気仙沼の第十八共徳丸

イメージ 1

イメージ 2

 300トンの漁船が、漁港から数百メートルの陸地に、津波によって押し上げられて、津波の威力を全国に紹介された第十八共徳丸が、お盆明けにも解体されることが決定しました。

 解体される前に、一目見ようと16日に気仙沼に行って来ました。周囲には、見物人の自動車が結構来ていて、ちょっとした観光名所のようになっていました。

 ただ、津波で犠牲になった人達に配慮して、慰霊の花束やお茶が具えてあったり、かのこりんを鳴らすひとが絶たず、祈りの場でもありました。

 テレビで画面越しに見るのと違い、実物を見ると、改めて津波の恐ろしさを実感でき、後世のためにも保存すべきだと、私は思いましたが、住民は7割が撤去を求めているそうなので、撤去になったようです。

EOS50DとEFs10mm−22mmにPLフィルターを使って撮影しました。

その他の最新記事

すべて表示

 朝日新聞の今年度の新規採用者で、東大出身者がいなかった事が話題になっています。多い時期には、新卒者の3割が東大出という時期もあったそうなので、落ちぶれたものです。  一昔は、新聞が世論を形成するのに絶大な影響力を持っていましたが、 ...すべて表示すべて表示

ベガルタ惨敗

2014/4/20(日) 午前 7:23

今シーズンのベガルタは、一勝もできず外人監督が退任して、新しい渡辺監督なり、幸先良く一勝したので、また勝つと思い試合を見に行ったのですが、惨敗でした。  相手のチームもそれほど強いとも思えませんでしたが、シュートがゴールの枠には飛ん ...すべて表示すべて表示

森元総理が、「浅田選手は肝心な時に転ぶ」という配慮に欠けたと発言をしたと、マスコミが批判していますが、マスコミの過熱報道こそが、浅田選手にプレッシャーをかけ本来の力を発揮させず苦しませているんじゃないですかね。  というのは、今度 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事