アサヒ ペンタックス Sシリーズ 博物館

少しずつUPします。ながーい目でお願いします。

収蔵品 レンズ編

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

あしたはもう月末!「月に一回以上は更新する」というノルマを自分に課しているので、いざ展示へ。

イメージ 1

レンズ収蔵品、第106番のマクロ タクマー 50mm f4の初期型です。以前からプリセット絞りを持つマクロタクマーには、前部の絞り環に数値の表示がない初期型があることは、認識していました。初期型マクロタクマーは、年に数本遭遇しますので、特に珍しいレンズではありませんが、なぜかプリセットのマクロタクマーは、初期・後期型問わずに人気があり、納得できる価格での入手ができず、収蔵が遅れていました。

イメージ 2

ご覧の通り左側の初期型には、2つある絞り環の前部に数値が表示されていなく、白点のみが彫られています。プリセット絞りのマクロタクマーの製造番号は、79万前後と100・200・300万代がありますが、79万前後のシリアルの初期型だけ、この表示方法となっていました。普通、「絞り表示は2環ともあったほうが、使いやすい」という指摘があって改良された、と考えますが、このレンズは1964年発売。1957年発売のタクマー58mm f2以来、Sシリーズのプリセット絞りは、伝統的に2環とも絞り表示アリでしたので、なぜ、このマクロタクマーだけ省略したのか、それなりの意図があったのでしょう。

イメージ 3

旭光学の50mmのマクロタクマーは全て、テッサータイプの構成になっています。Sシリーズ前身のアサヒフレックスの標準レンズ、タクマー50mm f3.5もテッサータイプですので、当初は写真愛好家よりも、研究者や教師向けとして開発されたアサヒフレックスは、初めから接写を強く意識していたのかもしれません。

イメージ 4

ダブルヘリコイドの採用により、もっと長く伸びますが、若干ぐらついたり、距離ストッパーの節度感がありません。最短距離でカチッと止まらずに、フニャ感(笑)があり、それは当時、一部のレンズメーカー製の安レンズと同じ感触で、あまり好きなレンズではないのです。

開く コメント(4)

レンズ展示が終り、アクセサリー編に進む前に、ここ1〜2年で収蔵したレンズの展示を行います。

イメージ 1

レンズ収蔵品第105番の、タクマー 200mm f5.6 初期型です。最初期型と思われる、シリアルナンバー50万代のタクマー 200mmに遭遇しましたので、他の収蔵品との違いがあるのかを確認するために、まずは収蔵しました。

イメージ 2

判りにくい画ですが、届いたレンズを確認してまず驚いたのは、絞り羽根の位置と枚数(初8・中後10枚)が違うということです。絞りの位置というのは、どこでも良いというわけではなくて、光学の知識の無い者が作った、いいかげんなマウントアダプターにみられるように、後玉のさらに後ろは論外ですが、その位置が、画質やボケ等のレンズ性能を左右する重要なファクター、といわれています。

イメージ 3

初期・中期・後期(=テレ・タクマー表記)と比べて見ますと、全長も違います。ヘリコイドの入る位置が違っているのかとも思い、同型の複数のレンズ及び無限遠を確認しても異常なしです。

イメージ 4

これまた判りにくいのですが、前玉からフィルターネジ付近の構造が違っていて、そのために全長も違うのか、とも思いよく観察すると、初期型のほうが、明らかに前玉の位置が前方に出ています。しかし、レンズ構成の違いまでは、判断できませんでした。

イメージ 5

多くのタクマー同様、初期型には赤外指標はありません。

3本のレンズのフランジ面を合わせて、前玉の位置も同じになれば、鏡筒の微妙な寸法の違いだけの可能性が大ですが、初期型の前玉は他の2本よりも前にありました。絞り位置の違いで、レンズユニットを前方に出す必要があり、その分、マウント周辺の寸法を縮めたのでしょうか?それとも、レンズ構成も違うのでしょうか?

このレンズは当時の旭光学が満を持して発売した、ペンタックス初のテレフォトタイプの超小型・超望遠(当時は200mm以上が超望遠の範疇でした)レンズでしたが、性能的あるいは、組み立て効率などの理由で、すばやく絞り位置の改良をうけたため、やや大型になってしまったのでしょうか。

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

いよいよレンズ展示の最終回、レンズ収蔵品第104番、SMCタクマーズーム 135〜600mm f6.7の登場です。SMCという名称の通りに、タクマーレンズでは、最終盤に発売されたレンズです。135mmからのズームレンズではありますが、かなりの巨体でクリック絞りのみ、もちろん手持ち撮影は不可能ですので、頑丈な三脚に据えて、報道カメラ席からの競技撮影や、動物の生態撮影等に使われていたのでしょう。このレンズの販売期間は1972〜1975年、すでにニコンは超望遠ズームを販売していましたが、200〜600mmで f9.5!さらに超望遠域の画質が低い。ある程度の需要があるのか、後年レンズメーカーのトキナーやシグマからも、似たようなズームレンズが販売されましたが、このタクマーが高性能超望遠ズームの第1号だと思います。

