を取り出してボウルに入れる。
  ※皮はきれいに残ったもの5〜6個をバットに並べておく。

4.3の芋にバター、塩ひとつまみ、好みでラム酒、シナモンパウダーを加え、スパチュラで混ぜる。
  ※安納芋はそのままでもクリーミーなのでマッシャーなどで潰さなくてOK

5.皮にを詰めて形を整える。
  ※準備した皮を全部使い切らなくてOK
   フィリングの量によって個数も変えてくださいな。

→ここで冷凍可
  ※バットに並べてラップをかけて冷凍し、カチカチになったら
   真空パックして冷凍すると、かなり日持ちします。
   脱酸素剤を入れておけば1年たっても美味。
   真空パックする時は、スイートポテトとスイートポテトの間に
   隙間を十分設けてからパックすると、空気がしっかり抜けて
   保存状態がよくなります。

6.のスイートポテトに、刷毛で卵黄を塗り、200℃に余熱したオーブンで20分焼く。皮まで美味しくいただけます♪

MEMO
冷凍したスイートポテトは、常温で解凍し、の通りに焼けば美味しくいただけます♪

安納芋は、大きなもので作ってもよいのですが、小さめの方が1個で1人分で食べやすいです。


**********
参加しています♪
**********

当ブログに掲載している全ての記事・レシピ・イラスト・画像の無断転載・二次転載は固くお断りいたします。
特にまとめサイトへの引用使用はご遠慮くださいませ。
Copyright©2007-2016 asterisk*cafe. All rights reserved.

イメージ 1

カレースパゲティナポリタンの隠し味にしているキャラメルソース。

たくさん作って保存しておくと何かと便利、超便利(♡´▽`♡)♪


「キャラメルソース」を料理に、というと、なんか抵抗感じるかもですが。

「焦した砂糖液」と言えば、全然平気になる不思議……(о´∀`о)


調味料としては、とにかく砂糖を加える料理なら、たいていなんでも美味しくなります。

わたしは、市販の食品の材料のところに「カラメル色素」とあるようなものなら、手作りキャラメルソースを入れてよし、と思っています。

たとえば、市販のラーメンに「カラメル色素」とあったら、ラーメンスープを手作りするときにも入れちゃいます。小さじ1とかですけど。

※カラメル色素についてはこちらも♪



調味料としてだけでなく、お菓子作るときにももちろん大活躍。

真ん中の瓶は、50mlのものですが、これに詰めて保存しておけば、友達のうちにお菓子を作って持って行く際に一緒に持参、でもって、ソースはその場でとろっとかけて完成、なんてことも♪

プリンとか、ワッフル&ミルクジェラートとか、ハーベストでミルクレープ、とかね(♡´▽`♡)


アネ、子供の頃は、母の手作りプリンの底に入れられたキャラメルソースが苦手だったんですよねー。

なので、「わたしの分はキャラメル入れないでー!」と毎回頼んで、プレーンなプリンにしてもらっていました。(今は大好きですけど♪)

てことで、キャラメルソース苦手な方もいるかもですし、それに、昔ながらのてっぺんがなんとなく茶色くそまったプリンより、プレーンなプリンにソース後がけの方が、きれいだし、美味しい気もして、自作プリンのときは、キャラメルソース別添え派、デス( ´∀`)

てことで、そんなときにも、このキャラメルソースの作り置きが登場♪


ちなみに、右端の瓶は170mlで、左のはちみつサーバー(100円ショップで購入)の補充用です。

下記のレシピでは、グラニュー糖300gのレシピとなっていますが、わたしはたいてい倍量作って、瓶詰めしています。


以前は、母が好んでコーヒーに茶色いコーヒー用のグラニュー糖を使っていたのですが、あれってグラニュー糖をカラメル色素で着色してるんですよね。。。

※カラメル色素についてはこちらをどうぞ

だったら、キャラメルソースをコーヒーに入れればいいじゃない、ってことで、コーヒーに入れて使ったり。。。


さて、キャラメルソースの作り方ですが。

いくつかコツはありますが、最も大事なポイントは、鍋肌が黒い鍋を使わないってこと、ですかねー。

白い鍋が、ステンレス製の鍋(鍋肌がシルバー)推奨♪

黒い鍋で作っちゃうと、キャラメルソースの色がわからなくて、上手に作れる自信がありません。。。(´・ω・`) 


