大当り狸御殿〜大当り映画御殿

●HP「大当り狸御殿」は、プロフィールからお入りを●お待ちしています●

全体表示

[ リスト ]

沈まぬ太陽

イメージ 1

平日の昼下がり、客席は年輩層で ほぼいっぱい。休憩10分をはさんでという映画は、なんと「東京裁判」以来26年ぶりとか。休憩時には、シアター前に 臨時の売店が(^.^)

冒頭から、いきなりジャンボ機墜落の場面が。そして御巣鷹山の墜落現場、何百の棺が並べられた遺体安置所の場面が描かれるのですが、その異質な静けさにリアルさに 息をのみ ただただ仰天させられます。

渡辺謙さん演ずる主人公・恩地が 組合委員長として会社と闘い、懲罰人事で パキスタン イラン ケニアと追いやられ、友であり副委員長だった 行天(三浦友和さんが!)は 転向という形で出世街道を歩みます。
当時は 大きな組織になると、必ず第二御用組合がつくられた時代。あの時代の影がわたしにも蘇りました。

ひとり、一本筋の通った ぶれない主人公は、遺族への対応からなにから まぁヒロイック。後半からの 石坂浩二さん演ずる国見会長やらは、あまりに完璧人物すぎて。

そして、ほかの登場人物は 会社を食い物にする血も涙もない悪い奴として ダーティー三浦友和さんにしろ、往生際の悪い西村雅彦さんにしろ、やや図式化して描かれるのには 釈然としませんでしたが。

ただひとり、香川照之さんが演じた 悲惨な職種に追いやられ 行天に利用され 最後会社にある形で復讐する男には、なんともやるせない共感を。

後半、会社再建のため 時の総理大臣が動き出すあたりから、これぞ山崎豊子という どろどろ魑魅魍魎展開が。
パターンとして面白いのですが、う〜む どこかで観たような世界にも。

とはいえ、日本航空をモデルにした原作そして映画化、西岡琢也脚本 若松節朗監督以下 スタッフの根性の座った心意気は 充分に伝わりました。

一年に一度は、こうした休憩入りの 大長編ものを観たいものです。

それにしても、予告編で流されたのが 近日公開「ゼロの焦点」来年公開「人間失格」、テレビドラマでは 定番忠臣蔵化してきた山崎豊子・松本清張作品に まぁ太宰治作品も、近頃そんな傾向に(^_^;)

2009.10.28 津 マイカル ★★★

閉じる コメント(23)

ジャンボ機墜落の場面はリアルで胸が苦しくなる程に辛かったです、あくまでも会社の為、被害者の為と奔走する恩地と、食いものにする行天や政界の方々は両極端でしたね〜
そっちもなんともやるせないリアルさがあって、それが今の日本を象徴してるようでしたね〜、どこかスッキリしない映画でもありました、
TBさせてください。

2009/10/29(木) 午後 8:39 くらげ 返信する

顔アイコン

ティルクさんへ

いまひとつというところもあったのですが(^_^;)
こうした太っ腹な長編映画、年に一度は観たいです。
こちらの臨時売店(^.^)行列状態でした。
休憩は15分くらいあっても(^.^)

2009/10/29(木) 午後 8:49 たんたん 返信する

顔アイコン

plumさんへ

時間の長さは全く気にならなかったですよ。是非是非。

2009/10/30(金) 午前 9:33 たんたん 返信する

顔アイコン

fpdさんへ

山崎作品はテレビでは年中行事風に。今放映中の「不毛地帯」も まぁ贅沢な役者陣で(^_^;)

2009/10/30(金) 午前 9:36 たんたん 返信する

顔アイコン

くらげさんへ

日本航空では「この映画はみるな!」という指示までは出ていないでしょうが、あれだけ悪悪モードの描かれかたされると 今の体質もと思ってしまいますね。どうなのでしょう(-_-;)

