全体表示

[ リスト ]

"WHR-HP-G300N"を"DD-WRT"化したが、
エラーのせいか、気絶していることが多かった。(制限されたネットワークになってしまう)

そこで、"DD-WRT"から"OpentWrt"へ移行することにした。

ここでは"WHR-HP-G300N"で作業を行っているが
他の機種でも同様の内容である。


--------------------

"DD-WRT"が入っているため
一度、Buffalo純正ファームに書き戻す必要がある。

これにはTFTPを使ってファームを流し込む必要がある。

win7やwin8の場合は、デフォルトで
TelnetやTFTPが、ONになっていないため設定が必要である。

1. [プログラムと機能]の左側のメニューヵら、[Windowsの機能の有効化...]をクリック。
2."Telnetクライアント""TFTPクライアント"にチェックを入れる。

また、ファイアウォールの設定をオフにしておく。

--------------------

<ダウンロードしておくファイル>

1.純正ファームウェアを公式ページよりダウンロードしてくる。
  ダウンロードしてきたものを、解凍・展開しておく。

2.TFTPツールをダウンロードする。
  ここでは”linksys-tftp.exe”を使用する。

3."OpenWrt"のファームをダウンロードする。
  [factory]と付いているものは、Buffaloのアップデート画面からアップグレードできる。
 
☆安定版
BarrierBreaker(2014年リリース)


☆次世代
Chaos Calmer(2015年〜)


--------------------

DD-WRTの設定をクリアしておかないと、
不安定になりやすいため、削除する。

1.コマンドプロンプトを管理者モードで起動する。
2.telnetコマンドでDD-WRTに接続する。(デフォルトでは、192.168.1.1)
3.以下コマンド
 ログイン
  telnet 192.168.1.1
  user name : root
  Pass : admin

 必要コマンド
  erase nvram
  reboot
これで設定がリセットされる。

--------------------

WindowsのLan設定を 以下のようにする。
 IP : 192.168.11.2
 Mask : 255.255.255.0
 Gateway : 192.168.11.1

--------------------

管理者モードのコマンドプロンプトで
接続するNICとMACアドレスを指定する。
 route print と入力
 イメージ 1

インターフェイス一覧に表示される先頭の番号をメモする。
この場合、「5」である。

--------------------

ARPを設定する。
管理者モードのコマンドプロンプトで
 netsh interface ipv4 add neighbors "インターフェイス番号" 192.168.11.1 ”MACアドレス”

インターフェイス番号は、メモした番号。
MACアドレスは、ルータのシールに書いてあるSSIDから求める。
「 SSID : 001d12345678 」であれば 「 00-1d-12-34-56-78 」 となる。

つまりこのような形になる。
 netsh interface ipv4 add neighbors  5 192.168.11.1 00-1d-12-34-56-78 

WZR-HP-AG300Hで試した際には、SSIDからではなく
02-aa-bb-cc-dd-20 という固定Macアドレスでいけた。
Enterのタイミングとしては、
LAN LED(薄く点灯)→USB LED(点灯)→LAN LED(全灯)→LAN差し込み済 LED(点灯)
このタイミングで押す


--------------------

”linksys-tftp.exe”を起動し、設定をする。
 Server : 192.168.11.1
 Pass : なし
 File : 展開した、純正ファームの場所を指定
 Retry : 30times

--------------------

ルータの電源を入れると同時に、
”linksys-tftp.exe”の[ Upgrade ]を押す。

--------------------

ファーム書き換えが完了するまで、そのままにしておくこと。

完了後、" 192.168.11.1 "にブラウザでアクセスすると
Buffaloのブラウザ設定画面が開く。
 ユーザー名 : root
 パスワード : なし
または
 ユーザー名 : admin
 パスワード : password

ファームウェアアップデート画面より、
”openwrt-ar71xx-generic-whr-hp-g300n-squashfs-factory.bin”を指定し、
アップデートを実行する。

--------------------

インストール完了後、ブラウザで " 192.168.1.1 "で
OpenWrtにログインすることができる。

--------------------

デフォルトでは、英語のため日本語のインターフェイスに変更する。
[ System ]→[ Software ]→[ Update ]→
[ Available pakages ]⇒ " luci-i18n-japanese " をインストール。

--------------------

導入手順は以上で完了。








.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事