DANCE HISTORY OF A MAN

1985年の原宿のストリートから始まる物語。 ある男”GO”のダンス人生です。 最初から読むと、きっとハマリます(笑)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

S.I.JOEの閉店が3月初旬。世の中は年度末。テレビの世界でも番組編成の波が流れていた。

4月からの番組再編成の動きとして、「DANCE DANCE DANCE」という番組も大きく変わろうとしていた。

まず、番組の顔である司会者がダウンタウンから大沢樹生とヒロコ・グレースに交代。
ダウンタウンによってお笑い色が強かった番組カラーが、音楽評論家、故福田一郎氏のレギュラー審査員加入や、ゲスト審査員に国内外のシンガー、アーティストを迎えるようになり音楽番組の色を強くした。

そして我々若手ダンサーにとって非常に刺激的だったものは、レギュラーダンサーMEGAMIXのメンバーチェンジであった。

当時MEGAMIXは、二代目となるメンバーで構成されていた。
SAM、OUJI、EIJI、OZ、CHIHARU、HIROKO、KAORUの7人。(敬称略)
元々のメンバーにOUJI氏、EIJI氏が合流した、云わばMEGAMIX、JUNGLEの混合チームだ。
因みに初代のメンバーは、当時GYPSYのリーダーとしても活躍していたJUN氏が在籍しており、
後に彼の穴にOUJI氏、EIJI氏が参加したという形になっていた。

今回のメンバーチェンジは、前回とは違い、かなり大がかりなモノだった。
いわゆる居残りのメンバーはSAM氏とCHIHARU氏の2人だけ。それ以外は全て新メンバー。
GOTOYUKIHORIESANCHEETSUMASAKOが加入。(敬称略)
加入というよりも、・・・・ほぼ違うチーム(笑)
この新加入の面々、どれも業界では有名なダンサー達。
当時の各ジャンルのスペシャリストで、更にオールラウンダーを招集したドリームチームである。
(後にデビューするtrfは、今回の加入直後に脱退したMASAKO氏を除くダンサー全員と、
後に加入するIZUMI氏が、デビュー当初はメンバーとして活動している。)


当時、SAM氏にこのメンバーチェンジの理由を尋ねたところ、番組再編の一つとして、
番組オリジナルビデオの制作、販売を挙げていた。

この頃のテレビ業界では、オリジナルビデオを販売、番組プロモーションと二次収入的な目的のある流れが多々見られた。(現在でもダンス番組では、その傾向は残っているが・・・)

もれなく「DANCE DANCE DANCE」でもビデオ制作が決定。その中には当然のようにMEGAMIXの
パフォーマンス、メンバー紹介等の個々のキャラクター紹介が含まれる。

しかし、同時期にJUNGLEでもプロモーションビデオの制作が行われる運びになっていた。
こちらは販売目的ではなく、チームプロモーションの為の映像資料だが、かなりしっかりと作られたPVだった。

MEGAMIXとJUNGLE、同時期にPVを販売、発行する事となり、
二つのグループに在籍するOUJI氏、EIJI氏に問題があった。

当時のJUNGLEでは、上記2人のキャラクターは絶対だったので、JUNGLE脱退は考えられない。
MEGAMIXにおいても、この2人の存在感は大きなものであったが、同時期にプロモーションする
2つのグループに、同一人物が存在するのはおかしな話。今回のメンバーチェンジの流れは当然の結果である。

「本当に残念だけど、どうにもならないんだよ・・・」 SAM氏が言っていたのを覚えている。

更に方向性の違いや諸事情で、OZ氏、HIROKO氏、KAORU氏とそれぞれが脱退する事となった。


このメンバーチェンジ、番組の方向性等が、様々な意味で今後のダンス業界にも影響を与えて行く事となる。


そして、この事から私にも大きな岐路が訪れる。
今考えると、もう一人の全く違うダンサーのGOが存在していたかもしれない程の選択を迫られるのであった。


MEGAMIX リニューアルメンバー

GOTO氏はストリートダンス業界パイオニアの一人。ブレイクダンス時代から当時の東京Be Bop Crewで活躍。JUNGLEにも在籍していた時代もある。
YUKI氏は九州出身の当時生粋のLOCKER。番組「DANCE DANCE DANCE」には特番時代GQマシーンとして、また、レギュラー開始時にはDE LA DANCEとして参加していた。
HORIE氏も原宿のストリートからその歴史を刻み始めたB-BOYだが、当時はBE-BOP、ホーシングと言った流行のスタイルが有名だった。

後に上記のGOTO氏、YUKI氏、HORIE氏は業界で言われた「trf事件」で、
trfを脱退(人員削減?クビ?)した事からくんだりというグループを結成。
(いわゆる「trfから下ってきた」って事でしょうけど・・・笑)
現在でも活躍、人気のSound Cream Steperzの前身である。

SANCHE氏は東京Be Bop Crewの練習生としてダンス業界に足を踏み入れるが、
その安定したスキルでジャズダンス業界でも頭角を現す。
ストリートダンスのスタイルでは、ポップが彼の武器で、無機質なロボット等は特に定評があった。
後に知る人ぞ知るジャニーズの振付師として活躍。この数年後、私もお世話になる人物である。
ETSU氏は、例のtrf事件では生き残り(?・・・笑)現在でもメンバーとして活躍中。
当時のCHIHARU氏に並ぶ女性ダンサーは数限られていたが、その中の一人である。
MASAKO氏はYUKI氏同様、特番、レギュラー開始時にGQマシーンDE LA DANCEとして番組に参加。九州出身の個性的なダンサーとして有名。
当時特に言われていた「黒さ」というフィーリングでは他の追随を許さない存在だった。
現在はDJ.MASAKOとして都内を中心にプレイする有名DJと転身を遂げた。

福田一郎

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/47/53/ankh_go/folder/497938/img_497938_57157742_1
日本の草分け的存在の音楽評論家。
後期の「DANCE DANCE DANCE」番組内では絶大な発言力を有していた。
ウィキペディア(Wikipedia)/福田一郎


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事に

閉じる コメント(5)

おおー!!ちょうど気になる時期に突入してきましたね!!(興奮!)
ダウンタウンの時期も若干ビデオが残ってますが、ちょうどこのチェンジした時期頃にハマりましたね〜♪
メガミックス、ほんとにドリームメンバーだったですね。。

2009/4/5(日) 午後 2:24 えりん 返信する

メガミックスと言えば、やはりこのメンバーがお馴染みだよね。
この後trfがデビューするまでは、数年これで活動していたし。
その前はTV出演していたとはいえ、数か月の即席チームだから・・・
さあさあ、このあたりからも色々と言って良いのか良くないのか分からない話が出てくるのか、出てこないのか・・・笑

2009/4/6(月) 午前 3:31 GO 返信する

顔アイコン

足跡からきました!
すごいブログですね!かんげきです!
これからいろいろ拝見させていただきます!!

2009/4/26(日) 午前 9:25 [ Gravity ] 返信する

顔アイコン

こんにちは☆
読ませてもらいました。面白かったです(^o^)
ブログをいろいろ見ていたらたどり着きました☆
よかったら私のブログの感想も聞かせて欲しいです(^O^) 削除

2015/3/26(木) 午後 5:32 [ ゆうママ ] 返信する

顔アイコン

ブログ巡り中にお邪魔します!
ブログは書いているのですが中々上手く書けずで参考にさせて頂きました(*^_^*)
スマホやパソコンで書かれているんですか?(*^_^*)
まだまだダメなブログだとは思いますが「ダメだし」を是非お願いします♪ 削除

2015/5/13(水) 午後 5:30 [ ユイ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事