ここから本文です
要注意!行動は全部見通し。うちの周辺で毎日救急車、警察車のサイレンが鳴って、うちを訪ねてる人達を途中で事故や病気を装い連れ去って

書庫検察

記事検索
検索

全1ページ

[1]

検察まで、、、

国家システムがメチャクチャになってるのに、、、

検察庁に告訴して、呼び出しもあり(2013年3月)、
待つように言われ、それから連絡を待ってたのに、、、
いくらまっても連絡がなかったので、
9月03日電話をしたところ、
担当の江渕検事は移動になったと言われ、
私の事件の事を尋ねても分からないとの事で、
直接検察庁を訪ねて入り口で事情を話をしたら、
事務官を名乗る人達(3人)が入り口まで出向いて
建物の入り口で対応をし、
事件を調べて連絡するといわれ、まってたら下記の通知が来たので、

イメージ 1

で、電話をしたら、不起訴になってるとの返答で、
納得行かなくて、会ってはなしがしたいといい、
検察庁を訪ねたら、また前回の事務官とういう人が、
また入り口で立ち話で対応をし、、、
不起訴なら書面でお願いしますとお願いをしたところ下記のような通知が来ましたが、
相手の名前、住所も不明で、、、
当時の時も警察官達が加害者をかばい、
被害届を出してる私を加害者に仕立てようとしたのに、
検察もなんの役に立たず、、、


イメージ 2

イメージ 3

どころが、これらは本当に検察庁からの
正式的な通知書なんでしょうか
事務官を名乗った3人組みは

本当に検察庁所属の人達だったのでしょうか?。。。

3月22日以降にも電話連絡をしたり、訪ねた時にも
江渕検事の事務官(?)である人が対応した時に
そんな事言わなかったのに?待つようにと言われたのに。。
あらゆるところで、
警備員、入り口の受付、電話交換手、担当者などが
グルになって
完璧な演出、演技で騙し、誤魔化しを
目撃・経験してるので、、

殆どの人達が騙された事さえ気付かず騙されてる現実を何とか対応・根絶できないんだろうか?。。


今までの経緯は、
http://blogs.yahoo.co.jp/ansund59/30997974.html
http://blogs.yahoo.co.jp/ansund59/31591523.html
をご参考にして下さい。

この記事に

開くトラックバック(0)

先日02月26日、
去年8月25日の事件でやっと検察から通知が来ました。
http://blogs.yahoo.co.jp/ansund59/30997974.htmlをご参考に)
 
イメージ 1
で、
日時調節をする為、
02月28日に検察を訪ねたところ、
またここでも、入り口で不審な事が色々あり、、、

検察入り口で用件を話をしたら、
  中へ入って聞いたのか戻って来て、
  今取り調べ中なので、電話に話するのでと言われ、
  とりあえず中へ入れてもらい、検察庁1階で、荷物検査をしたが、
  相変わらず、
  警備らの不審な様子に、二転三転した返答、対応で
  電話で話しした方が、本当の江渕検事なのか、後から、   
  2月28日16時40分に405室であった人が替え玉でなく
  本当の江渕検事なのか分からない、、、、
電話では私と、江渕検事の両方を成りすましがそれぞれ対応させる
からくりも考えるので、、、
部屋は空き部屋を偽装し使うか、
しばらく席を外した隙間に使うかだが、、、

映画のような話だが、
このような替え玉、成りすましの事を以前経験してるので、
まったく妄想やありえない話ではなく、
実際に現実で行ってます。
殆どの人達が騙された事さえ気づかず騙されてるので
公にならないだけです。
 
とりあえず、お話をし、
3月04日(月)午前中にとお願いをしたところ、
都合が悪くて、
事情聴取を03月05日(火)10時30分に決められ
帰る事になりましたが、
帰りの玄関でも、気になる事が、、、
私が検察庁を出たところ、
警備員らしい人が外で制服を抱えてウロウロし、
中で対応した人の合図で中へ入ってる様子、、、
???

この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事