千の風に癒されて、共に生きて

不思議体験を通して親子の絆を感じてください

「虹の会」と「桜会」

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

3月の虹の会

26日は虹の会でした。都合の悪い方が多くて5名の参加でした。
大樹君のママから8月に行く宮城の一泊旅行の日程表を頂きました。
今から楽しみですね。

おしゃべりの内容は介護のこと、孫育てのこと、信仰について等々。
Tさんは最近ある新聞に度々投稿しているそうです。思いを文章にするのは自分の心を見つめることにつながり、色んな発見があったり、心の整理ができます。頭の老化防止にも!続けられるといいですね。

この記事に

開く コメント(0)

2月26日

先月の虹の会。

桜会のあい子さんが急逝してから初めての「虹の会」でしたので、大樹君のママがお世話して下さった虹の会からの生花と弔電の代金の清算。

Sさんがあい子さん宛に書かれた手紙を披露してくださいました。
先方からお礼に頂いたお菓子を分けて頂きました。

昨年内から「虹と桜の交流会」はあい子さんとSさんが今年は休会にし、一年置いて来年再会しましょうと相談していました。
けれども今となっては来年まで待つよりは今年中にお墓参りに行きたいとの声が上がり、せっかく仙台へ訪問するのなら七夕祭りの日程に合わせて行く方が良い。と言うことに決まりました。
8月6,7,8日が七夕祭りです。
一泊二日の予定で仙台へ行く計画となりました。

昨年夏にSさんが他の友達と東北三大祭り巡りの旅行をして、仙台であい子さんと会ってきました。大きな七夕飾りの下で二人仲良く撮った画像を見せて頂きました。

今夏、あい子さんのお墓参りと七夕祭りとの抱き合わせの仙台訪問となりますが、賑やかなことが好きなあい子さんはきっと喜んで下さることでしょう。
とても残念な別れですが、私たちにとっても楽しみができました。

この記事に

開く コメント(0)

哀悼

2月8日の宮城県河北新報に掲載されました。
イメージ 1
あい子さんに哀悼の意を表しました。
最後の方に「今はただ、ご子息に会えることを信じています。遠く福井の地から・・・」としたのですがカットされてしまいました。
最近はあの世の概念も普通に話されているのに、カットされちょっぴり残念です。載せてほしかったな!


この記事に

開く コメント(0)

突然の訃報!

昨日お昼頃、虹の会の大樹君のママから電話が入りました。
彼女の声が震えていました。桜会のあい子さんが!!

我が耳を疑いましたが、あい子さんは自宅で突然倒れ・・・そのまま帰らぬ人となりました。
奇しくも昨日は桜会の新年会の日だったそうです。
その経緯は大樹君のママのブログをお借りします。

日頃、何が起こっても不思議ではない。歳を重ねた今、どんな病気にかかっても不思議ではないと思ってはいますが・・・。

あい子さんの突然の訃報に接し、驚きと深い悲しみに涙しています。


桜会のメンバーと私たち虹の会のメンバーも含めて、どれだけあい子さんに励まされ、助けられたことでしょうか。
常に仲間を大切に思い、人の為に尽くされたあい子さんは太陽のような人と仲間の一人が話していました。


あの優しい笑顔を決して忘れることはないでしょう。
そしてこれからはお空の上から私たちを太陽のように照らしてくれることでしょう。


「虹と桜の姉妹会」は交流会を重ねる毎に固く強い絆で結ばれています。


あい子さんを失った今、あい子さんの遺志を皆の胸に刻み、道に迷うことなく手と手を繋ぎ、前を向いて歩んで参ります。


今まで頂いたあい子さんの大きな愛に心から「ありがとう!」と申し上げたいと思います。
そして今はただ、天国のご子息に会えるものと信じています。


この記事に

開く コメント(0)

お楽しみ会

1月の虹の会は温泉一泊。
22日、23日に芦原温泉へ行ってきました。お泊りは7名、泊まれなくて夕食だけに参加された方1名。
格安温泉のバイキングディナー。思い思いの料理をチョイスして乾杯!!
皆さん、食べるわ、食べるわ!おしゃべりに花が咲き、時間は過ぎていきます。
皆さん、それぞれのストレスを発散し、温泉にゆっくり浸かり明日への英気を養いました。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事