全体表示

[ リスト ]

「スイカップって何カップ?」

「知るわけないじゃん!」





スイカップ古瀬絵理「夫婦円満の秘訣は『家庭内セクハラ』」
2018年9月5日 2時0分
Smart FLASH

 2000年にNHK山形の契約キャスターになった古瀬絵理(40)は「スイカップ」の愛称で人気になった。

「胸については『必ず上から何か羽織って隠すように』というお達しがありました。芸能事務所から、私あてにスカウトの手紙が届いたことがあったんですが、局長が開封して読んでたんですよ。『これ、どういうことだ?』って聞かれて、やり合ったのを覚えています」

 26歳で現事務所の所属になり、フリーアナとして全国デビューする。

「人見知りだったので、スタジオ収録のときは特に緊張しました。クイズ番組のアナウンサー対決企画では、元NHK枠で大先輩と組むことになってドキドキ。緊張で前夜は眠れませんでした。お会いするといい方で、ほっとしました」

 観葉植物店を営む8歳年上の夫の影響で植物好きに。

「夫婦円満の秘訣は『家庭内セクハラ』。すれ違いざまにさわり合うスキンシップが欠かせません(笑)。毎日、『愛してる』とお互いメールするし、仲はいいですね。

 最近、小1になる一人息子がダジャレにハマってて、この前も出がけに『いってきまスイカ!』と。スイカップを知らないとはいえ、よく私に向かって “スイカ” と言ったな! って呆れました(笑)」

ふるせえり
1978年2月8日生まれ 2000年、NHK山形放送局の契約キャスターに。2004年にフリーとなり、経済番組などで活躍。グラビアにも挑戦する。2011年に結婚し、一児の母

(週刊FLASH 2018年8月21・28日合併号)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事