Angieのレザークラフト修行日記

レザークラフト修行の長い旅にでました・・・

こんにちは

山形県東根市神町でレザークラフトを楽しんでいるangieです。

新緑がまぶしい季節となってきました。

こちら山形では桜が散って街路樹のハナミズキがきれいです。

いつもブログランキングへ応援をいただきありがとうございます。

なお、オーダー製作につきましては直接お会いできる方に限らせていただいております。

Y様よりオーダー品の籐のトートバックのハンドルとタッセルが完成しました。

黒と白の二つのオーダーです。

イメージ 1



ハンドルカバーもタッセルも初めての製作です。

うまくできるか不安でしたがなんとか完成しました。


【タッセルの製作工程】

イメージ 2


タッセルの金具の部分を残して

3ミリ幅でカットしていきます。

(カット幅はお好みでいいと思います。)

イメージ 3



直尺を当てマーキングオールで罫書き線を入れます。


イメージ 4


革包丁でカットします。

イメージ 5

全部切るとタコの足みたいですね。



イメージ 6

最後の部分を薄く漉いてから

くるくる巻いて最後は接着剤で貼り付けます。

ねじを取り付ける部分は細いドリルで穴をあけます。

金具に入れてねじで止めます。



イメージ 7

完成です。(黒の単品の写真を撮り忘れました。)


【ハンドルカバーの製作工程】


最初は型紙作り

ハンドルにラップを巻きます。(写真ではラップを巻いていませんが

巻いた方がいいです。)


イメージ 8



濡らした革をハンドルに巻き付けてクリップで止めます。

イメージ 9


数日後革が乾いたらクリップをはずします。

クリップで止めたラインを切り取ります。

切り取った革を広げて型紙を作ります。

型紙に縫い穴をあける印をつけます。

ディバイダーで3ミリ幅でラインを罫書き

ルーレットで印をつけます。

ピッチは5ミリくらいがいいと思います。

革に型紙を置いて裁断します。

型紙につけた印を革に写して

1ミリくらいのポンチで穴をあけます。

縫っていきます。

イメージ 10


完成です。

イメージ 11


ハンドルカバーの型紙を作る理由は

籐のハンドルの太さが均等ではないため

長方形の型紙では緩い部分に隙間ができてしまうからです。



イメージ 12




イメージ 13

Y様へお渡しして大変喜んでいただきました。

残りのオーダー品も進めさせていただきますので

しばらくお待ちください。

この度はオーダーいただきありがとうございました。



玄関先に置いていた君子蘭がきれいに咲きました。


イメージ 14




今日はこの辺で

人気ブログランキングに登録しています。 

↓ 下のボタンをポチッと押していただけると

次に投稿する励みになります。




開く コメント(6)


お久しぶりです。

長いゴールデンウイークも終わりました。

私は年金生活者なので毎日がゴールデンウイークみたいな

感じもします。(笑)

もう早いもので5月に入り年号も新しくなり

皇太子さまが天皇に即位して時代は早いテンポで

変わってしまいました。

山形県東根市神町でレザークラフトを楽しんでいるangieです。

もうとっくに桜も散りました。

ブログ更新が滞っていて

せっかく満開の桜を撮っていたのに投稿する機会がなくて

もったいないのでアップします。

「青い空と満開の桜と老人」(笑)


イメージ 1



「犬と散歩する老人」

イメージ 2



新しいカードケース(幅広タイプ)を使ったカードケースを製作しました。

型紙を起こして荒裁ちします。

床面を処理します。



イメージ 3



貼り合わせて縫います。

表と裏それぞれに菱目を開けてから貼り合わせるので

ずれないように気を付けます。

イメージ 4


縫いが終わりました。

イメージ 5



内側は左右にカードが入るようにポケットをつけました。

イメージ 6




イメージ 7




イメージ 8


試しにカードを入れてみます。

幅広タイプのカードケースなので入れやすく取りやすいです。

イメージ 9


左右のカードポケットもスムーズに入ります。

イメージ 10




イメージ 11




イメージ 12



以前製作したカードケースと比べてみました。

イメージ 13


一回り大きいサイズです。

イメージ 14

仕様
表革:栃木レザーボーノアリニンのナチュラル 1.0ミリ厚
裏革:栃木レザーボーノアリニンのブラウン  1.0ミリ厚
糸:ビニモMBTの5番 カラー108
カードホルダー:芯入り10枚用(実際は裏表で20枚入ります)



