K保の自転車鍛錬記

千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす。意志薄弱男による名前だおれの活動記録。

全体表示

[ リスト ]

火垂るの墓 ケータイ投稿記事

イメージ 1

金曜ロードショーで火垂るの墓をやるのかーと思っていたら、急に娘をあずかることに。不思議とトトロや魔女の宅急便などジブリ作品のはいる金曜日は娘と2人の事が多いです。
火垂るの墓は、とても重い作品なので、6歳の娘に受け入れられるか不安はありましたが、何気なくつけていたら見入っておりました。内容をだいたい理解できるのでショックも受けていましたが、今回親子で見ることができたことは、とても意味のあることでした。今まで何度も見た作品ですが、今更ながら秀逸です。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

おおっ! サクマ式ドロップス!

娘ちゃんにはうちで売ってる小座布団を二つ折りにした防空頭巾をプレゼントしたいな(^v^)

火垂るの墓は数多く観たが清太さんが西宮のおばさんに何言われても我慢をしてれば節子は死なずに済んだと思うのだが(悲)

清太さんが畑のイモをかっぱらってオヤジにしばかれる時の「すんまへん、堪忍してください もうしまへんよってに」が個人的は好きです。

2013/11/25(月) 午後 2:01 [ ティカ橋 ]

ティカ橋さん
その通りなんですよね。清太は学校へも行かず働かず…根本の原因は戦争による両親の死なのですが、単なる戦争がもたらした悲劇ではなくて色々な見方ができるのがこの作品の深いところだと思います。でも節子が死んだホタルを土に埋めながら、母の死を知っていたことを呟くシーンは切ないなぁー。

2013/11/26(火) 午前 8:45 [ K保 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事