イメージ 3

イメージ 4

他のタクマーズーム同様、このレンズにも専用のアタッチメントレンズ(付属)が用意されていて、最短撮影距離6メートルを、さらに3.5メートルにまで縮めることができます。

長焦点になると設計が容易になるのか、このレンズをお手本にしたのか、タクマー以降の超望遠ズームは皆かなり良好な画質でした。とくにトキナーの150〜500mm f5.6は、SDレンズを2枚使用し、自動絞りkAマウントがついて、実売10万前半という高性能で、強く印象に残っています。

イメージ 5

装着は後部のアタッチメントを外して行いますが、タクマー500mmや1000mmのそれとは互換性は無くて、やや短い専用品ですね、なぜ共通にしなかったのでしょうか?丸いノブを緩めると90°ごとにクリックがあり、縦横の切り替え可能、締めると固定ができます。ただ、この部品のネジが浅くて取れやすいので、要注意です。

開く コメント(2)

イメージ 1

レンズ収蔵品第103番は、スーパーマルチコーテッド タクマーズーム 85〜210mm f4.5です。前モデルの70〜150mmズームに比べて、少し細身になり、結構な軽量化がなされました。しかし、依然として200mmの単焦点レンズに比べれば、かなりの大型レンズには変わりありませんし、主に100mm周辺を使う人には、高価なのに暗く大きく、画質冴えずで、まったくメリットがありませんでした。

レンズの長さといい、マウント付近のデザインといい、三脚座があるとも思えますが、三脚座は使用できません。70〜150mmズームや300mmのレンズには三脚座がありますが、SMCタクマー300mm f4の860gに対して、このズームは700g。焦点距離も考慮して、社内規格では、不要と判断されたのでしょう。しかし、ズーミングの操作をすれば、かなりの負荷がかかるので、SV以前のボディーには使用しないほうが無難でしょう。

イメージ 2

製造番号は3・4・5・6・7・800万代の広範囲に亘っていて、このようなことは、タクマーでは、このズームにだけ見られる現象です。だからといって、多数製造されて、多数販売されたわけではなく、ある程度のロットが飛び飛びの番号で製造されていました。この時代、すでにズームレンズはレンズメーカー製が強みを見せつつありましたので、旭光学としても在庫を見ながら、小ロットを繰り返し製造していたのだと思います。

イメージ 3

付属フードはタクマー ズームのみの表示に変更され、専用のアタッチメント レンズも付属しました。

イメージ 4

これは、エラーレンズですね。極めて珍しいというわけではなくて、稀に見かけます。Rの右下の線を彫刻し忘れたんですね。銘盤を作る下請けの工房で、製作途中に電話でもかかって来たのでしょうか?SMCタクマップ ズーム、今風に表現すると、チャラい!(笑)。

開く コメント(7)

スーパー タクマー ズーム 85〜210mm f4.5は残念ですが、未収蔵品となっています。この後に展示予定の、スーパー マルチ コーテッド (以下SMC)タクマー ズーム 85〜210mmが発売される直前に、少数販売?されたレンズで、レンズ構成や鏡筒の構造は、SMCタクマー ズームと同一と思われます

このレンズが存在することは確実で、知り合いの知り合い(笑)の方が所有されておりますので、いずれ機会があれば手に取って観察したいと思っています。最大の関心事は、モノコートなのか、SMCなのかという点ですが、はたしてどちらなのか?(M42マウントの紹介本ではモノコートの記載あり)しかし、スーパータクマー ズーム 70〜150mmの最後期型はすでにSMC化されていますので、結局は、レンズ銘盤のみの違いだと思っています。開発段階では、開放測光マウントが付けられなかったので、SMCタクマー銘にしなかったが、販売サイドから「それでは売れん!」と突き上げられて、すぐに変更されたのでしょうか?

イメージ 1

ちまたでは時折見かけたり、オークションに出たりしますが、いままでに遭遇した自称スーパー タクマー ズームレンズの全てがSMCタクマーでした。それには理由があり、比較的早くに、タクマー ズーム 表記に変わりましたが、初期の85〜210mm SMCタクマー ズームに付属している専用フードには、スーパー タクマー ズーム と表示されていたため、誤解されてしまうようです。

イメージ 2

SMCタクマー ズームは1971年の発売ですが、全長217.5ミリで705g、70〜150mmのタクマーズーム(1140g)よりはだいぶ軽くなりましたが、依然としてかなりのヘビー級でした。Sシリーズの時代よりは下りますが、1979年発売の真ん中のタムロン ズームは151ミリで610g、右のシグマ(同1990年)になると、79ミリで410g。特にシグマの広角側では、210mmのズームレンズとは、とても思えない大きさとなりました。

イメージ 3

シグマのズームを広角側にしてSPに装着してみました。小さいでしょ!タクマー ズーム 85〜210mmレンズの製造番号は、300万 4・5・6・7・800万代の広範囲に亘りますが390万代の初めのレンズまでがスーパー タクマー銘だったようです。

イメージ 4

惜しいですねぇ、あと少し(笑)。

開く コメント(13)

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事