常備してると何かと便利なキャラメルソース、ぜひお試しくださいな(●´∀`●)ノ


★レシピ
●キャラメルソース(プレーン)

4人分
■ 材料

 グラニュー糖……300g
 水……50ml
 熱湯……140ml
 塩……ひとつまみ

■ 作り方
1.鍋にグラニュー糖を入れて、平らにならし、水を回し入れて、中火〜強火にかける。
  ※ヘラでいじったりせず、そのままそっと加熱させること

2.熱湯140mlを計量し、塩ひとつまみを溶かしておく。

2.5〜10ほどすると、少しずつ色がついてくるので、そうなったら鍋をゆすって、均等に色づくようにする。

3.茶色くなってきたら、火を弱め、熱湯を入れるスタンバイをする。
  ※木べらorシリコンヘラと、熱湯を手元に準備

4.完成したキャラメルソースのイメージの茶色よりちょっと薄めの茶色になったら、火を止めて、木べら(orシリコンヘラ)を伝わせて熱湯を少量ずつ加える。
  ※飛び跳ねて危険なので、直接加えずに木べらを伝わせること。
   また十分注意すること。

5.そのまま余熱で仕上げるか、もうちょっと色を濃くしたければ弱火で加熱して好みの色の一歩手前で火からおろす。
  ※余熱でもどんどん加熱が進むので、一歩手前でやめるのがコツ

6.煮沸して乾かした瓶に入れて保存する。
  ※蓋も熱湯消毒して乾かす。冷暗所で半年ほど持ちます。

MEMO
キャラメルソースは砂糖を煮詰めたものなので基本的には常温でも傷みませんが、わたしは念のため、長期保存分は冷蔵保存しています。
サーバーに入れて使うものは常温で使用しています。

鍋肌が白かシルバーのもので作ると、色が確認できるのでオススメ。

砂糖は沸点が高く、水を入れて作るカラメルソースでも、100℃以上になるため、うっかり火傷すると大事になるかもです。火傷には十分ご注意くださいませ。


**********
参加しています♪
**********

当ブログに掲載している全ての記事・レシピ・イラスト・画像の無断転載・二次転載は固くお断りいたします。
特にまとめサイトへの引用使用はご遠慮くださいませ。
Copyright©2007-2016 asterisk*cafe. All rights reserved.


イメージ 1


昨日ご紹介した、ナポリタンの隠し味3つ
それを使って作ったアネ的ナポリタンレシピです。


ナポリタンなんて、いつも超絶テキトーに作っているのですが、今日はレシピを起こしてみました(●´∀`●)♪

隠し味の効果で、ちょっとスパイシーで、コクがあって、大人味、カモ?

パスタは、今日はたまたま細めのものですが、いつもは太いもの(ゆで時間7分とか9分)だったりもします。

前日茹でて冷蔵庫に入れておいたやつなんかで作っても、もっちりしてお店のナポリタンぽくて美味♪


ちょうど冷蔵庫に、寝かせてたパンチェッタがあったので、今日はこれ入れましたが、市販のベーコンでも、厚切りハムでも、スパムでも、何を入れてもナポリタンは美味しいですよね♪


2人分で玉ねぎ1個は多め、なのですが、パスタの量が控えめなので、わたしには丁度良い感じです。


ところでアネ。
子供時代には、ナポリタンはお店で食べるもの、でした。

なぜか母のレパートリーにはなかったんですよねー。

家のスパゲティといえば、ミートソース一択。
なぜかナポリタンは母の守備範囲外。

てことで、ナポリタンは、たまに旅行などで入るドライブインで食べるもの、でした。

3〜8歳のときに、山形県新庄市に住んでいたアネ、仙台〜新庄を時々車で往復してたのですが、そんなとき「グリル鳥海山」(確かそんな名前)というドライブインで食事をすることが多くて。

