アシモモ〜のブログ

日記に近い感じで日常生活を綴っています。

全体表示

[ リスト ]

よく晴れて真夏のような気候となった休日に、雀が丘に行きました。雀が丘といえば、3月21日付のブログで、猛吹雪の中を訪れたところです(http://blogs.yahoo.co.jp/anmako1976/4237203.html)。
 
イメージ 1(右)あの時は冬枯れの景色が広がっておりましたが、現在は木々の葉が茂り、すっかり様相が異なっております。土産物屋も多数出店しており、活気がみなぎっておりました。
 
 
イメージ 2
 
(左)雀が丘からの眺めはいつ見てもいいものです。手前は、「ルジュニキ」のスポーツアリーナです。この脇を、5月20日のマラソン大会では駆け抜けたのでした。遠方に広がるモスクワの景色の中のどこかに、アシモモ〜が住まうアパートが小さく写っています。
 
雀が丘の展望台のすぐ脇から、モスクワ川のほとりに下りられるリフトが運行中でした。こんなところにリフトがあるなんて知りませんでした。というわけで、さっそく乗ってみました。リフトからの眺めもなかなかのものです。リフトに乗ったのなんて、何年ぶりだろう。ゴンドラが落ちたりしないかと心配になりましたが、日本のスキー場のあるのと同じようなリフトでした。
イメージ 5イメージ 6
 
イメージ 7(右)途中にはスポーツ教室の看板がありました。雀が丘だけに、雀がスキーやスノボをやっています。雀が可愛くない!
 
 
イメージ 8
 
ほどなくして、モスクワ川のほとりに到着しました。観光船の船着場のすぐ近くです。リフトから下りると、船員の格好をした人が客引きをしております。商売上手だこと!
  
イメージ 9船着き場からの眺めです。今が一番ハイシーズンなので、何隻もの観光船が発着しておりまして、モスクワ川は過密状態です。中には食事をしながら2時間程度の遊覧をできるものもあります。
 
遠くに見えている青色の橋は、上段が自動車の道路、下段が地下鉄駅になっております。実はここ、アシモモ〜のジョギングの定番コースになっております。この橋は「1本目の橋」と呼ばれており、スタート地点から2.6kmのところにあります。ここで折り返すろ、5km程度走れるので重宝しておるのです。
 
さて、この日は船に乗る予定はなかったので、すぐに引き返しました。雀が丘に上る方の路線からは、スキーのジャンプ台がよく見えます。ジャンプ台の下には、利用はできませんが、リフトの乗降場があるのです。客の乗降扱いがないくせに、詰所には職員が配置されておりました。
イメージ 10イメージ 11
 
イメージ 12(右)雪国育ちではないので、スキーのジャンプ台というものを間近にみるのは初めてでした。すんごく高いところから滑ってきてジャンプするのですね。写真からは、迫力が伝わるか不明ですが、実物を見るとかなり迫力があります。
 
イメージ 3
 
(左)着地するところの斜面です。コンクリートがむき出して、それもガタガタのボコボコ。ここに雪が積もってしまえば関係ないのでしょうが、安普請・・・なんていう言葉が頭をよぎりました。
 
イメージ 4
リフトの終点付近から、ジャンプ台の滑降開始地点を眺めました。いやぁ、こんな高いところから滑るなんて、恐れ入ります。アシモモ〜なら、ここに上った時点で腰が抜けて動けなくなることでしょう。
 
それにしても、リフトの往復は小旅行を楽しむにはもってこいでした。
 
営業時間− 11:00〜23:00
片道料金− 平日は100ルーブル
         休日は140ルーブル(商売上手だ!)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事