ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 2

個人的に尊敬しているイラストレーター様なのでお気に入りです。
イメージ 1
深遠吹雪 構築デック
「アポカリプスの魔剣」デック第三弾
ブロックIVレシピNo.07

「精霊たちの狂宴・水土編」

【英雄ユニット 0枚】

【通常ユニット 26枚】
《火属性 2枚》
2枚:カーマイン
《水属性 10枚》
1枚:オーシャン・ロード
3枚:オーシャン・ナイト
3枚:ジャングル・サーペント
3枚:ヴァイオレット
《土属性 10枚》
1枚:マグネティック・エンブレス
3枚:マグネティック・レディ
3枚:オリハルコン・トータス
3枚:ビリジアン
《聖属性 2枚》
2枚:マシコット
《魔属性 2枚》
2枚:バーガンディ

【アイテム 0枚】

【戦闘スペル 20枚】
《水属性 10枚》
2枚:プロテクション
2枚:ポイズン・スプラッシュ
2枚:タイダルウェイヴ
2枚:リップル
2枚:エレメンタル・ブラスト
《土属性 10枚》
2枚:グラヴィトン
3枚:エンタングル
2枚:スリープ・デイ
3枚:エレメンタル・シールド

【地形 4枚】
《通常地形 4枚》
1枚:流水の護法陣
1枚:大地の護法陣
2枚:滲みゆく世界
イメージ 3


【属性配分】水=土>火=聖=魔
【種族配分】スピリット>狂霊化
【構成】
ユニット:26枚(英雄 0枚/通常 26枚)
(即時召喚可能ユニット:12枚)
アイテム:0枚
戦闘スペル:20枚
地形:4枚
【ユニット レベルバランス】
レベル8: 2枚
レベル6:12枚
レベル2:12枚

特徴

【ユニット】
ユニットはレベル8・6・2の偶数ユニットで構築。
そうユニット数は26体なので多くはありません。
水と土のレベル8と6の狂霊化を中心に、レベル2精霊がサポートに尽きます。
効率の良い展開とスペル付与が得られるよう、火・聖・魔スピリットもちゃんと採用。

英雄がいないので、コストで消費することが無いのも地味なメリットだったりします。

【アイテム・戦闘スペル】
スペル単なので20枚と大容量です。
後攻型のデックという事で、とにかく守りに徹した構成にしました。

【地形】
定番の護法陣に加え、「滲みゆく世界」を採用。
基本的に狂霊化ユニット中心に動くデックなので、
「天の光はすべて星」は入れませんでした。

イメージ 1
吹雪教官
こんばんは、深遠吹雪です!

ついにモンコレだけのブログで10万アクセス超えました!
4年目なのでそんなに驚く事でもないかもしれませんが、
これからも頑張っていきたいですね!

今回は先週公開し忘れた狂霊化デックの紹介です!

私はあまり後攻型のデックが得意ではありませんが、
ちょくちょく自分でも扱いやすい後攻方デックを作ることがあります。
今回の狂霊化土水も、そういった気持ちで構築しました。

内容は非常にシンプル!あまり特殊な能力のユニットはおらず、
とにかくスペルが増えたりパワーアップしたりするユニットばかり。
スペルも基礎的なカードが多いので、扱いやすいデックに仕上がっています。

あまり大型のユニットが多いと回らなくなるので、
レベル8の精霊王は1枚づつにしてみました。
大型好きの方はお好みで2枚にするのも一つの手でしょう。

特殊召喚系ユニットを使いこなせば、展開も大幅に加速可能です!
ただし、ユニットが少ないのでユニットの浪費には注意したいところですね。

次は火風狂霊のデックを紹介します!乞うご期待!!

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事