全体表示

[ リスト ]

「てゆうか税金対策?」モア





芸能人がやりがちな「副業失敗」6選。3ヶ月で閉店も…
2019年3月15日 15時47分
女子SPA!

 抜群の知名度を活かし、「副業」に手を出す芸能人は多数います。

 その中にはうっかり手を出したばかりに失敗……なんて人も。そんなトホホな芸能人を見ていきましょう。

◆篠田麻里子 ブランドプロデューサー業が不評。製造元は自己破産

 芸能人が手を出しがちなのがアパレル。元AKBの篠田もその口です。

「AKBに入る前からの夢だった」として、12年にプロデューサーとして若い女性向けブランド「ricori」を開始。1号店を新宿にオープンさせた後は、約1年半で全国に4店舗を構えるまでに成長しました。

 しかし、リボンが3つ付いたタイツを4000円で販売するなどネット上では「ダサい」「ボッタクリ」と散々な評価。そして14年7月、突然全店舗の閉店を発表しました。これは従業員も寝耳に水だったようで、「突然昨日、閉店ということになりまして……」と対応に追われました。

 製造メーカーの負債は億単位にのぼり、販売元は自己破産。経営に携わっていない篠田に責任はありませんでしたが、その年の3月には同ブランドの名を使って仕事をしていたにも関わらず「去年までアドバイザーとして携わっていただけに残念」とツイートし、「責任逃れか!」と批判が殺到した苦い思い出があります。

◆佐々木希 デザイナー業いったん休止後、再挑戦中

 モデルの佐々木は10年、愛犬とのペアルックがコンセプトのアパレルブランド「コットンクラウド」を立ち上げ、デザイナーデビューを果たしました。

「2、3カ月かけてデザインしました。(犬の服は)2000〜3000円で買えます。安いです。人間の服は痩せて見えるように、形にこだわりました」

 会見で笑顔でそう語っていましたが、レースやギンガムチェックなどを使ったキュートすぎるデザインに「佐々木希くらい顔がかわいくないと着れない」と女性たちは敬遠。売り上げは芳しくなかったよう。わずか2年で「芸能活動との両立が難しい」としてデザイナー業を休止することを発表し、原宿にオープンしていた店舗も閉店となりました。

 元々自身のファッションブランドを持つことに並々ならぬ情熱を持っていた佐々木は、17年に新ブランド「アンティミテ」を立ち上げ、再挑戦中。インスタでも積極的にアピールしています。

◆紗栄子 ファッションブランドのデザイン盗用疑惑のち閉店

「“他人の金で生きている女”と報じられることが多いのですが、意外と自分自身で稼いでいるんだけどなあと。」出演番組でこのように発言し、ファッション通販などで年商数億円を誇る実業家の顔を持つ紗栄子。ですが、成功の裏で失敗もしています。

 08年に自身はディレクターとの立ち位置でファッションブランド「Pepii.Kitty(ペピィキティ)」をスタート。商品は、宮崎市内で紗栄子の父親が経営するアパレル会社を通じて販売していました。

 ですが09年2月、ブランドのアイテムの6点ほどについて、デザインが他ブランドのものと酷似していると指摘がありました。このデザイン盗用疑惑について正式な謝罪等はなされず、営業不振に陥り2010年に閉店。

 その後、11年2月に多くのブランドを展開するMARK-STYLER株式会社による「miraville」のプロデューサーになったものの、同年11月に「プロデューサーとしての契約期間が満了した」と発表しています。

◆スザンヌ 熊本での飲食業3ヶ月で閉店

 アパレルと同じくらい手を出しやすいのが、飲食。たったの3カ月で店を閉店させてしまったのが、タレントのスザンヌです。

 16年、地元・熊本で念願だったカフェをオープン。前年に元プロ野球選手と離婚しプライベートではゴタゴタ続きでしたが、長年の友人夫妻とともに新たなビジネスを始めることに意欲をのぞかせていました。

 しかしわずか3カ月後、閉店へ――。その理由について昨年5月放送の『坂上&指原のつぶれない店SP』(TBS系)に出演した際、「お金の計算ができないまま始めたので、3カ月くらいでガタガタになって……」と明かしていました。

 おバカタレントとして一躍ブレークしたスザンヌ。そのキャラは本物だったようです。

◆元木大介 ラーメン店、4年で経営から撤退

 読売ジャイアンツで13年間プレーした元プロ野球選手の元木はラーメン店で失敗しました。今年コーチとして古巣に戻るまで、バラエティ番組を中心にタレント活動にまい進。その知名度を活かし、上野からほど近い御徒町に1号店をオープン。10年のことでした。

 その2年後にはオシャレエリア・広尾に2店舗目を構えるも、約半年で閉店。14年に1号店を足立区に移転しましたが、こちらもひっそりと閉店。約4年で経営から撤退することになりました。

 そもそも「食器の種類が少なくてラクそう」という理由でラーメン店を始めたため、場所選びや開店準備の対応はずさん。スープにはこだわりがあったそうですが「従業員に味を変えられた」と、店員からはもはやオーナーという認識を持たれていなかったと言います。

 しかも足立区へ移転した理由についても「店長が『家から近いからここに決めました』って勝手に決められた」そうで、「ずっとナメられてた」と自嘲気味に深夜番組で語っていました。しかし『しくじり先生』(テレ朝系)など他番組でもバンバン話していたので、ネタにはなったよう。

◆花田虎上さん ちゃんこダイニング「若」運営会社が経営破綻

 元横綱・若乃花の花田虎上(まさる)さんが02年7月に設立し会長に就任したドリームアークが経営していた「ちゃんこダイニング若」。

 最盛期には国内28店舗、韓国1店舗の計29店に拡大し、看板メニューの『塩ちゃんこ』をひっさげてのテレビへの露出も多く、安泰かと思われましたが、2010年5月、負債総額4億4700万円を抱え、東京地裁に自己破産を申請しました。

 業績不振の原因は、夏場の来店客減少や、新メニューを打ち出せず、あきられてしまったなど諸説あるようです。

 その後も、個室居酒屋を中心とした飲食業のアンドモワ株式会社が展開する「若の台所」に、プロデュースという形で携わっています。

<文/女子SPA!編集部>

【女子SPA!編集部】
ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。

facebookで送る
twitterで送る
LINEで送る
外部リンク女子SPA!

柴咲コウ、山田孝之が会社起業!副業がスゴイ芸能人7選
有村藍里の整形に共感の声。だけど「心が心配」という意見も…
泉里香『ワンピース』キャラ完全再現。「再現度に納得した」芸能人ランキング
「スザンヌ」をもっと詳しく

スザンヌが東京を離れた理由
里田&スザンヌ再会 木下巡り推察
スザンヌ おバカイメージ払拭中

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事