ここから本文です
あんちの行き当たりばったり日記〜
今年もまだまだ、日本が元気になって、復興地に息の長い支援を

書庫全体表示

2月8日、翌日は午前中に空港へ向かうので実質この日が最終日、スケジュールも詰めつめです。

夜明け前に起き出して向かった先はダイアモンドヘッド、路線バス(The Bus)で向かう方法がありますが、最寄りのバス停から登山口まで距離があるので今回はツアーの送迎を利用しました。

道中は真っ暗
イメージ 1
途中に有るトンネルです、脇を歩くのは路線バス出来た方々でしょうか?
登山ゲートがオープンするのは午前6時、そこから一斉に上り始めます。

道中は真っ暗、めいめいが手持ちの懐中電灯や携帯電話のライトを頼りに登っていきます。
30分ほどで山頂へ、下界のホノルル側は早朝から照明が明るいですね。
イメージ 2
まだまだ真っ暗な中で英語、日本語、韓国語などが聞こえて来ます。
ホノルルの反対側、東の空が明るくなってきました。
イメージ 3

下に、灯台が見えました。
イメージ 4ダイアモンド・ヘッド・ライトハウスという名前で史跡になっているそうです。

明るくなってきて、たくさんの人が居るのが判るようになって来ました。
この時点で午前7時前後だったかな。
イメージ 5

待ち構えていた前の岩に登って撮影している人の足。
イメージ 6
現地の学生さんカップルかな、右側には日本人の新婚さんぽいカップル、指輪が光ってます。

イメージ 7

イメージ 8

結局、水平線上の雲で日の出の瞬間は見られなかったです。
灯台もここまで見えるようになって来ていました。
イメージ 9

集合時間もあるので、余裕を持って下山しました。

つづく

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事