家では出ないスパゲティナポリタンが珍しくて、必ず頼んでいたものでした。


大人になってから、「作るの簡単なのは圧倒的にナポリタンなのに、なぜミートソース?」と思い母に聞いたのですが、自分でもよくわからないみたいでした。

「暮しの手帖」なんかのレシピ本を見て、スパゲティを作るようになったのだろうけど、ナポリタンのレシピは載ってなかったからなのか、レパートリーに加わらなかったみたいです。

普通の焼きそばがレシピ本にレシピがない、みたいな感じ、だったのでしょうか?

ナポリタンの方が作るのずっと簡単なのに、ほんと謎です。。。


★レシピ
アネ的スパゲティナポリタン

2人分
■ 材料

 スパゲティ……145〜150g
 オイル(あればオリーブオイルor米油)……小さじ1〜2
 玉ねぎ(薄切り)……1個
 セロリ(葉は一口大に、茎は斜めに薄切り)……1本
 塩豚orパンチェッタorベーコン(拍子木切り)……60g
  ※市販のものでもちろんOK
 塩……ひとつまみ

 白ワイン……大さじ2〜3
 キャラメルソース……小さじ1

 パスタのゆで汁……大さじ2〜3
 スイートチリソース……大さじ1〜2
 チリパウダー……適量(好みで増減してください)
 ブラックペパー……適量
 トマトケチャップ……大さじ3〜4
  ※最初に半量ほど加え、最後に味見して追加するとよい

 バター(無塩)……小さじ1〜2
  ※香りと風味をプラスするためなので入れなくてもOK
 パルメザンチーズ(あれば)……適量

■ 作り方
1.鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(分量外)、スパゲティを入れて、袋に描いてある時間より30秒ほど短い時間で茹でて、ザルで水気を切る。
茹で汁はマグカップひとつ分ぐらい取っておく。

2.(1と同時進行で)
フライパンにオイル、玉ねぎ、セロリ、塩を入れ、中火でしんなりするまで炒めたら、を加え、軽く色がつくまで炒める。

3.塩豚を加え、色が変わって火が通ったら、Bを加えて、混ぜながら炒める。

4.のスパゲティを加え、バターを加えて炒め合わせる。

5.お皿に盛り付け、好みでパルメザンチーズをかけていただく。

◆MEMO
アネ的ナポリタンの隠し味3つについては、こちらをご参照ください。

スイートチリソースとチリパウダーでちょっとピリ辛の大人味です。辛い物が苦手な方、お子さんがいる場合は、量を控えるか、加えないで作り、食べる時にちょこっと加えてもOK

セロリが嫌いなら入れなくてもOK

お好みで、薄切りの人参、細切りのピーマンを加えても美味♪

白ワインがなかったら、スパゲティの茹で汁or水を代わりに入れてください。



**********
参加しています♪
**********

当ブログに掲載している全ての記事・レシピ・イラスト・画像の無断転載・二次転載は固くお断りいたします。
特にまとめサイトへの引用使用はご遠慮くださいませ。
Copyright©2007-2016 asterisk*cafe. All rights reserved.


