大当り狸御殿〜大当り映画御殿

●HP「大当り狸御殿」は、プロフィールからお入りを●お待ちしています●

全体表示

[ リスト ]

空気人形

イメージ 1

ペ・ドゥナさんは、わたしにとって ある時期 アジア系映画の女神様でありまして(^_^;)
卵みたいなお顔に マンガみたいなお鼻と まんまるお眼目がくっついた わがミューズ(^_^;)

鼻血出ればテッシュを鼻の穴に突っ込み走り回る ポン・ジュノ監督「吠える犬は噛まない.00」のヒロイン・ヒョンナムに 惚れ惚れ。
続いて、チョン・ジェウン監督の「子猫をお願い.01」の 愛くるしくもたくましいヒロイン・テヒに ベタ惚れ惚れ。
初のアクションもの「チューブ.03」は 名古屋まで駆けつけたくらいでした。

その後、世評高い「リンダリンダリンダ.05」には ちと相性悪く いつの間にか ハ・ジウォンさんへ心移って今に至るのですが、今度の是技裕和映画だけは 「ペ・ドゥナ最高」の声に押され これは見逃せないと、いそいそ名古屋へ(^_^;)

なななんと ドゥナさんが心を持ってしまうダッチワイフ人形に。
(ついつい この年になるとダッチワイフって云ってしまいます(~_~) 今の呼び名は ラヴドールなんですねぇ(^_^;)

まるで赤ん坊のようにヨチヨチ歩き、心をどんどん開いていく彼女は 確かにペ・ドウナさんあってのキャラです。

持ち主板尾創路さんに可愛がられつつも 心を持った彼女は レンタルビデオ店で働くようになり ARATA青年に心惹かれ 幸せな日々を過ごしますが、彼女はやっぱり代用品の人形、店主の岩松了さんに遊ばれた後 自ら自分の代用○○をゴシゴシ洗ったりと 一筋縄のファンタジーにはなりません。

彼女が怪我をして あっという間に全身の空気が抜け、それをARATA青年が 怪我したところにセロテープを貼り 空気穴から息を吹き込むというシーンがあるのですが、まぁそれだけのことなのに、なんとエロチックなことか、彼女の 息を吹き込まれ蘇る その表情、これぞドゥナさんというクライマクスです。

残念なのは、ラスト近く やや唐突な猟奇的展開で、いくらカラッポ同士であってもあれはないんじゃぁと。出演者一同が 彼女にハッピーバースディトゥユーという幻想シーンも、う〜む。富司純子さん、余貴美子さん他の方々、高橋昌也老人のくだり以外は 生きていなかったようにも。

ドゥナさん最高に間違いはありませんでしたが。

すこし こころのこりの作品に。

2009.10.31 名古屋 名演小劇場 ★★★★ ここは、初めてのシアター。上映前、女性の方が肉声で案内を。

閉じる コメント(21)

アバター

空気を吹き込まれる時のペ・ドゥナの表情が官能的でしたね。
人形だし、ファンタジーだし、結局は何でもありですね。

初めての劇場って、毎回なんか発見があっていいですよね。

2009/11/2(月) 午前 1:11 ffa**77 返信する

ファンタジーと現実がラブド―ルを通じて比喩的に表現され、
人間の生と死を描いて…痛くて怖い映画でありました。
衝撃的なシーンもドゥナさん演じる人形の可愛らしさでしっかり見られました‼(^^ゞ
TB下さり、ありがとうございました。お返しさせてくださいね〜♫

2009/11/2(月) 午前 9:10 ふぇい 返信する

顔アイコン

途中からきっと猟奇的な話になるんだろうなぁ、と覚悟はできていましたが切なかったです。
大人なファンタジーってとこでしょうか。
トラバさせてくださいね。

2009/11/2(月) 午前 10:34 あこまる 返信する

顔アイコン

もっさんさんへ

ドゥナさんのコスプレを楽しめる(^_^;)作品でもありました。
「グエムル」では、終始ジャージー。「ほえる犬」では、終始パーカー。今回は いろいろと(^^ゞ

2009/11/2(月) 午後 8:49 たんたん 返信する

顔アイコン

ふぁろうさんへ

恋する男の息を吹き込まれての彼女、ドゥナさんが あんなにセクシーな表情をみせるなんて〜もう後にも先にもありません(^_^;)

