ここから本文です
重装機兵ゼニスRVの自問自答の日々
大鎧と剣道を嗜みつつ、憤怒と憂鬱と対峙・葛藤しながら自問自答の日々を綴っています。

書庫全体表示


少し前にまとめた、剣道昇段審査を意識し、精進するための改善点固着と湧出 剣道昇段審査での鍔迫り合いの留意点などの情報を加えたの、文章改善投稿になります。









1.剣道昇段審査・試合に備えるための心構え

前回は、「昇段したい」という想いが強めで、「焦り気味で手数が多くなりがち」で不合格になってしまい夢中になり過ぎたため、「心技体」の「技」に特に問題があったのと、少し我武者羅が強かった、と反省し、最初に「心」関する留意点です。





他の方の剣道関係のブログでは段位審査も昇級審査の時と同じく大切な事は「上手にやりなさい」ではなく、 「元気よく行う」ことと述べられていました。





礼→蹲踞の後の、「蹲踞→構えの動作」を大振りではなく、可能な限り手首の動きで細かく小さい動きで行い残心は中段の場合は中段そのものというより、竹刀の剣先は天の方へ向けることで打たれる隙を減らす。



応じ技」は左手首を主体に動かし、肩や腕の力を抜くには「竹刀を相手に投げる」ような感じで振り下ろす。





相手を選べないため、相手が体格面で有利で体格を活かして積極的に攻めてくる時でも良い意味での「手加減なしで本気で対峙」し妥協しない事。


打たれる覚悟をより高める勇気が必要であるとという意識識をより高め、「しっかり踏み込んで一気に出る正面打ちを、打たれる覚悟で丁寧に行う」ことで「絶対先攻の意思を要求されることが多い昇段審査の実技に挑む勇気を今以上に高める





剣道昇段審査で「鍔迫り合い」の状況になった時は、掛け声を出しながら中段の構えに体勢を戻すことで、「引き技」を可能な限りしないよう努める、という事と、「試合と異なり打たれる覚悟で迷いを可能な限り減らして打ち切る



(矛盾と向き合い「克己忍耐」を、声を枯れる覚悟で出すこと、「守り」主体の思考を徐々に改善し、「一足一刀」大切にする)



昇段審査は試合とは異なり、相手の様子を見るよりも積極的に打ちに行く」、「日本剣道形での足を動かす順序を考察する」、体に負担・負荷が生じないようにするための打ち方や構え方を考察・改善する」を改善



力押しだけではうまくいかないこともありますので、
小手→面」の際は「小手:面=4:6」くらいの強さで打つよう努める」べきとのこと(剣道における力と心の均衡を考えるより)



親指の指先と人差し指の指先で「輪」を作って振る
面打ちの際に右足の膝を可能な限り垂直に跳ぶのを抑え、水平方向に跳ぶ





「普段の稽古通りに行う」
「緊張せず、自信を持つ」
「平常心」と「克己忍耐」の重要さを何度も頭の中で咀嚼する。

とある方の剣道関係のブログでは、「審査に受かる3つの要素とは、 地の利、人の和、(運や)気楽に受ける」と語られていました。




失敗あるいは打たれる覚悟で打った後の腕を真っすぐにするよう意識することを努める
「中段の構えを崩さないこと」で「竹刀でよける」ことを意識する
小手面」で「自分と相手の両方の竹刀の、剣先から約1.5cm地点から打つ」際の「一足一刀の間合い」と「踏み込み方」についての稽古を自分自身の「ぎこちなさ」を可能な限り無くす。









2.一足一刀、相面覚悟、間合いと足さばき

身体で憶えるよう行動し、鍛錬する際に心掛けるには、一足一刀」は「打たれる覚悟が必要で、自分から進んで前に動く」ので、「(生涯剣道する気であるならば)老いていくのだから学生時代の速さ重視の剣道のままでは良くない」ので「一足一刀」に関する認識・意識を高め、「一足一刀」の間合いについて、面打ちを何度も行うことで理解力を高める。




打ち込んだ後に跳ぶ動きを極力無くすよう努力する
胴打ちの際は相手にぶつかる覚悟も必要
「一足一刀の状態での前足と後ろ足の位置の距離をより短くする」




一足一刀の相面覚悟の面打ち
剣先から中結までの竹刀の打突部と間合いが短くなってしまう場合、防具着用時での一足一刀の打ち込みができるよう、意識して今以上に歩幅を短くする





足の踏み込みと打つ動作をより深く意識して右足をしっかり踏み込み、遠くからではなくより近い間合いで、一足一刀の間合いをより速く入り込めるよう努める
「一足一刀」での重心の向け方も前ではなく上にならないようにする
自分なりの間合いを考えたり、相手の心を動かすための動き・足さばきを考える



自分と相手の両方の竹刀の、剣先と中結の中間地点から打つ
一足一刀の時の自分の間合いまでおよそ3歩で徐々に相手に近づいてから打つ」、「面返し胴」や「小手すりあげ面」に対応しやすいよう、「二挙動の打ちから一挙動の打ちへができるようになるための打ち










3.日本剣道形での動き

仕太刀側となった場合、日本剣道形では相手により近づくために歩幅を長くし気迫を今以上に高め、剣先がより相手の顔に近い位置になる」よう相手との間合いを小さくする。(半歩前進と半歩後退の動きを重視し、構えた際の相手との距離は9歩の長さが理想)




打太刀側になった際は1本目は「左上段の構えでの剣先の位置の再確認」3本目の突きでの「手の握りがぶれないようにするための柄の握り方についての再確認」と仕太刀側からの突きの時の足の動かし方を形稽古を通して体に教え込む。




(3本目の「打太刀側の突きの後の仕太刀側からの2度目の突きの後の足さばき」や、4本目「打太刀側は八相の構え、仕太刀側は脇構え」の際に気をつけなくてはならない歩幅や木刀交差後の動き5本目「打太刀側は上段の構え、仕太刀側は中段の構え」での一本目との違いを留意する)




昇段審査直前だけ日本剣道形を行う「付け焼刃」にならないよう剣道形を行う時間を作ること
鏡の前で行う1人稽古では「打太刀→仕太刀」を、打太刀3本の場合は3本目を完了させてから仕太刀を3本目まで行うこと」を教わり、一本目(上段)と二本目(中段)では鎬(しのぎ)を使わないという点に留意





後ろまで振りかぶり過ぎないよう気をつけ、「惻隠の心」と「」を持ち、日本剣道形では姿勢・動作などで直すべきところを確認しあい、何度も問題点を自覚し、体でも覚えるよう学ぶことで克服する。








仁:思いやり
義:人としての道を踏み外さない
礼:礼儀作法を守ること
智:正しい判断・知恵
信:信頼・誠実





惻隠(そくいん)の心
「弱者、敗者、虐げられた者への思いやりと共感」という意味で、
「人を思いやる心」


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事