ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 3
吹雪教官
「さて今日は12時の1戦のみです。
ソーシャルではギルド戦なので携帯を気にしながらの大会になりそう・・・。」

オープン公認大会(12:00〜)

場所:すまいるキング 本の王国ザザシティ浜松店
レギュレーション:オープン
形式:スイスドロー 3回戦(3人のため2回戦)
参加人数:3名

【吹雪教官利用デック】
ブロックIIレシピNo.16「黄金色のお菓子はいかが?〜The GOLDEN〜」

【説明時の領土番号】

イメージ 1
イメージ 3
吹雪教官
「今回はオープン大会ですが、
新しく構築したブランニューデックの使い心地を確認・データを取りたいので、
魔法生物デックで参加です。

アイテム単ならばそれなりに通用するでしょう・・・たぶん。」

第一回戦

【吹雪】
土単魔法生物デックと対戦/本陣陥落で勝利(10点)
イメージ 4
吹雪教官
「魔法生物デックとなるとミラーになりそうな・・・、
そんなことはありませんでした。

出てくるユニットは『エメラルド・アイドル』と『シェイドオブスロース』の2種類のみ。
連邦軍並の物量作戦って訳・・・?モンコレ版機動世紀!!

ならばこっちはビグ○ムを!!(オイ
ないので『ダマスカス・ゴーレム』で我慢しましょう。

土といえば『ゴルドール重力弾』ですが、アイテム単のこちらには影響がありません。
問題が数がいるので『サンド・カーテン』や『エンチャント・ウェポン』は厄介です。

初戦を王蟲こと『ダイアモンド・キャタピラー』の同時戦闘で相打ちに追い込み、
敵軍領土2への進軍に成功した後、『時空門「陽」』を利用した高速展開で、
すかさず敵軍領土1と4に移動します。

相手も中々対抗能力に優れているので、
展開に手を取られている内に、自軍領土への進軍を許してしまいました。

ならば、ここからは黄金勇者の出番だ!!

自軍本陣に『ゴールデン・ゴーレム』を展開し、
進軍してきた敵を迎撃させます。

このユニットの場合、装備品を利用した素殴りのほうが、案外安定しそうですね。」
イメージ 8

イメージ 5
吹雪教官
「終始『アルカナ・ブレイク』と『滅びの粉塵』に注意しつつ展開した結果、
最終的にはこんな感じに・・・。

対抗がほぼスペルとアイテムになる関係からか相手側の消耗が激しく、
対抗能力を失ったところを、『ゴールデン・ゴーレム』と『ダイアモンド・キャタピラー』が暴れまわった末、なんとか勝利しました。
やっぱり基礎値が高いっていいねぇ・・・。

ほぼアイドルのデックは僕もいくつか作っているので、見てて楽しいのが良いですね。」

第二回戦

【吹雪】
風単ガーネットデックと対戦/本陣陥落で敗北(1点)
イメージ 7
吹雪教官
「久しぶりのガーネットデック!!これは面白そうですね。
以前はガーネットデックが最も苦手な相手でしたが、今回はどうでしょうか?

魔法生物デックは基礎値の高いユニットが多いので、
『ガーネットの兵隊蜂』は何とかなりますが、
『ガーネットの魔法蜂』や『女王蜂パイロープ』は厄介です。
しかも『昔からある場所』まで出てくるので、進軍も大変です。

序盤は『グレート・モンブラン』を進軍させてとにかく耐え抜き、
飛行でユニットの即時召喚能力を持つ『ゴールデン・アイドル』を移動させ、
展開を早めようとしたものの・・・、

儀式地形『柘榴蜂の巣』で『ゴールデン・アイドル』が燃やされた!!

そうだった、相手はGレギュ込みのオープンだった・・・。
気を取り直して、何とか敵軍領土2まで進軍し、いつもどおり周囲を包囲します。」
イメージ 2

イメージ 3
吹雪教官
「途中、『マルドゥーク』を撃破したものの、
なかなか本陣を落とせない・・・。

双方デックが切れた時点で、相手のターン。
『バードマン夜襲隊』」の本陣進軍に即時召喚で敗北です。
結構有利だったのに、惜しいなぁ・・・。」

結果

【吹雪教官】
3戦1勝1敗1不戦勝0引き分け 21点/3人中2位
イメージ 6
吹雪教官
「デックの相性ももあってか、2戦共に長期戦でしたね。
ガーネットにデック切れまで粘れたのは大分検討したと思ってます。

基礎値が高い関係からか、非常に安定した戦いができたと思います。

今回のランダムパックは『蛇蠍王パピルザク』でした。
クローヴィスのVFがほしい・・・。」

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事