2009/11/2(月) 午後 8:54 たんたん 返信する

顔アイコン

フェイさんへ

不可思議で すこし怖い映画でありました。
そして、ドゥナさんが それを超えて生身で表現してくれてるというのが 感無量でありました(^_^;)

2009/11/2(月) 午後 8:58 たんたん 返信する

顔アイコン

あこまるさんへ

わたしは 覚悟してなっかったので(^_^;)
ちょっと驚いてしまいました。(原作は知らないのですが)もっと別の方向へ彼女を操ってほしかったようにも。

2009/11/2(月) 午後 9:01 たんたん 返信する

ドゥナ・・・お綺麗でしたよね。名古屋まで遠征して見たのに・・・
心残り・・・残念です^^;
トラバありがとうございます!トラバお返しさせて下さいね^^

2009/11/2(月) 午後 9:37 くるみ 返信する

顔アイコン

東京で生きる一部の人たちの生活がやたらリアルでした。
空気を抜かれたり、入れられたり・・
すごい演技でしたよね。
そうですね、最後はちょっと寂しかったというか、同じく心のこりって感じもしました。
TBさせてくださいね。

2009/11/2(月) 午後 9:48 car*ou*he*ak 返信する

切ない映画でしたね。
心を持ったら、とても幸せなはずなのに、悲しい、幸せではない・・・。
「空気人形」さんの生みの親である、ゼペット爺さん、じゃなかった、オダギリジョーさんの言葉がよかったですね。
タンポポの綿毛・・・、温かい気持ちになりました。
トラックバックのお返しをさせてください。

2009/11/2(月) 午後 9:50 [ てるてる ] 返信する

顔アイコン

今のラブドールって空気入れるんじゃないらしいですから、(「ラースとその彼女」見て発見)から、やっぱりダッチワイフではないかと? ラストは、何でああいう話になっちゃうのかなあっていう気はしました。生ゴミシーンは「この人でなし!」って思っちゃいました。(生ゴミと認識してるところが人でなしかと)TBさせてください。

2009/11/3(火) 午後 8:56 [ einhorn2233 ] 返信する

顔アイコン

くるみさんへ

「ユリイカ」 ペ・ドゥナ総特集号も おもわず購入してしまいました(-_-;)

2009/11/5(木) 午前 9:00 たんたん 返信する

顔アイコン

cartoucheさんへ

板尾さんの「心はいると 面倒くさいねん」ってのは、、わかるわかるという思いを(-_-;)

2009/11/5(木) 午前 9:02 たんたん 返信する

顔アイコン

てるてるさんへ

心を持つと悲しい、なんとも わかるわかる せつなさでした(-_-;)

2009/11/5(木) 午前 9:04 たんたん 返信する

顔アイコン

einbornさんへ

いったいラブドールってどうなってるのか、そういうショップに見にいこうかな(^_^;)
生ゴミシーンは、う〜む不可解でしたねぇ(~_~)どうやって運んだの、どうやって包んだの(~_~)

2009/11/5(木) 午前 9:08 たんたん 返信する

顔アイコン

私にとっては、アジア系のみならず世界的な女神さまなのです。とにかくペ・ドゥナの魅力に尽きる映画。映像も綺麗で堪能いたしました。TBさせてくださいね。

2009/11/7(土) 午前 6:52 ヒッチさん 返信する

アバター

セロテープを貼って、息を吹き込むシーンは、本当に官能的でしたね。空気人形が恥じらうので、更に色気を感じてしまいました。
この作品は、ペ・ドゥナさんあっての映画だと思いました。
確かにラストの展開は僕も引いてしまいましたが、ハッピーバースデーにはホロリときてしまいました。

2009/11/22(日) 午後 10:37 出木杉のびた 返信する

顔アイコン

ヒッチさんへ

ヒッチさんがそこまでドゥナさんを!と(^^ゞ
嬉しい限りです。
なんか 涙ぐんでまいりました(^_-)-☆

2009/11/24(火) 午後 7:49 たんたん 返信する

顔アイコン

のびたさん ヒッチさんのレヴューで、
なんと読みが浅いことかと、痛感してしまいました(-_-;)

空気人形=空気人間の哀しさ、深いです。

2009/11/24(火) 午後 7:53 たんたん 返信する

顔アイコン

心を持つことに喜び、苦しみそして「たった一度の人生」として生きる決断をした彼女は代用品なんかじゃなくたった一人の素敵な女性となりましたね。
TBさせてください。

2009/11/24(火) 午後 8:56 かず 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(11)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事