アニ虎部屋〜百花繚乱!!!〜

「時折更新します。もっぱらTwitterにいます。https://twitter.com/anitora25 」(3/30)

Angel Beats!

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1

ということでゲーム化のプロジェクトが構想下にあるらしいですね♪


発表時期から言って、「Rewrite」→「Angel Beats!」の順での発売、または間に1作挟む模様・

あくまでそういった構想があるという発表ですが、アニメの伏線補完という意味でもかなり楽しみですね^^

ちなみに各キャラのストーリーを含むものを制作予定らしいです・

ということは複数の主人公設定なのかとか今からまた憶測を呼びそうです。

とりあえず次回の情報待ちで・(おそらく来月のガルデモライブ辺りかなと)

ハードの決定は半年先らしいです。まあPCが良いですね、私的にはw

Angel Beats!スキーにとってはまた楽しみが一つ増えました♪

開く コメント(6)

岡田JAPANも熱いですが、Angel Beats!も熱い!!

ということで昨日の深夜に最終回を迎えましたね(関東)。

「以下ネタばれ注意」









卒業ということで残りの5人の逝く姿を描いた今話・

やはり友情・出会い・愛→「青春」を全面に押し出した最終話でした。

SSSメンバーの残りメンバーの逝く姿も見たかったとは思いますが、そこは1クールでの弊害でしょうか・・・。

とはいえ、5人それぞれの思いの伝わる素晴らしい演出でした。

この5人が物語の核でしたしねw(直井はww

そしてなんといっても奏と音無の命のつながりという最終話で明かされる真実は感動につながる要素としてよかったです^^

ということで描写されていた5人の関係をまとめると・・・、
ゆり×奏 = 姉×妹
音無×直井 = 兄貴×弟 → 愛
音無×日向 = 友情
音無×日向 = 羨望
音無×奏 = 命のつながり → 愛
かなと私的には思います。

それぞれの関係がそれぞれの過去と密接に関係していて、人生とは何かを表現しているように思えます。




そして最終的に消えていくみんな。

奏「すごくありがとう!」

には、音無に対する奏の青春を味あわせてくれたことへの心からの感謝。

また音無の奏への好意に対する感謝の気持ちが表れているわけですが、

暗に、

「それぞれが今ある人生に感謝!」

という麻枝さんの伝えたい言葉が隠れているような気がしてならないですね。

一人消えていくのは、それぞれの次の人生への旅立ち・

卒業式が新たな生活への旅立ちであることにかけて、この輪廻転生の考えを表現しているように思えます。


賛否両論のある終わり方、シナリオ展開の「Angel Beats」という作品・・・。

私的には楽しく、そして感動して楽しめた作品だったと思います。

「素敵な作品を、本当に、すごくありがとう!!」


ということでくくりたいと思います。

皆さんの熱い感想もお待ちしています。

ではでは。




[追記]
最終話でゆりのデレ&キャラ崩壊が・・・w

開く コメント(6)

前回のユイにゃん回から一転、世界は大きく変化します。

「影」とはなんなのか奔走するSSSメンバーの様子が描かれた11話目でした!

13話編成ということで、仮に最後をおまけ回としたなら、次週で最終話。

はたして黒幕は誰なのか、気になるばかりです。


ところで気になるといえば、

イメージ 1

音無×日向×直井

も気になりますねww

今回の話で自分の中の直井株が上がりました(笑)



以下、黒幕に対する私的推測・

伏線の散りばめられたAB!においては必ずこれまでの話の中にヒントがあったはず・

〇穫兇蠱罎両床叱淬

力技とこのタイミングでの消失はありえそう・

や、だとしてもきっと肉うどんにそそのかされたんですw

高松(本体)

隠れマッチョの高松くんが実はもともと黒かったとか・

きっとあのきりもみの恨みですw(マテ

クライスト

クライストと呼ばれなかったのでw(蹴

ぢ荵絢

ここまでの展開からいってないとは思いますが・



こういった推測を自分は抱いています。

こう考えるとより次週が楽しみになってきます♪

納得のまとめ方に期待です。

短いですがこれで・

開く コメント(7)

日向「俺が結婚してやんよ!」

ということで、書かずにはいられない今話のAB!でしたね。

やはり日向×ユイの構図が明らかだっただけに、この日向の言葉には感動しました。

ユイにゃんスキーな自分としても納得な展開でした。

強いて言うなら1クールなのでエピソードが少ないかなとは思いましたが。

にしても引きたて役の音無も良かったですし、ユイにゃんの魅力も全面に出ていた今回の話でしたね。

ギャグ中心でありながら、最後のあの展開。

非常に良かったと思います。

そしてやはり日向という存在はこの作品でかなり大きいですね。

今後も目が離せないわけです。


以下、あまり時間がないのでお気にのユイにゃんキャプでも・

作画が今回特に良かった気がしないでもないですw

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


私的ですが、野球スキーとしては3枚目が特に好きな感じです。

あとはポニテもじゃじゃ馬感が出てなかなか・・・。


まとめますと、

人との出会い


人生における幸せ

が表現された話だったかなと思います。

一期一会を大切に・・・。

ノシ・

[追記]
永久保存版(笑)

開く コメント(5)

開く トラックバック(17)

今回は超絶簡易版となってしまいますが、あしからず・・・orz


ギルド最深部へのオリジナルの天使の救出が任務となった今回。

やはり一番の見せ場はそれぞれが自分の命を犠牲にしてその任務を果たそうとしたところ・・・。

とはいえ、BGMといい、流れといい、見事にパロとしてやっていましたね。

その意味で今回は前回のBパートに引き続いて終始ギャグ回であったなと思います。

ただ戦闘シーンもあってシリアス要素もありはしましたが・


漏らす(仮)ユイにゃん

音無以外愚民扱いの直井

ゆりっぺの冷酷な部分


などなどいろいろと含まれてた今話ではありました。

そして次回がますます気になる終わり方でしたね。




[追記]
今日ライブに参加する方はお楽しみを・

自分は予定が合わず応募もしませんでしたw(涙

開く コメント(7)

開く トラックバック(27)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事