これはサンプル品にする予定です。

サンプル品がスムーズに製作できたので

オーダー品の製作にはいります。


相変わらず仲のいい二匹です。

イメージ 15


いつもブログランキングへ応援をいただきありがとうございます。

なお、オーダー製作につきましては直接お会いできる方に限らせていただいております。


今日はこの辺で








人気ブログランキングに登録しています。 

↓ 下のボタンをポチッと押していただけると

次に投稿する励みになります。



開く コメント(6)


こんにちは

山形県東根市神町でレザークラフトを楽しんでいるangieです。

4月になっても寒い日が続き

なかなか桜が咲きそうな天気になりません。

満開の桜の下でお花見がしたいです。

もちろん団子もいただきながら。(笑)


いつもブログランキングへ応援をいただきありがとうございます。

なお、オーダー製作につきましては直接お会いできる方に限らせていただいております。


ホックやジャンパホック打ちは苦手な作業のひとつです。

木槌でトントンと慎重に打ってもホックの頭を強く打ち過ぎて

跡が付いたりする時があります。

なんとか解消したいと思い、思い切ってハンドプレス大を購入しました。

イメージ 1


早速、余っていた板に取り付けて

高価な駒もすぐ取り出せるように板にプラケースを付けました。


イメージ 2

試しに今まで使っていたマルチプレートとハンドプレスで

同じホックを打ってみました。

たまたまなのかほぼ差がありませんでした。

買う意味がなかったような不安にかられ(笑)

打刻音の問題が解決するということで良しとします。

イメージ 3


駒はホックが2種類とジャンパホックが1種類そろえました。

値段が高いので必要になったらまた購入することにします。





中国製のへり落としを5本セットで購入しました。

イメージ 4



へり落としは今までも何種類か持っていますが、いまいちな感じでした。

私の研ぎが悪いのかもしれませんが?(笑)


番数の付け方が日本製と違います。

日本製は1#が細いと思いますが、これは1#が一番太いです。

中国製の特色なのでしょうか?

刃先が長いのでかなり研いでも死ぬまで使えそうです。(笑)

イメージ 5



試しに落としてみました。

吟面は軽い力でスルスルと落とせました。

イメージ 6



床面はいつも切れにくいので少し力を入れてみたら

へりを通り越して中まで切れてしまいました。

恐ろしい切れ味です。

イメージ 7



5本の内1本だけリングが外れていました。

ボンドで接着しました。


イメージ 8


最近中国製のレザークラフトツールが増えています。

以前は粗悪品が多いだろうという先入観があり買おうとも

思いませんでしたが、最近のクオリティーは高いなと思います。

日本製ももっと頑張ってほしいです。

これ5本買っても日本製やアメリカ製の1本分の値段です。

恐るべし中国製




ブッテーロのダークブラウンを購入しました。

広げるとブッテーロのいい香りが部屋に広がります。

イメージ 9


憧れのブッテーロでウォレットを作りましょうか。


今日はこの辺で

人気ブログランキングに登録しています。 

↓ 下のボタンをポチッと押していただけると

次に投稿する励みになります。





開く コメント(10)



こんにちは。

昨日は新しい元号が決まりました。

令和って意外でしたね。

ちょっと違和感がありますが、そのうち慣れるでしょう。

東京では桜が咲いたというのにこちら山形は昨夜から雪が降ったりやんだり

いつになったら春らしい日が来るのか?


