ここから本文です
あんちの行き当たりばったり日記〜
今年もまだまだ、日本が元気になって、復興地に息の長い支援を

書庫全体表示

記事検索
検索

全716ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2017年4月22日、やーえ5歳の誕生日です。
毎年恒例のアニバーサリームービー作ってみました。
 

今年はどこへ行こうかな?

開くトラックバック(0)

ハワイのレストランにはオトクに食べられる「ハッピーアワー」が設定されているところがあります。時間はそれぞれ違うんですが、だいたいランチとディナーの間の時間帯に設定されています。

ワイケレアウトレットからホノルルへ戻った私たちは、
毎日15時〜18時までハッピーアワーの「ビルズ」
到着したのは16時過ぎだったと思います、お店は1階から入って階段で2階にあがります。
時間が中途半端だったのでとても空いていました。
イメージ 1
ハッピーアワーのメニューの種類はそれほど多くはないです。
食事はトマトピザ(9ドル)
イメージ 2

とズッキーニチップス(7ドル)
イメージ 3
を二人でシェアしました。

ドリンクはLemon Lime Bitters(5ドル)
イメージ 4

夕食としては充分な量でした。
素材の味をじっくり味わえる味付けで美味しかったです。

このあとビーチまで歩くことに、その途中にガイドブックでよく見た
カットフルーツやシャーベットが美味しい人気店です。
ここはサンドイッチも有名で、明日の朝食用に一つ購入。
イメージ 5
食パンに具材が挟んであるシンプルな形、
中の具と値段は食パンと紙皿をくるんであるラップの上からマジックで書かれています。

イメージ 6
中身はタマゴとチーズ、だけでなく青ネギ?も挟まれていてあっさりしたサンドイッチでした。量は充分です。

このあと海岸まで出て、ビーチをダイアモンドヘッド方向へ散策。
イメージ 7

ゴミ箱が砂浜に埋まってました、
イメージ 8
倒れてゴミが散乱することがなくて良い考えですね。

日没でもたくさんの人が散策しています
イメージ 9
ウエディングドレス姿のカップルも居ますね。

デュークカハナモク像
イメージ 10

日没後は、新しくなった
フラショーをちょっとやってました。
イメージ 11

中にオープンした所のお店を発見、人だかりに惹かれて店内へ。
イメージ 12

めっちゃカラフルなお菓子の箱が並んでいます。
イメージ 13

イメージ 14

試食もさせてもらいました。
グミやキャンディー、チョコなどでコーティングされたナッツなどが有りました。
こちらは、一つのボックスごとでも購入出来るのですが、別売りの箱にお好みで組み合わせて購入する事も出来ます。
ちょっとしたプレゼントに良い感じ。
私はこんな組み合わせで買いました。
イメージ 15
ほとんど色だけで選んだ感じです
どれも見た目と違ってナチュラルな味わいで美味しかったです。
こんな風にハワイの最後の夜を過ごしました。

最終日に続く

開くトラックバック(0)

ダイアモンドヘッド登山のあとは、HISのツアーにセットで付いていたオプショナルツアーで「ワイケレプレミアムアウトレット」
でも、集合時間まで少し時間があったのでワイキキ周辺を散策しました。

ショッピングモールロイヤルハワイアンセンターの奥にある、太平洋のピンクパレスと言われている「ロイヤルハワイアンホテル」を訪ねました。

ショッピングモールとの間に中庭があり、表の喧噪が聞こえなくなりました。
イメージ 1

屋内のインテリアはピンク色で統一されていて可愛いです〜
イメージ 2

イメージ 3

宿泊料高くてなかなか泊まれませんが、ちょっとだけラグジュアリー気分を味わえました。

日本でも有名なプレミアムアウトレットです、もちろんお買い物が目的なのですが、お向かいのワイケレッショピングセンターにある「レナーズベーカリー」のマラサダワゴンもお目当ての一つです。
「レナーズベーカリー」本店は行列が出来るハワイのドーナツのようなお菓子「マラサダ」の有名店です、ハワイのガイドブックの表紙になっていたりしています。
その移動販売車がこちらにあるのです。
アウトレットから大きな道を渡ったショッピングセンターの敷地の左奥に有りました。
イメージ 4

