宇山恵子の取材日記

オールアバウト「アンチエイジング」ガイド宇山恵子が取材した健康、医療、ヨガ、エンタメ情報などをお伝えします。

全体表示

[ リスト ]

 
イメージ 1

ロンドンのシティー大学キャスビジネススクールのピーター・フレミング教授は、フレックスタイム制など、自立と自由度が高いように見える魅力的な職場には、落とし穴があることを、フランスの哲学者ミシェル・フーコーの「バイオパワー(生の権力)」という視点から分析し、201311月号の科学雑誌『Humanrelation』に投稿しています。

 

2013815日、米銀バンク・オブ・アメリカのロンドン投資銀行部門で研修プログラム(インターン)中に死亡したメリルリンチ部門の元インターン、モーリッツ・エアハルトさん(21歳)は、2週間で8回徹夜し、亡くなる前の3日間は、徹夜(朝6時まで)で働き続けていたことが明らかになり、大きな話題になりました。

 

昔は権力と言えば「ルールに従わなければ殺す」という「殺しの権力」でしたが、現代の権力は人間の「生命そのもの」に介入し、あたかもその集団の中で、個人の自由が広く認められているように思わせておきながら、気がつきにくい権力(清潔にする、勤勉に生きる、ルールを守るなど)で、人間を統制・管理し、生かしつつ支配していく「生の権力(バイオパワー)」だとミシェル・フーコーは指摘しました。

 

フレックスタイム制は、従業員が好きな時間に出退社できる、自由度の高いシステムとして多くの企業で導入されています。

 

しかしこのシステムが本当に自由なものでしょうか? かつては「9時から5時まで働く」という「規律」の中で働いていた私たちは、今度は自由が認められているにもかかわらず、食事中も、寝床の中でも仕事をして、「サービス残業をするのが当たり前」、「新人は寝る暇も削って働くもの」という「職業倫理」や「仲間意識」に束縛されているのではないでしょうか。

 

そんな職場で、四六時中、仕事をするのが当たり前になり、「休む、眠る」という人間の生命維持に必要不可欠な行為も、いつの間にか「時間の無駄」に思えてしまったのでしょう。まさにこれが、ミシェル・フーコーの言う、「生の権力」の恐ろしさではないかと、研究者は指摘しています。

 

Peter Fleming. When 'life itself' goes towork: Reviewing shifts in organisational life through the lens of biopower.Human Relations, November 2013


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事