山形県東根市神町でレザークラフトを楽しんでいるangieです。

いつも皆様からブログランキングへたくさんの応援をいただきありがとうございます。

おかげさまでいつも10位以内に入っていることが多いです。

現在新たな製作拠点をスタートすべく準備中です。

なお、オーダー製作につきましては直接お会いできる方に限らせていただいております。


ネイビーのコードバンを使った二つ折りロングウォレットを製作しました。

型紙屋さんの型紙を使って説明書どおりに作ってみました。(自分用です)

イメージ 1


この輝くような艶

しびれます。


【製作工程】

高価なコードバンを切り出します。

カッタを持つ手も震えがきます。(笑)

イメージ 2



どのくらい高価かというと個体差がありますが

1枚でこのくらいの面積しかありません。

これは小さい方だと思います。

ぎりぎりでもう一つロングウォレットが取れるかなという厳しさ

馬のお尻のほっぺた部分なので貴重な革ですね。

イメージ 3



内装はイタリアンレザーのタンで

型紙を並べて荒裁ちします。

イメージ 4


型紙通りに裁断完了して

漉きをいれたり、床面を洗ったり、コバを磨いたりします。

結構下ごしらえに時間がかかります。

イメージ 5



いきなりですが、カードケースとコインケースができました。

イメージ 6



コインケースにマチを貼り付けて

イメージ 7



ステッチは前回購入したヨーロッパ目打ちですべて穴あけ

糸はビニモMBTの#45(グリーン) 太さは5番を使いました。

イメージ 8




組み上げて完成です。


イメージ 9


内装はコインケース側がカード6枚、レシート入れ1カ所、札室となっています。

手前のかぶせ側はカード6枚、レシート入れ1カ所です。

イメージ 10




札室は大きく開くので10枚は入ります。

イメージ 11



もっと入るかな?

入れてみたいがそんな大金持ってないので(笑)

イメージ 12



コインはあまりたくさん入れたくないですが大量に入りそうです。

イメージ 13




もっと漉きをいれればコバが薄くできたと思います。

イメージ 14




コバは蜜蝋仕上げにしてみました。

イメージ 15



日常はほとんど使わないウォレットですが

一つは持っていたいと思っていました。

イメージ 16




ご飯を食べてすぐ眠ると肥満になるよと

言ってもこの二匹には

イメージ 17




今日はこの辺で

人気ブログランキングに登録しています。 

↓ 下のボタンをポチッと押していただけると

   次に投稿する励みになります。
  

開く コメント(8)



こんばんは!(^^)!

今日は暖かい一日でした。

もうそろそろ冬タイヤを交換してもいいかなと思いました。

えー、まだ交換してないのって?言わないでください。(笑)

割と慎重派ですから。


山形県東根市神町でレザークラフトを楽しんでいるangieです。

いつも皆様からたくさんのナイスやブログランキングへ

応援をいただきありがとうございます。
オーダーは直接お会いできる方に限らせていただいております。

S様オーダーのカービングロングウォレットが完成しました。
イメージ 1







製作工程

前回投稿の続きから

レザーコートを5回塗ったあとに乾いたら

霧吹きで水をかけてみると

水が沁みてレザーコートが足りない部分がわかります。

水を拭き取って乾いたら

足りない部分にレザーコートを塗ります。

イメージ 2



アンティークフィニッシュのマホーガニーを歯ブラシで塗っていきます。

しばらくぶりに購入したら、ラベルが新しくなっていたんですね。

イメージ 3



仕上げはレザーラッカーを吹きかけて

イメージ 4


乾いた状態

イメージ 5



革漉き機で段漉きを入れて

イメージ 6




目打ちで

イメージ 7




アメ豚を裏貼りして

イメージ 8



曲げ貼り

イメージ 9



外周をカットして

イメージ 10




内装を接着して

縫っていきます。

イメージ 11



コバを磨いて完成です。

イメージ 12


仕様は前回作とほぼ同様ですが

カードの枚数が前回は8枚でしたが、今回は6枚仕様です。


イメージ 13




イメージ 14




イメージ 15




イメージ 16



100均の箱に入れて

イメージ 17



ラベルを貼って

お渡ししました。

イメージ 18

昨日、S様にお渡しして

大変喜んでいただきました。

使うのがもったいないとのことでしたが

どんどん使って

すてきなエージングをお楽しみください。

この度は、オーダーをいただきありがとうございました。


やっとオーダー品が完成して

一休みといきたいところですが

また、オーダーが続きそうです。





今日はこの辺で


人気ブログランキングに登録しています。 

↓ 下のボタンをポチッと押していただけると

   次に投稿する励みになります。
  


開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事