ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 9
深淵吹雪
「さて、たまにはモンコレだけでなくゲームの話でもしましょうか。」

イメージ 10
雪華先生
「最近はまっているゲームを吹雪と僕で1本づつ紹介したいと思います。」

雪華先生のオススメ「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」

イメージ 1


イメージ 10
雪華先生
「今年発売された『MARVEL VS. CAPCOM 3』。
その仕様調整・キャラクター追加として発売したのが、
『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』です。

PS3・XBox360・PSVITAの3ハードで発売です。PS3・XBox360は既に発売しています。
前回の調整版と言うこともあって、価格や少し安めなのが良いですね。」

イメージ 2

【追加された新キャラ。前作のキャラや別ジャンルゲームで人気のキャラも参戦。】

イメージ 9
深淵吹雪
「マーヴルはあまり知っているキャラが少ないですが、
カプコン側はメジャーなキャラが多く、個性豊かな人選です。

『右のアライグマ何だ?』とか思っちゃったりしますね。

イメージ 3

【「デビルメイクライ」のバージル。「バイオハザード」のネメシス。そしてゴーストライダー。】

イメージ 11
雪華先生
「やはりまずはバージルでしょう。
デビルメイクライはやり込んでいるので愛着があります。

あとはバイオハザードのネメシスですね。お決まりのロケットランチャーは健在です。
技の中には最終形態になることもあって大分協力です。
ちなみに、実は前作とある場面にも登場していました。

後は映画でも見ているのでゴーストライダーははずせませんね。
技の中で『The 交通事故』といわんばかりのバイクアタックがあります。
また、チェーンを使った広範囲攻撃もあり、バランスが取れています。」

イメージ 4

【「逆転裁判」の成歩堂。マーブルのホークアイ】

イメージ 12
深淵吹雪
これは完全に予想外の参戦キャラでしたね。

まさに『戦う弁護士』。某都市の新市長並のチャレンジ精神です。
(それを狙ったのか・・と、いまさらながら思いました。)

攻撃や勝利のシーンでは、ちゃっかり助手の綾里真宵が出てきたり。
必殺技の1つが『巨大裁判長のハンマー』等、ツッコミどころ満載です。
完全な『非戦闘員』がヒーローと戦うとは・・・、
よくマーヴル側が許可したなぁ・・・。

【補足】
以前別作品で参戦した『憲磨呂』の場合、マーヴル側が「ヒーローがこのようなふざけたキャラクターに負けるのはおかしい」と怒った為、海外版では削除されたという経緯がある。
意外とマーヴル側(アメリカ側)の『ヒーロー』という存在があるので、判断もシビアらしい。

マーブルでは弓使いと言うことでホークアイがいいですね。
一部の技はタスクマスターが利用していました。
技のほとんどは遠距離攻撃ですが、通常技では接近戦に特化しています。」

吹雪のオススメ「ファイナルファンタジー零式」

イメージ 5


イメージ 9
深淵吹雪
「言わずと知れたスクエニのFF新作、
『ファイナルファンタジー零式』です。

僕はFF10、雪華先生にいたってはFF6以来のプレイとなります。」

イメージ 6

【利用可能なキャラは12+2名.各キャラクターで装備やモーションが違います。】

イメージ 9
深淵吹雪
「今回のゲームは、複数のキャラクターから選んで戦えます。
戦闘方法はターン製などではなく、直接操作して戦う、
いわゆるアクションRPGですね。
(モンハン、ゴッドイーターよりも、ファンタシースターに近い)

キャラクターによって利用可能な武器・モーションが違うので、様々な戦い方が可能です。

おなじみのモンスター達やチョコボも登場します。」

イメージ 7

【左が雪華先生のメインキャラ「サイス」。右が吹雪のメインキャラ「キング」。】

イメージ 12
深淵吹雪
「体験版をプレイして、一番しっくり来たのがキングでした。
武器は2丁拳銃です。
かなりシンプルな部分が多いけど、飛び道具なので敵を狙いやすく、威力も高めなのが魅力です。
接近戦ではキックが可能になるので、意外と遠近のバランスが取れてたりします。

欠点としては、当然リロードが必要なこと。
スキルでロード中も打つことが可能になりますが、やはり弾数には気を配っています。」

イメージ 11
雪華先生
「僕はやっぱりサイズ(鎌)に目がありません。
なので一発でサイスをメインにしました。
意外と攻撃が早く、魔法も使いこなせます。

また、敵のHPを吸収したり、追尾可能な竜巻を起こしたりできるなど、トリッキーなキャラです。
欠点としては技の発動時に若干スキがあることでしょう。」

イメージ 8

【FFなだけあって、機械も魔法も魔物も出てきますが、違和感はありません。】

イメージ 9
深淵吹雪
「このゲームは従来のFFと違い、
RPG形式もありますが、メインストーリーは作戦形式で進んでいきます。

また、侵攻作戦と言うものもあり、マップ上で敵軍同士が領土を取り合う戦いもあります。
イベントや依頼、果てには授業など、キャラクターとの交流も描かれます。

やりこみ要素は多いので、やることには困りませんね。
また、声優は有名な人ばかりなので『この声知ってる』と言うのがほとんどでした。

各ゲームの公式サイトは以下の通りです。」

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3 公式サイト
http://www.capcom.co.jp/mvsc3/

ファイナルファンタジー零式 公式サイト
http://www.square-enix.co.jp/fabula/0/

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事