2009/10/30(金) 午前 9:40 たんたん 返信する

たんたんさん、休憩が入る映画を観たのは初めてで・・・貴重な体験となりました。
キャストも豪華で内容も重厚でした。トラバお返しさせて下さいね。

2009/10/31(土) 午前 10:29 くるみ 返信する

長い作品でしたが、主人公に共感できることが多くて見入ってしまいましたね〜
豪華キャストの共演も見ごたえ有る作品でしたね♪
トラバお願いします。

2009/10/31(土) 午後 10:55 juju 返信する

顔アイコン

くるみさんへ

60年代には、けっこう途中休憩映画が多かったのですが〜休憩時間にシアターに入り 後半観て、また始からということも〜(^^ゞ今はなくなりました。

2009/11/2(月) 午後 8:35 たんたん 返信する

顔アイコン

jujuさんへ

山崎豊子さんから、この役は誰 あの役は誰と やはり指示はあったんでしょうねぇ(^_^;)
きっと唐沢さんは、お気に入り役者なのかも。

2009/11/2(月) 午後 8:38 たんたん 返信する

アバター

僕は長さも感じず、十分に堪能させていただきました。
確かに悪いことする側は、図式化され過ぎていたかもしれませんね。
でも、行天のキャラはなかなか傑出していると思いました。
香川照之さんの役は、一矢は報いたわけですが、何とも切ない役どころでしたね。

2009/11/2(月) 午後 11:46 出木杉のびた 返信する

顔アイコン

のびたさんへ

正直なところ、あそこまで理不尽な悪役として某会社を描くというのは・・すこし胃が痛くなるような(^_^;)

その ダーティー三浦友和さんは 確かに新鮮で ある意味 主人公以上のパワーも感じましたが。

2009/11/3(火) 午後 4:46 たんたん 返信する

顔アイコン

見てきました。平日は時間の長さから行っても無理で、土曜日に見ました。善人・悪人をはっきりさせていましたが、最近は日航の社内報で「映画を見るな」とか、映画に対する反発があるようです。フィクションといっても、実在する人物は特定できますから、大変ですね。

TBさせてください。

2009/11/3(火) 午後 7:05 fpd 返信する

顔アイコン

fpdさんへ

観て数日後から、いくらなんでも あそこまで悪にと すこしやるせなくなってまいりました。

2009/11/5(木) 午後 3:58 たんたん 返信する

顔アイコン

3時間超の娯楽巨編としては図式化して描いた方が分かりやすいし、この手法は成功していると思います。私は本当は別の主人公像を観たかったのですが。山崎豊子の力量でしょう。退屈することなく堪能できました。TBさせてくださいね。

2009/11/9(月) 午前 5:51 ヒッチさん 返信する

アバター

会社のためを思ってとった行為なのに、会社からは報復されるという、
なんとも不条理なドラマですが、そのまっただ中で恩地が生きる希望を見つけるような、
そんなストーリーが、観る者を勇気づけてくれました。

2009/11/16(月) 午前 0:38 ffa**77 返信する

顔アイコン

ヒッチさんへ

確かに行天をメインにした「沈まぬ太陽」というのは 正解ですねぇ。ダーティな部分と どうしようもない弱さを交錯させる人物ですし、ヒーロー然とした恩地よりは、奥行きが出るように思います。

2009/11/16(月) 午前 9:01 たんたん 返信する

顔アイコン

ふぁろうさんへ

あの報復行為、それに近い事実はあったのでしょうが、それにしても あまりにも会社側が 冷たく悪辣な奴ばかり、会長さん以外は という描き方もどうかなぁ(^_^;)と思ってしまいました。

2009/11/16(月) 午前 9:04 たんたん 返信する

骨太謙さんも、ダーティー友和さんも見ごたえがありました☆彡
不器用な生き方でも自分の信念を貫いた勇気と根性に敬服です…どうしても長い物に巻かれ、我慢しないと生活が出来ないって事もありますから…(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)
TBさせて頂きました↓

2009/11/18(水) 午後 11:52 沙粧 返信する

顔アイコン

沙粧さんへ

みなみな 謙さんのように生きたいと思いつつ、ついつい 長いものに巻かれるのか 長いものが好きなのか〜(/_;)
わたしも 実は(-_-;)(~_~)

2009/11/19(木) 午後 10:20 たんたん 返信する

顔アイコン

恩地の生き方に共感はするけど、実際は行動できる人が少ないと思いますよ。

2010/5/24(月) 午後 8:30 mossan 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事