ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1
深淵吹雪
「さてさて、雪華先生は夏季休暇を援助意中ですが。今日も新しいカードが紹介されています。」

シェイド・オブ・グリード

種族:魔法生物
 属性:風 レベル:1 攻撃:1 防御:1 進軍タイプ:飛行

□強欲の呪縛[対抗]
(コスト:手札1枚破棄(「属性:風」のカード)/対象:消耗品または戦闘スペルを利用中の敵軍ユニット1体)
対象が使用中の消耗品または戦闘スペルの効果を1つ選んで消滅させる。効果適用後、このユニットを破棄する。

シェイド・オブ・ラスト

種族:魔法生物
 属性:魔 レベル:1 攻撃:1 防御:1 進軍タイプ:飛行

□色欲の呪縛[対抗]
(コスト:手札1枚破棄(「属性:魔」のカード)/対象:消耗品または戦闘スペルを利用中の敵軍ユニット1体)
対象が使用中の消耗品または戦闘スペルの効果を1つ選んで消滅させる。効果適用後、このユニットを破棄する。
イメージ 1
深淵吹雪
「名前の通り、『ナイト・シェイド』の流れを汲むカードです。
性能的にはレベルが1になった代わりに、属性に応じたコストが必要になります。
また、2属性が出ていることから、6属性全て出る可能性は高いでしょう。
デック構築によっては2種類採用可能なため、そういった点では上位互換とも・・。
と、言いたいところですが行動完了型と言う点が問題です。

たとえば先攻をとった場合、ユニット必ず能力を使うか攻撃をする貸して行動完了になります。
自爆型能力なら行動完了でも発動できましたが、行動完了型能力では行動完了になったら利用できないので不便です。Gレギュの例として『アップリン』や『クリムゾン・ハンター』がそうでしょう。
下位互換と考えるのはこんなところです。

コストは属性制限があるので、指定属性の戦闘スペルまたはユニットカードを破棄して利用しましょう。

それにしてもモンコレは名称に拘る傾向がありますね。種族や主要なモンスターかわかりますとおり。元々さまざまな神話から取った名前を数多く利用しています。オリジナルは半分かそれ以下でしょうんうねぇ。僕は綺羅じゃないし今までそうだったので、これからもそういったネーミングでいってほしいものです。」

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事