あおきんの気まぐれ日記

最近は、ぷちガーデニングから浮かぶ俳句や短歌を主な記事にしています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

(上の写真は、手帳にお守りのように挟んでいるものです。ネットで掲載されてたものを印刷しました。)

このブログは、次の理由で始めました。

減量のために運動するのであれば何がいいだろう? そうだ、学生時代に覚えたテニスにしよう!
そして、生涯にわたりテニスができるように、その上達をめざすための一つの手段として、ブログにテニスの記録を残しておく。

こんな動機から始めました。

そうして、4年程前から、テニスの大会に参加することになりました。

初めのころの成績は、散々なものでした。
対戦相手との勝負の前に、自分自身が緊張のあまりコート上で舞い上がっていたのです。
ラリーは続かず、6ゲームマッチの試合がたった10分で終わり、負けたこともあります。

試合後の対戦相手の選手から、「まずは、練習量を増やすこと。半年もすれば、何かつかめると思うよ。」、「得意なショット1つだけではダメ。それを打つ前の動き、打った後の動きが必要。そして、ラリーの中で何時そのショットを打つのかを練習で覚えてみれば。」等の話を伺うことができ、貴重なアドバイスとなりました。

そんなこんなで、週末の練習を積み重ねてきましたが、今日、テニスの大会に参加します。
市民大会レベルの試合ですが、どこまで勝ち進むことができるのか、楽しみです。
目標は、「予選決勝で勝つ!」です。

遠くに目標を置きながら、一つ一つの試合に全力を尽くす。1球、1打に心をこめて、試合に臨みます。

さて、話は変わりますが、舛添厚生労働大臣が、突然、75歳以上を対象とした後期高齢者医療制度(長寿医療制度)の見直しを打ち出したことで、政府・与党に波紋を広げているようです。

前日には、「消された年金」で、年金額を計算するための標準報酬記録のうち、69,000件がお役所の組織的な行為により、改ざんされたのではないかとも発表されていました。

一つ一つのニュースを見ると、厚生労働大臣の発言・行動の真意がよくわかりません。
しかし、上の2つを結び付けてみるとどうでしょうか。

「お役所の組織的改ざんの決定的証拠」を握ったからこそ、大臣としての強気の発言ができたのではないかと考えることできるのではないか。

別の見方をすれば、「お役所の組織的改ざんの決定的証拠」を握ったからこそ、それをうやむやにするための目くらましのためではないのかとも考えられます。

前回の記事( http://blogs.yahoo.co.jp/aokin248/56662944.html )にも書きましたが、私の意見としては、前者であってほしいと思います。しかし、「後期高齢者医療制度の見直しを打ち出す」ことがよいのかどうかまでは、わかりませんが。

追記:これだけは、忘れてはいけません。
   厚生労働大臣は、100%組織ぐるみの改ざんであった証拠を握ったのです。
   派閥や後ろ盾を持たない身の人が、泡沫候補よりも確かな実権をつかんだのです。
   どのような使い方をするかはわかりませんが、彼が迷走しているわけではないことを
   知っておくべきです。

一個人としては、一つのニュースに踊らされることなく、冷静な分析・判断をしていくことが大切だと思います。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事