イメージ 1


わたしのナポリタンの隠し味。
それは……。
キャラメルソース(自家製)
★チリパウダー
★スイートチリソース
です♪

ハイー、カレーの隠し味と全く一緒(●´∀`●)♪


キャラメルソースでコクが出て、また、玉ねぎを炒める時に玉ねぎの風味が増し(メイラード反応を促すため?)、チリパウダーに入ったハーブ類で、他のハーブを加えなくても風味が増し、スイートチリソースのニンニクや唐辛子、酸味の効果で、複雑な味わいに変化する、と、思っております♪


てことで、ナポリタンなんて、いつも超絶テキトーに作ってましたが、せっかくだからレシピを起こしてみました。

気分で、更に、イタリアンハーブミックスを加えたり、庭にイタリアンパセリが茂ってたら乗っけたり、いつも違う作り方ですが、隠し味3つだけはたいてい入れています。キャラメルソースは少量なので、なくてもOKですが、入れるとやっぱり美味しくなります♪


**********
参加しています♪
**********

当ブログに掲載している全ての記事・レシピ・イラスト・画像の無断転載・二次転載は固くお断りいたします。
特にまとめサイトへの引用使用はご遠慮くださいませ。
Copyright©2007-2016 asterisk*cafe. All rights reserved.


イメージ 1


かぼちゃの皮で作ったジャック・オー・ランタンが乗ったかぼちゃのグラタン♪

レシピ自体は大きく変更はしていませんが、写真を撮り直したのでハロウィンシーズンの今またご紹介(●´∀`●)♪


アネ、そもそも、かぼちゃのニョッキが好きなんですよねー。
4種のチーズソースを和えたようなやつ♪

でもニョッキ作る時間がないよー、という時に、かぼちゃをそのままグラタンにしたら実に美味しくて、アネ的定番になったものでした。



お子さんなんかはブルーチーズ嫌いかもしれませんし、「全部のチーズが揃わないよー」という方は、チーズの総量は変えずに、好みのチーズに変えてもOK♪

またシンプルにベシャメルの方が好きという方はベシャメルにするなど、ぜひアレンジして作ってみてくださいな♪


この写真のジャック・オー・ランタンは、りんごの型で抜いていますが、この季節なら100円ショップなどでもかぼちゃのクッキー型が買えるので、それを使えばますます可愛くできますよ♪


★レシピ
かぼちゃのグラタンハロウィン風*2016

4人分
■ 材料

 かぼちゃ……1/2個
 
(チーズソース)
 生クリーム……200ml
 ブルーチーズ(ゴルゴンゾーラなど)……50g
 ピザ用ミックスチーズ……40g
 パルミジャーノレジャーノ(おろして粉状にする)……40g
 白ワイン……100ml
 胡椒……適量

 ピザ用ミックスチーズ(トッピング用)…60g
 サラダオイル(かぼちゃの皮に塗る)……適量

■ 作り方
1.かぼちゃの皮は、型抜きできる大きさに何度かにわけて切り出し、黄色い部分は一口大に切る。(レンジで軽く加熱すると切りやすい)

2.のかぼちゃと皮を蒸し器で蒸す。(沸騰してから5〜6分)

3.蒸した皮を型抜きし、ペティナイフで顔を作りサラダオイルを塗る。
  ※焼いた時に皮が乾きすぎず、ツヤも出て美味しそうに仕上がる
  ※焼く直前にサラダオイルを塗った方がよりよい

4.オーブンを200℃に温め始める。

5.フライパンにの材料を入れ、中火にかけ、とろっとなるまで5〜10分ほど加熱する。

6.5のソースの半量をグラタン皿に入れ、かぼちゃを並べ(皮のジャック・オー・ランタンはまだ乗せない)、残りのソースを注き入れ、ピザ用ミックスチーズ(トッピング用)をふりかける。

7.200℃に温めておいたオーブンに入れ、表面のチーズに焼き色がつくまで15分程焼き、最後に皮のジャック・オー・ランタンを乗せて5分程焼く。

MEMO
チーズの種類はお好みのものに変えてもOK♪
バゲットなどにソースをつけていただくのも美味デス♪



**********
参加しています♪
**********

当ブログに掲載している全ての記事・レシピ・イラスト・画像の無断転載・二次転載は固くお断りいたします。
特にまとめサイトへの引用使用はご遠慮くださいませ。
Copyright©2007-2016 asterisk*cafe. All rights reserved.

全188ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事