注文して、少しで揚げたてほやほやが購入出来ました。
袋が可愛い〜
イメージ 5

買ったのは、3個。
シンプルにお砂糖まぶしたものと、シナモンシュガーのもの、中にクリームが入っているものです。(全部で3.87ドル)
イメージ 6
アウトレットモールのベンチで頂きました。
いわゆるドーナッツよりモチモチしていて、重たくないので三つともぺろっと食べられました。

もちろんお買い物もしましたよ。
ムートンブーツで有名な「UGG」でチャーム付きのブーツ
イメージ 7

61.56ドルで買いました、だいたい9,000円弱です。
調べたら、日本ではネット通販で24,800円で販売されていましたから、めっちゃオトクだったんですね!知らなかった〜

ちなみに、帰国日は雪が降っているという情報だったので、ホノルルからこれを履いて帰りました。暖かかったです。

続く!

開くトラックバック(0)

2月8日、翌日は午前中に空港へ向かうので実質この日が最終日、スケジュールも詰めつめです。

夜明け前に起き出して向かった先はダイアモンドヘッド、路線バス(The Bus)で向かう方法がありますが、最寄りのバス停から登山口まで距離があるので今回はツアーの送迎を利用しました。

道中は真っ暗
イメージ 1
途中に有るトンネルです、脇を歩くのは路線バス出来た方々でしょうか?
登山ゲートがオープンするのは午前6時、そこから一斉に上り始めます。

道中は真っ暗、めいめいが手持ちの懐中電灯や携帯電話のライトを頼りに登っていきます。
30分ほどで山頂へ、下界のホノルル側は早朝から照明が明るいですね。
イメージ 2
まだまだ真っ暗な中で英語、日本語、韓国語などが聞こえて来ます。
ホノルルの反対側、東の空が明るくなってきました。
イメージ 3

下に、灯台が見えました。
イメージ 4ダイアモンド・ヘッド・ライトハウスという名前で史跡になっているそうです。

明るくなってきて、たくさんの人が居るのが判るようになって来ました。
この時点で午前7時前後だったかな。
イメージ 5

待ち構えていた前の岩に登って撮影している人の足。
イメージ 6
現地の学生さんカップルかな、右側には日本人の新婚さんぽいカップル、指輪が光ってます。

イメージ 7

イメージ 8

結局、水平線上の雲で日の出の瞬間は見られなかったです。
灯台もここまで見えるようになって来ていました。
イメージ 9

集合時間もあるので、余裕を持って下山しました。

つづく

開くトラックバック(0)

2月7日、カイルアへ今日も路線バス(The Bus)で移動します。

ホノルルからアラモアナへ、乗り換えてカイルアへここで一旦乗り換え
イメージ 1

バス停の後ろにはセブンイレブンが有りましたが、これといったものがあるわけでなく広い道があり、地図で見ると道の向こうには教会と学校があるような場所です、まだ市街地には入っていません。
ここから最初の目的地に行くバスに乗り換えました。
最初の目的地は「ラニカイビーチ」ハワイ語で「ラニ」は天国、「カイ」は海のことで、天国の海ということだそうです。

目的地にはどこで下りたらいいか判らなかったのでバスの運転手さんにたずねたら三つ先のバス停だと教えてくれました。
目的のバス停に到着したら、「ラニカイビーチ!」と教えてくれて、ビーチへの道を指し示してくれました。

この辺りは大きなお家が多くて、ビーチへは敷地の間にある何本かの通路を抜けるとたどり着けます。
イメージ 2

抜けるとそこは青い海が広がっています。
イメージ 3

振り返れば山が見えます
イメージ 11
ラニカイピルボックスといわれる山頂まではハイキングコースになっていて登れるようになっています。

海ではワンコも楽しそうに遊んでいました

イメージ 4

イメージ 5

砂もサラサラ細かくて気持ち良い〜
イメージ 6

ビーチを端まで歩いてみたら岩場に出ました。
イメージ 7

岩が黒っぽいです〜
イメージ 10

ハワイ諸島は火山が作りだした島だそうです、これもその名残なのでしょうか?

一通り散策したところでカイルア市街地へ歩いて向かいました、
その途中急な坂道を登っていきます

その途中にこんな塔が立っていました。(ラニカイという文字が見えます)
イメージ 8

下っていったら下に見えるのは「カイルアビーチ」
イメージ 9

こちらの海もキレイでした

つづく

開くトラックバック(0)

全716ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事