ここから本文です
山岳同人青鬼の記録
山岳同人青鬼の記録です
北海道支部のGTです。

なんつうか春ですね

3月最後の日曜日暇だったので遊んできました。
スキーもしたいし、春の上ホロもいい
悩んだ結果いいとこどりということで。

旭川のガッツウォールのたまる店長の名誉付き人のガッツさんと話していて
「春の時期に雪安定したらカミホロ正面壁に突き上げる適当なルンゼ登ってピーク突き上げたら気持ちいよねー」との話がでて、それや!とやってきました。

6:45に出発
スパンティークにウロコスキーでアプローチ。
やはりシールなしだと、登高力が低くてちょっとしたところでジグ切りまくり。

そんなこんなで1時間30分ほどで正面壁取り付き尾根へ
正面壁ついて、よくわからないけど簡単そうで内面登攀で高度感の
少ないルンゼにスキーを背負って飛び込む。
あとで調べたら中央ルンゼだった。

適当にフリーソロで10:00頂上
途中は何か所か乗越があったものの落ち着いて登ればどうということはない。
(マントル返す時に頭上のでかいエビのしっぽにスキー刺さって焦ったが)

あとはヤツデ岩の裏からスキーで凌雲閣までぴゅーん
(山靴でスキーコントロールできずこけまくったのは内緒)

イメージ 1
中央ルンゼ


イメージ 2
カミホロ頂上


イメージ 3
良い天気で気持ちがいい


イメージ 4
上富良野岳でパチリ


この記事に

青鬼北海道支部のGTれすぅ。

ちょっとまえですが3/17-21ごろまで
内地からちっぺこと茶さんが遊びに来ました。

パラグーフォール登って、すぐ横のドライも遊んで
上ホロカメトックの化け物行って、雲居の滝と尾滝、NAKA滝のぼって
遊びました。

この時一緒に登った茶さんは青鬼ノリをお気に召していただいたのか
青鬼に入団していただきましたー

興味のある方はお気軽にどうぞ

イメージ 1
ぺっぺっぺのちっぺさん

イメージ 2
年末年始のアイス修行の成果か凄く巧くなってた

イメージ 3
カミホロ下山してパチリ。プチビバ上ホロといった具合で眉毛が凍った

この記事に

3月4日〜5日で錫杖に行きました。
ペコマとチッペ。

土曜日は3ルンゼ〜グラスホッパー継続。
日曜日は1ルンゼにトライしたものの太陽サンサンで1ピッチで終了。
左方カンテに転戦するも3ピッチ目のルンゼが溶けて終了。

この記事に

2017.03.05
松木 他1名

イメージ 1
良く凍ってました。

この記事に

開くトラックバック(0)

青鬼 北海道支部のGTです

2017年2月19日に北海道小平にある天狗山南東壁を登ってきました
おそらく初登です。

壁は100m以上ブッ立ち、リングボルトなどでのエイドでは登れない
もちろん登攀記録も見つかりません。
オンサイトのワンプッシュとはいきませんでしたが満足できる登攀でした。

発見の経緯は、パートナーのコバチョフがネットで発見
GTが偵察に行き、登れると判断
コバチョフGTレオナルドで一回目トライ、落石でGT歯が折れ、粘るも敗退。

コバチョフGTリベンジし、完登。

初登の対象を見つけるという一番の核心をやってはいませんが片手落ちだけど頑張った。


グレードより見た目のプレッシャーと壁の脆さに気を使いました。
えがった。
2回トライしたおかげ(?)でオールピッチリードできて大満足。
歯も折ったけど、もうまた登り行きたいわ。病気かな?

イメージ 1

天狗山全景

イメージ 2

南東壁全景

イメージ 3

取り付き。このスケール

イメージ 4
1P目 ワントライ目のコバチョフリード 1P目から結構ピリリ

イメージ 5
1P目 雪が乗るとこんな感じ

イメージ 6
2P目 核心。技術的にもメンタル的にも。
8m程度のランナウト。かけるかもしれないホールドを繋ぐ
パンプで握力の無くなった手で前に進むしかない。

イメージ 7
3P目からの落石で前歯がポッキリ。
3P目は登攀距離も長く、小ハングやOWやベルグラ、バーティカル藪漕ぎなど楽しめる。花道だ。

イメージ 8
TO 上部雪田からはチリ雪崩のでかいのが来るので注意

イメージ 9
稜線はかっこいいナイフリッジ。


鼻折天狗
1p:4級− 15-20m
2p:M5−R 30m 
3p:4級+ 60m

イメージ 10
トポ
南東壁自体は横にも広く、高さのあるメインウォールとサイドウォールに分かれます。
今回登ったラインはメインウォールの最も易しいものと思われますが、十分難しい。
私個人の理想のライン「ピークに向かっていて、その壁の弱点ながら難しい」を叶えるいいラインでした。

写真はコバチョフ、Reona.Kにも借りました。

記録:GT

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事